統計データ

資産の有無は、収入の差ではない。意識の差。

投稿日:24/11/2015 更新日:

金融広報中央委員会が発表した「平成27年 家計の金融行動に関する世論調査」によれば
資産を保有しない世帯、つまり資産0円の世帯がなんと30.9%もあるという。

この資産0の世帯は年々増加傾向にあり、今年は10人のうち3人という約3割の世帯だという。

金融資産非保有世帯比率 30.9%

金融資産非保有世帯比率世の中は景気が回復傾向とはいえ、今日のニュースでは生活苦と介護を理由に
無理心中した家族がニュースになるぐらいだから、低収入の世帯のことでしょ?と思ったのだが、
そんなことはない。

収入が高くても、貯蓄できない世帯がある

下記のグラフは、年間収入別の資産非保有(資産ゼロ)世帯の比率なのだけど、
収入が多いから貯蓄ができているかというとそうでもないらしい。

それぞれ年収別の資産ゼロ割合は下記の通り。
収入はない 47.4%
300万未満 42.0%
300~500万未満 31.6%
500~750万未満 20.0%
750~1000万未満 11.8%
1000~1200万未満 13.5%
1200万以上 11.2%

金融資産非保有世帯比率 収入別当然、収入はない、300万未満の定収入世帯の資産ゼロ割合はダントツに高い。
これは当然といえば当然。
だって、収入がほとんどないんだから。
でも、逆を言えば、そんな世帯でも約半数以上は貯金がある。(ある意味すごいね。

そして、ゼニー簿と同じ収入の300~500万未満世帯でも、
3割が貯金ができていない。
このぐらいの収入世帯が一番破綻した時の恐怖を感じる世帯だと思うのだが。
生活するのに平均レベルの生活をするのに精一杯なのかな。

500万以上の世帯でも2割、1200万以上の収入があっても1割が貯金出来ていないという現実。
足を引っ張っているのは、収入があるのに貯金ができない高収入世帯なのだ。
この世帯に収入の変化があったとき(低い方に)、
生活レベルが高いだけに取り返しがつかないことになるのではないか。

なぜこんなに収入があるのに、貯蓄ができないのか不思議なんですけど。。。

バブル世代が貯金ができないらしい

金融資産非保有世帯比率 年代別こちらのグラフは、年代別の資産非保有(資産ゼロ)世帯の比率。
断トツに、50代と40代(後半と思われる)のバブル世代が
貯蓄できないことがこのグラフから分かる。
おい・・・。いつまでバブルを引きずってんだ。(爆

バブリーに金を使ってきた人は・・・自分で責任をとってほしい

ある程度慎ましく生活してきた人ならまだしも、
500万以上のある程度収入があるにも関わらず、
後先考えずバブリーに消費してきた世帯が破綻した時に
社会保障(生活保護等)が適応されるのは、心情として許せないと思うのは私だけか。

収入がなくても約半数は貯金していることを考えると、
どんなに収入が低くても工夫次第で貯金ができないことはないということ。
収入を言い訳にせず、資産を増やすことを考えて生活しましょう!

 

-統計データ
-,

執筆者:


  1. はな より:

    ゼニー簿さんと同じ年代の独身女です。
    私の周囲に2人ほど、貯蓄ゼロ人間(80才のばぁちゃんと46才の独身女)がいるんですが、
    本当に全く同じような馬鹿なお金の使い方をしています。
    あれじゃあ、お金が貯まらないのも当たり前って納得してしまいました。
    特徴としては、
    ・い・と・も・簡単に借金をする
    ・借金があるのに人に奢ろうとする
    ・借金があるのに旅行に行く
    ・借金があるのに外食する
    ・借金があるのに寄付をする
    ・言っちゃ悪いが愚鈍を絵に描いたような人

    お金の使い方を少し注意してみても、「私は今の人生を楽しみたいから!」
    ・・・46才で結婚する気もなく、貯金どころか借金80万もあるくせに、
    馬鹿じゃないかと思います。
    貧乏が移りそうなのと、お金を貸してくれと言われたので、縁を切りました。
    ああいう人間に老後、生活保護とか受けられるのは本当に腹立たしいです!!

    生活保護って、病気とか障害で働きたくても働けない人のための制度であって、
    怠け者や馬鹿の救済措置ではないと思います。
    馬鹿は自己責任で思いっきり下流老人になって欲しいです。

    • ゼニー簿 より:

      はなさん

      はじめまして。
      身近にいらっしゃるという貯蓄の出来無いお二人、、、見ていてイタイですよね。
      縁を切って正解です!

      生活保護を受ける人は本当に仰るとおり、病気とか障害で働きたくても働けない人のための制度ですよね。
      怠け者の面倒を何故見なければいけないのか?そのとおりだと思います。

      お金の使い方というか、最低限の金融リテラシーは学校で教えてほしいと思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

収入別学習費

日本の教育費は都会ほどお金がかかる

日本で同じように子育てするにも、都会と田舎では教育費に差が出てくるようです。 大阪は一応都会に入るようなので田舎に住んでいた時よりも、 お金がかかるという認識が必要なようです。 都会は学校以外の教育費 …

総務省平成26年統計

お金持ちになりたい人がマネするべき方法

総務省が平成27年5月19日に公表した平成26年(2014年)の統計をみていると 面白い傾向が読み取れました。 ある意味当然の結果なのですが、数字でもハッキリ結果が現れました。 目次1 貯蓄保有世帯の …