教育・子育て

子供に中学受験をさせる前に考えたい5つのデメリット

投稿日:24/08/2017 更新日:

ゼニー簿の長女も今年小学校6年生。

娘が小さいときは「中学受験」をさせるか迷った時期もありました。

子供には良い環境を与えたい・・・親なら誰でも一度は考えることなのではないでしょうか。

でも、本当に中学受験させることが子供にとっていい環境なのか?を広い視野で考えた時、「うちは中学受験はさせない」という結論に至りました。

子供に中学受験をさせる前に考えてほしいことをお話します。

なぜ中学受験させようと思ったのか

高校まで公立という環境で育ったゼニー簿が、なぜ子供に中学受験させようと悩んだのでしょうか。

周りの友達は、子供に受験させることが多かった

やはり一番これが大きな理由だったような気がします。

ゼニー簿は子供が出来るのが周囲の友達より遅かったのですが、友達である先輩ママたちは子供に受験させている人が多かったんです。

特に東京に住んでいる人ではその傾向が強かったですね。受けて当然みたいな。

また、早い人では「小学校受験」を経て、私立のエスカレーター式小学校に通わせていました。

まぁ、そういうところに通わせている人だから当然なのですが「子どもには環境が一番大切よ。」「周りのお友達に影響されるからね。」とか、「もう公立小学校は終わってるでしょ。」「ある程度の人は皆受験させているよ。」という意見が多かったのです。

まだ子供の教育環境に何の知識もない新米ママとしては、「やっぱり中学受験させるべきかな・・・」と感化されていたんですよね。

子どもによりよい環境を用意してあげたい

当然のことながら、子供にはいい教育環境を与えてあげたいという親心がありました。

中学受験に受かった子なら、授業中にあるき回るような子はいないだろうし、バカ親的な人もいないだろうし、家庭環境もいい・・・いわゆる常識を持った子たちでしょう。

荒れた環境の中で学校生活を送ることはないですから、親としては心配が一つ減ります。

ちょっとした見栄もあったと思う

やはり子供が有名な「◯◯中学」に通っているとなると、親もそれなりに鼻が高いでしょう。

多少なりとも、親の見栄を張りたい意識もあったと思います。

現状で中学受験をする子供の割合 8%なり

現状で、娘のクラスで中学受験をする子は3名と、全体の約8%ぐらいの割合です。

ゼニー簿が住んでいる地域は団地が多いので、別の学区ならもっと割合が高いのかもしれません。

そして、中学受験すると決めている子は、全員が毎日学習塾に通っています。

実際子供が中学受験を迎える年になってみて、「あれ?意外と受ける人少ないんだな・・・」というのが正直なところです。

中学受験をさせる前に考えたい5つのデメリット

中学受験をして、国立や私立の中学に通わせることは、教育環境的には良いと今でも思っています。

しかし、学区外の中学に通わせるということは、デメリットも多いのです。

1.子供の大切な時間を奪う

大人でも嫌になる通勤電車に子供を毎日乗せるのかと思うと、そこまでして通わせる意味があるのか?と思います。

公立中学なら歩いて行ける距離に学校があるわけですから。

また、通学にかかる時間もかかることを考えたら、勉強時間や友達との時間を奪うことになる。

子供の楽しい時間を奪うことは逆にいい環境を奪っていることになりますよね。

2.中学から余分にお金がかかる

当然受かれば、公立中学よりも余分に学費がかかることになります。(教育費に必要な平均貯金額参照)

でも、高校・大学ともっと教育費がかかるのに中学からお金をかけまでのリターンがあるのか?と正直思うのです。自分の子がビル・ゲイツや孫正義になるとは到底思えませんから。(笑

本当にいい大学や高校に行きたければ、環境がどうであれ、勉強は自分でやるべきなんですよね。

また、直接的な教育費に加えて、学区外の中学に通わせるとなると通学代金も馬鹿にならない。

小さい頃から経済的に無理して学校に行かせるより、娘が大学生となった時に奨学金のような借金を背負わないことのほうが子供の幸せだと思うのです。

そう思いませんか?(大学生の50%が奨学金受給!子供が小さいうちにできる教育費の貯め方参照)

3.地元の友達との繋がりがなくなる

中学から地元を離れて通学してしまうと、地元の友達と疎遠になってしまいます。

特に、我が家は離婚で小学3年生でこちらに引越してきたので娘はただでさえ地元意識が低い上に、ますます地元との繋がりが薄くなってしまいます。

まぁ、ゼニー簿自身は地元の友達との繋がりは全くないので、無くてもいいとは言えるのですが。

4.いろんな人がいるという経験を奪う

国立中学、私立中学になると、収入を含めてある程度の家庭環境の子どもたちだけになってしまいます。

でも、世の中は色んな人がいて成り立っていることを考えれば、悪い子もいて、いい子もいるという雑多な環境を経験させることは社会を知る上でいい経験です。

悪いことに誘われても断る力や避ける能力を身につけることは、社会に出て実践的に役に立つこともある・・・のではと考えます。

5.塾にお金と時間がかかる

受験させる子の大半が塾に通っています。

実際、子供のクラスで受験をする子は毎日塾通いです。

そうすると塾代がかさむのは当然ですが、子供の時間が奪われます。

家で皆で楽しく過ごす時間や、友達と遊ぶ時間を子供からも親からも奪ってしまいます。

自分が小学生の頃は毎日クタクタになるまで遊んでいました。

その時間を子供から奪うことは・・・私にはできません。

ゼニー簿にはメリットよりデメリットが多かった

それに比べて、中学受験をさせるメリットはゼニー簿の見栄を除外したら、ただひとつ「子供にいい環境を与えたい」のみ。

そして、子供が実際に公立小学校に入り、公立小学校はそこまで荒れているわけではない現実を知りました。

そうするとだんだん冷静になってきて、「どう考えてもデメリットのほうが多いじゃん!」となったというわけです。

本当に経済的に余裕がある人ならともかく、ちょっと金があるぐらいの庶民の子供が無理して通わせるところじゃない。

親が無理して通わせても、その後家庭が経済破綻したのでは元も子もありません。

子供に良い教育より、子供の人生に足かせにならない親であることのほうが重要だとの結論に至りました。

大学生の50%が奨学金受給!子供が小さいうちにできる教育費の貯め方

それに、中学受験する子が皆優秀なのか?となると、そんなことないような気も。

子供に「その受験する子って頭いいの?」と聞くと、「普通よりちょっといいぐらい」との返答。

本人が頑張れば、高校受験、大学受験で巻き返せるはずです。

本人の努力に期待しましょう!(笑

所得と学力は比例する!低所得の親が子供の学力向上のためにやるべき5つのこと

-教育・子育て
-,

執筆者:


  1. daichonmage より:

    家庭環境や子供の性格、ポテンシャルにもよるのでなかなか難しいテーマですが、
    下記のメリットも考慮に値するかもしれません。

    1.受験勉強を通じて小学校や補習塾では教えないテクニックや勉強法を学べる。
    それにより仮に公立中学に行ったとしてもテストで高い点を取りやすくなる。
    2.付属校ならば大学受験をしなくてもよい。

    1について
    私自身中学受験は不合格でしたが、早いうちに学んだテクニックや勉強法がその後
    のベースになった気がしています。
    また、中学入学時点で既にかなりのアドバンテージがあったため、自分はトップ
    クラスなんだという意識が芽生え、どんどん勉強するようになりました。
    別に私立中学に行かなくてもよいですが、進学塾に通わせるのはアリだと思って
    います。

    2について
    私の出身大学には付属校がありますが、付属から入る方が全然楽だと思います。
    大学受験の方が圧倒的に覚える量が多いからです。勉強時間にして高校から入る場合
    の少なくとも2~3倍は必要だと思います。早い時期に受験を済ませてしまい、高校時
    代の貴重な時間を大学受験ごときに費やさないという考え方もあると思います。
    私は残念ながら大学受験組でしたが高校から付属に行っておくべきだったと後悔して
    います。 
    娘には早いうちに受験を済ませ、のびのびとした学生生活を送ってもらいたいと思っ
    ています。

    どうでもいい話ですが、部活の先輩で高校受験でW、Kダブル合格したにもかかわら
    ずそれらを蹴ってうちの高校に来た人がいました。T大、H橋大目指すためだと言って
    いましたが、結果は3浪でK大だったと聞きました…。

    • ゼニー簿 より:

      よゆきそ様

      コメントありがとうございます。

      よゆきそさんのいうとおり、「自分はトップクラスなんだという意識」は子どもの自信につながるし
      とてもいいことですよね。
      勉強ができる子は勉強が好きになり、更に勉強ができる・・・好循環でしょうね。

      でも、結局ある程度の収入がある家庭はデメリットが少ないということではないでしょうか。

      今回は「経済的に余裕のあまりない家庭」のスタンスで書いています。
      しかし、経済的に余裕のある人なら2・3・5の半分のデメリットはなくなりますよね。

      ゼニー簿の友達でも、経済的に余裕がある人は大阪からわざわざ学校の近くである京都に家を買い直していました。(羨ましい限りです
      そういう人は今回書いたデメリットの殆どがあてはまりませんから、メリットのほうが大きいと思います。

      ゼニー簿もそこまでの財力があれば、中学受験を考えていたと思いますよ。

      結局、親の経済力の子供の学力の影響は大きいんでしょうね。
      所得と学力は比例する!低所得の親が子供の学力向上のためにやるべき5つのこと

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

子供の1ヶ月のおこづかい額について(収入が高い親ほどケチ?)

子供の1ヶ月のおこづかい額について(収入が高い親ほどケチ?)

子供のおこづかいって、いくらあげていますか?? 今回は金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査] 平成28年調査結果」から子供のおこづかいの額を調べてみました。 収入が多い …

eigox

子供もOK!オンライン英会話「eigox」の無料体験登録法と予約方法

キッズ対応可能のeigoxは1回のみ無料体験が可能です。 初めての人にeigoxの無料体験登録方法と使い方をレクチャーいたします。 目次1 eigoxで無料会員登録をします2 eigox無料体験レッス …

子育て

保育料金が上がったけど、兄弟割引きで助かった!!

目次1 9月から保育所の査定基準が上がっていた2 9月から保育料金3,000円アップ2.1 8月まで:別居、引っ越し、就職活動中の無職状態の時の収入算定だった2.2 9月から:大阪で就職後の収入算定3 …

小学生の人気の習い事と月謝平均額は?

可愛い我が子なのですが、習い事等の教育費にお金をかけるとキリがありません。 ゼニー簿家では習い事は一人1つまでと決めて、長女にくもんの英語(6480円/月)を習わせています。 (公文の英語はどう?2年 …

PTA会費の闇「一口100円。3口以上でお願いします。」

PTA会費の闇「一口100円。3口以上でお願いします。」

4月に必ず配られる「PTA会費」徴収のお知らせ。 その会費の金額の書き方にいつもPTAの謎というか闇を感じるのです。 目次1 PTA会費は、一口100円。3口以上でお願いします。2 一口と書いても別に …

スポンサーリンク

記事検索

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

最近1ヶ月の人気記事