教育・子育て

お金の話は汚いの?と子供に聞かれました

投稿日:19/08/2017 更新日:

ある日突然子供に聞かれました。

次女:「なぁ、お金の話って汚いん?」

ゼニー簿:「へ?なんで?」

次女:「◯◯先生(学童保育の先生)がそう言うてた。お金の話するのは汚いことやって。」

ゼニー簿:「汚くなんかないよ。お金の話をきちんとデキる人にならなあかん。」

次女:「ふーん。」

お金の話を嫌がる人がいるのね・・・

ゼニー簿は当然ながらお金の話が大好きです。

家でもお金の話をよくします。

子供相手なので、「これは高すぎる。」とか「それだけの価値はない」だの、CMをみて「こんなCMやってるから、この商品が高いんや」「金持ちになりたいなら、玉の輿とか言うてんと、自分で稼げるようになれ」等々。

もちろん、ゼニー簿の給料や教育費の話もよくします。

別にタブーだとは思っていませんので、子供もお金のことをよく聞いてきます。

たぶん、先生にも同じように聞いたのでは?と思います。

でもその答えが「お金の話は汚い」って。(苦笑

世間の人は大概そう思っているのかしら。

でも、きちんとお金の話ができないということは、お金のことをきちんと理解していないから。

お金の増やし方や扱い方をちゃんと知っている人は、「お金が汚い」なんて考えたりしない。

現実社会でも、ブログでも、ツイッターでも、「お金の話がきちんと出来ている人」は、頭がいいと感じているぐらいなのに。

「お金の話が汚い」と言ってお金の話から逃げている限り、お金持ちにはなれない。

たぶん、その先生もお金に支配される側の人間だろう。

お金がないと食べていけないし、お金があれば大概のことは手に入れられる現実を素直に受け入れ、お金の知識を得ることから逃げないで欲しいと思う。

まぁ、そんなことを先生に言えるわけがないのですが。(笑

この出来事があって、ますます我が子には、これからもどんどんお金の話をしていこうと思いました。

-教育・子育て
-

執筆者:


  1. daichonmage より:

    う~ん、教育上よろしくないですね。
    お金の話は汚いと一括りに断じてしまうのはちょっとレベルが低すぎるかと…。
    具体的な金額の話は時として生々しく、タブーとなる場面があるのは分かり
    ますけどね。

    >お金がないと食べていけないし、お金があれば大概のことは手に入れられる
    >現実を素直に受け入れ、お金の知識を得ることから逃げないで欲しいと思う。

    これは基本ですよね。
    でもそんなことを言うと、「いや、お金が全てではない!」と全く話が噛み合わ
    ない人っていません?(笑)

    私もゼニー簿さんと同じく子供にはよくお金の話をします。
    ・お金は幸福になるためのツールに過ぎない。
    ・世の中お金によって解決できることは多い。
    ・正しいやり方をすればお金はお金を稼いでくる。
    と繰り返し教えています。
    最近はインフレ・デフレと貯金についても(笑)。

    • ゼニー簿 より:

      daichonmage様

      そうなんです。
      「お金の話」=「汚い」と一括りにするのだけはやめてほしいですよ。本当。

      >「いや、お金が全てではない!」と全く話が噛み合わない人っていません?(笑)

      います!!います!!
      「だから、そういうことではなくって!」ですよね。まさに。

      お金のことは学校でも、社会でも教えてくれることはほとんどないので、
      私の場合は自分で知識を積み上げていくしかなかったわけですけど、
      子どもにはできるだけ教えておきたいと思っています。

      でも、自分が教えてもらってないだけにどうやって教えるのか・・・って結構難しいです。
      daichonmageさんはそのあたりも上手に教えていそうですね。。

      子どもにお金の知識を与えるにあたってアドバイスやよい本あれば、ゼニー簿にも教えてくださいませ。

  2. katzewaon より:

    ゼニー簿さま
    初コメント失礼します。
    定期的にブログ拝見しております。考えるヒントをたくさんいただいています。ありがとうございます。
    お金の話、汚くないですよね。私はゼニー簿さまより年上(?)かと思うのですが、名古屋から20km圏内の岐阜県で生まれ育ちまして(今は別の所に住んでいますが)毎月銀行やJAの方が「月掛け」という名の定期預金原資(現金)を取りに家に来るような田舎でした。
    母の生家が商売をしていた関係か、はたまた彼女(母)が商業科で簿記を取っていたからかお金の話は家庭内で普通にしてました。

    私は「自分で生きて行かねば!」という意識が強かったのか、就職してからお金雑誌を読み、図書館へ行き、何とかマネーリテラシーを身に付けた(と思う)のですが、兄は基本貯金のみです(無駄遣いは全くしませんし、買う打つ飲むタバコもなし)。

    同じ環境で育っても、その子その子で方面は違ってくるかと思うのですが、家庭でお金の話をされるのが一番いいと思います。
    資産運用よりも、税金(節税)が一番確実な方法なので、確実な事から上手にお子さまへ伝えていけるといいですよね。
    「金持ち父さん貧乏父さん」を小学校高学年や中学生で読んでもらうとか、かしら?

    「お金の話は汚い」という方は、お金持ちにも貧乏人(必死に生活しなくてはならない状況であって資産のある無しは関係なし)にもなったことが無い、ある意味幸せな方なのではないかと思います。

    • ゼニー簿 より:

      katzewaon様

      コメントありがとうございます。

      「同じ環境で育っても、違う」なるほど。その子の性格によって違ってくるのは当然ですよね。
      慎重な人は貯金のみになってしまうだろうし。

      でも、お金の増やし方のアプローチが違うだけということを考えれば、家庭内のお金の話は子どもにある程度いい影響を及ぼしているということですよね。
      やはり家庭内の(特に親の)お金の考え方は大切!と再認識です。

      「金持ち父さん貧乏父さん」ですか。実はまだ読んだことないのです。
      なんかすごく有名すぎて、今更感があってなかなか手が出なかったのですが、やはり読むべきですね。
      子どもにもわかり易い内容なら読んでもらうのもありですよね!
      早速読んでみます。

      >「お金の話は汚い」という方は、お金持ちにも貧乏人(必死に生活しなくてはならない状況であって資産のある無しは関係なし)にもなったことが無い、ある意味幸せな方なのではないかと思います。

      なるほど。そういう考え方もできますね。
      今度子どもに言われたら「お金に苦労したことのない幸せな人なんだね。」って言ってみます。(笑

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ベトナム ムイネー

山村留学に行かせました(夏2週間で8万円なり)

今更という感じですが、一応報告。 夏休みに小5の娘を山村留学に行かせました。 お盆から約2週間という長さです。 働く親としては、子供の夏休みは頭が痛い問題です。 低学年のうちは学童保育で預かってもらえ …

子育て

11月14日15日は、美術館博物館無料!関西文化の日

毎年やっているらしいのですが、大阪に戻ってきて2年目で初めて知りました。 11月は、関西文化の日というのがあるらしく(日程は施設よって違う)、 今年は11月14日(土)15日(日)が関西文化の日です。 …

20%が経済的理由で大学中退!子供が小さいうちにできる教育費の貯め方

大学生の50%が奨学金受給!子供が小さいうちにできる教育費の貯め方

大学にせっかく進学しても、2割の学生が「経済的理由」で退学していることを知っていますか? そして、大学生の約半数が奨学金をもらって進学しているという現実。 可愛い我が子だからこそ、子供が小さいうちに将 …

アンテノール

今年のサンタプレゼント 総額6,050円也

毎年頭を悩ませるサンタさんのクリスマスプレゼント。 うちの子供達は9歳(小4)と5歳(年中)。 子供に手紙を書かせて子供がほしい物を送ってあげる優しいサンタが たぶん世の中の大半なのでしょう。 しかし …

lenovo c260

子供の誕生日プレゼントは一体型PC。USBメモリで節約高速化を図る!

あと1ヶ月ほど先なのですが、子供の誕生日にパソコンを購入しました。 実は誕生日には「DSが欲しい」と言われたのですが、 「DS買うぐらいなら、パソコンのほうがいいんじゃない?」と助言すると 「え?パソ …

スポンサーリンク

記事検索

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

最近1ヶ月の人気記事