投資

FXトルコリラ・スワップ狙いは諦めた理由

投稿日:22/06/2015 更新日:

国債の金利(個人向け国債を一部売却しました)があまりにも低いので、他にリスクの少ない投資先を探していました。
色々と情報収集しているうちにトルコリラのスワップ運用が気になりだしました。
(※スワップ運用・・・FX取引で毎日もらえるスワップポイント(いわゆる金利のようなもの)目的に長期保有する運用法。
金利が高い国の通貨で人気がある)

SBI証券証券ではトルコリラを押しているようだし、

トルコリラクリック365でもトルコリラの取扱を始めたと話題になっておりました。
トルコリラ
また、相互リンクさせて頂いているブログ「不労所得者への道」f77さんも、
トルコリラのスワップ運用をしておられるようで、親近感が湧いたのも理由の1つです。

トルコリラの魅力

なんだか、世間はトルコリラが熱くなっている(?)ようで、トルコリラの魅力を調べてみました。

トルコはスワップポイントが高い!

トルコはインフレ抑制のために金利がとても高く、当然スワップポイントも高いです。
SBI証券の場合10,000トルコリラで、1日120円のスワップがついています。(2015年6月上旬)
ということは、10,000トルコリラ=450,000円(2015年6月上旬)で1ヶ月3,600円、1年で43,200円のスワップがもらえます。約10%の年利です。
日本の金利が、国債で0.3%なのに対して、10%つくわけです。
人気になるわけが分かります。

トルコの成長性

トルコのGDPは2005年の約4827億ドルから2013年には8199億ドルまで拡大しており、
これからも経済成長が見込まれる国であるということです。

なんだかこんだけ金利が高くて、経済成長も見込めるなら、いいことずくし!
今すぐ投資しなければ損な気がしてきました。
(↑バカなのでこの時点で、とりあえず国債を一部解約。行動だけは早い。笑)

トルコリラ投資のデメリット

でも、おいしいだけの話は世の中にあるはずありません。
トルコリラに投資するデメリットを調べてみました。

慢性的なインフレ

金利が高いということは、政府が世の中に出回るお金を抑制したいということ。
トルコではインフレが慢性的に起こっているようです。
インフレだということは、お金の価値自体が下がっていくということです。

わかり易い例で行くと、ニュースにもなっていたジンバブエ・ドル。

ジンバブエ・ドル
両替レートは、1ドル=3京5000兆ジンバブエ・ドル。(2015年6月11日現在)
えっとーー、日本円にすると上の写真の紙幣(100兆ジンバブエ・ドル)だと、約0.34円(1ドル120円として)。
計算合ってる?合ってるよね??(笑
上の見たこともないような「0」がついてる紙幣でも、1円しないということです。
笑える。
インフレが進むと、こういうことにもなり得るということですよね。(究極な例でお話しました。)

流通量が少ない

まだ新興国ということもあり、トルコリラ自体の流通量が少ない。
なので、値動きが激しいということです。
少ない通貨に欲しい人が集まれば、すぐに価値が上がるし、
欲しい人がいなくなれば買い取ってもらうために、ガンガン下げざる得ないということです。
分かりやすく言えば。

ということは、儲かるときはガンガン儲かるが、損するときはめちゃめちゃ損する確率が高い。
そういうことではないでしょうか。

結論:ゼニー簿の投資向きじゃない

f77さんがトルコリラの投資方法(トルコリラ円スワップ2)でも語っておられるように、
①低レバレッジでの運用
②資産全体に占める割合の調整
など自分のリスクの取れる範囲で運用するにはいいと思います。
実際に、スワップポイントで毎月8万円前後資産を増やしているf77さんが羨ましいです。
いつもブログにお邪魔するたびに、ヨダレが垂れてきそうです。(←バカ

ただ、トルコリラへの投資リスクを考えると、
娘二人を薄給で大学まで出そうとしているシングルマザーの私が許容できる投資先ではないな・・・。
という結論です。

あくまで投資は自己責任。
人がいいといってるから自分にもいいわけでは無い。
おバカで、すぐに調子に乗ってしまう私の運用先ではないと判断しました。

さーて、国債を解約した600万の運用をどうするか。
おバカなゼニー簿の迷走が続きます。(笑

【関連記事】
トルコリラ債券だけはやめておけ

-投資
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

wealthnavi

ロボアドバイザーによる資産運用比較

過去記事「ロボアドバイザーによる資産運用 「THEO(テオ)」を調べてみた」で ロボアドバイザーという存在とTHEO以外にも色んな所が ロボアドバイザーによる資産運用を行っていることがわかりました。 …

THEOによる資産運用

ロボアドバイザーによる資産運用「THEO(テオ)」を調べてみた

インデックス投資家を名乗っているのですが、 あまりに相場が上がっていると怖くて買う金額を調整してしまったり、 下がりすぎているとまた買う金額を調整してしまったり。(←バカ 心理的なものがどうしても邪魔 …

マネーセンス倶楽部イメージ画像

コツコツ積立インデックス投資実行(2015年4月)

インデックス投資信託の積立をSBI証券にて実行しました。 3月の余剰金が約7万円だったので、今月は7万円の投資なはずなのですが、 只今SBI証券で投信積立キャンペーンをやっていて、対象ファンドを新規・ …

金融リテラシー

世の中の金融リテラシーが低すぎやしないか

金融広報中央委員会というところが調査した 「金融リテラシー調査2016年調査結果」を見て驚きました。 調査対象は、全国の18~79歳の個人25,000人ですが 正誤問題の正答率は 55.6%。 その正 …

マネーセンス倶楽部アイキャッチ

コツコツ積立インデックス投資実行(2015年5月)

インデックス投資信託の積立をSBI証券にて実行しました。 今月の余剰金が約55,626万円だったので、今月は5.5万円の投資なはずなのですが、 只今SBI証券で投信積立キャンペーンをやっていて、対象フ …

スポンサーリンク

記事検索

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

最近1ヶ月の人気記事