確定拠出年金

確定拠出年金iDeco(イデコ)の積立額が少ないと損!それでも増やせない人におすすめの証券会社

投稿日:

確定拠出年金iDeco(イデコ)の積立額が少ないと損!それでも増やせない人におすすめの証券会社個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)は収入がある人には「税控除」というすごいメリットがあって、老後資金を準備するのにはどの個人年金よりもおすすめできる制度です。
(個人年金のメリットは「年利15%!?老後のお金を貯めるなら確定拠出年金(iDeCo)がいい理由」参照)

※個人型確定拠出年金をやらないほうがいい人もいます!
↓↓↓↓
確定拠出年金iDeco(イデコ)を利用する前に確認してほしいこと

 

しかし、家庭の事情で積立金が限度額いっぱいまで積み立てるのは難しい人もいると思います。

個人型確定拠出年金の最大メリットをめいいっぱいまで受けられないのは損なのですが、それでもやりたい場合に気をつけることと積立額が少ない人におすすめの証券会社を紹介します。

個人型確定拠出年金は、限度額の上限まで積立(拠出)しないと損!

損します個人型確定拠出年金の最大のメリットは「税金の控除」であることは、以前もお話しました。

年利15%!?老後のお金を貯めるなら確定拠出年金(iDeCo)がいい理由参照)

ゼニー簿ぐらいの低収入でも限度額いっぱいの月23,000円積み立てれば、年間では41,400円の節税になります。

そうなのです。

個人型確定拠出年金のメリットを最大限受けるには限度額いっぱいまで積立しないと損なのです。

年収300万のゼニー簿が20年23,000円を積み立てた場合 約83万円の節税

確定拠出年金所得控除額

確定拠出年金所得控除額

年収300万のゼニー簿が20年5,000円を積み立てた場合 18万円の節税

確定拠出年金の積立額が少ない場合

ゼニー簿だと最低積立額(5,000円)と上限積立額(23,000円)を比べると、1年32400円、20年で648,000円の差が出ています。

個人型確定拠出年金は限度額いっぱいまで積み立てたほうが得なのです。

※上限額はそれぞれの条件によって違います。
詳しくは、個人型確定拠出年金(イデコ)に加入できない人は?いくらまで?月額拠出限度額について

確定拠出年金の積立額が少なくても、やらないよりは得!

それでも、収入や家庭の事情などで限度額までは積立する余裕がない人もいると思います。

最低拠出額5,000円でもやらないよりは、やったほうが絶対に得です。

年収300万で5,000円を積み立てた場合

月額最低積立額5,000円で年間で6万円の積立。
税控除が9,000円になるので、積立額から換算すると年利15%。

上限積立額の場合と比べると税控除の金額の差は大きいですが、積立額から計算すると年利は同じ15%なのです。

確定拠出年金の積立額が少なくても、やらないよりは得!

年利15%もある民間の積立年金なんて存在しませんから、やらないよりは少額でもやったほうが得です。

確定拠出年金の積立額が少ない人が気をつけること

確定拠出年金の積立額が少ないということは、税控除される金額も少ない。
月額最低積立額5,000円で年間で6万円の積立で税控除が9,000円になるので、月でいえば750円が税金が控除されている。

もし、その口座を維持する口座管理手数料に月額400円かかるとしたら、税控除のメリットは約半分。
年利で言えば7%ほどに落ちてしまうのです。

確定拠出年金の積立額が少ない人が気をつけること

そんなバカらしいことにならないためにも、確定拠出年金の積立額が少ない人は特に口座管理手数料がいくらかかるのかをシビアに見る必要があります。

絶対的に口座管理手数料が自分自身の首をしめるからです。

手数料の差が利益の大きな差を有無という記事はこちら↓↓
30年で250万の差!個人型確定拠出年金(iDeCo)で証券会社を選ぶポイント

口座管理手数料が無料の証券会社を選ぶ SBI証券が最強

iDeco(イデコ)を始めるなら、ゼニー簿も使っている「SBI証券」で個人型確定拠出年金の講座を開くことをすすめています。

初心者にも見やすく操作しやすいし、投資信託の種類が多いというメリットがあるからです。
↓↓↓
SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)口座が使いやすくて初心者におすすめ!

そして、口座管理手数料が無料なのです!!

SBI証券iDeco口座

口座開設手数料口座管理手数料ともに条件無しで無料となり、運用益に大きなメリットと差をもたらしてくれます。

他にも口座管理手数料の証券会社はありますが、商品数の多さや低コスト投資信託の品揃えからいっても、SBI証券が一番有利です。

ただでさえ有利なiDecoですが、さらに運用益で差をつけるならSBI証券しかありません。

個人型確定拠出年金(iDeCo)は使えるようになるまで
登録に2ヶ月ぐらいかかるので、早めに申し込みましょう。
↓↓↓
ideco-sbi

-確定拠出年金
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

iDecoにイオン銀行が参入!確定拠出年金で初のおすすめ銀行に

iDeco(イデコ)の運用会社として、イオン銀行が参入しました。 今までは「無条件で運営管理手数料無料」で運用できるところは、SBI証券と楽天証券の証券会社の2社のみとなっていました。 しかし、「イオ …

20代・30代の個人型確定拠出年金加入メリットとおすすめポートフォリオ

20代・30代の個人型確定拠出年金加入メリットとおすすめポートフォリオ

20代も30代は、定年まで30~40年と長い。 だからこそ、積極的にリスクを取った投資ができる。 20代、30代で個人型確定拠出年金を始めるのであれば、「元本保証型」や「債券」は選択肢から外し、「株式 …

大和證券のイデコ

大和証券で個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)をやる注意点

大和證券も2017年9月で個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の 「運営管理手数料の無料化」に踏み切りました。 ネット証券以外では、イオン銀行に続き2社目の無料化です。 今回は大和證券で個人型確定拠 …

個人型確定拠出年金(イデコ)に加入できない人は?いくらまで?月額拠出限度額について

個人型確定拠出年金(イデコ)に加入できない人は?いくらまで?月額拠出限度額について

2017年1月から個人型確定拠出年金(イデコ)に加入できる人の範囲が広がり、ほとんどの人が個人型確定拠出年金(イデコ)に加入できるようになりました。 ゼニー簿も個人型確定拠出年金(イデコ)への加入をす …

年利15%!?老後のお金を貯めるなら確定拠出年金(iDeCo)がいい理由とおすすめ証券会社

年利15%!?老後のお金を貯めるなら確定拠出年金(iDeCo)がいい理由とおすすめ証券会社

老後資金を早く貯めて、早めのリタイアを夢見る40代会社員のゼニー簿です。 このブログを読んでくれてるアナタもきっと資産運用や お金を貯めることの大切さを知っている人だと思います。 今回は現役世代に必要 …

スポンサーリンク

記事検索

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

最近1ヶ月の人気記事