確定拠出年金

確定拠出年金iDeco(イデコ)のおすすめ口座対決!SBI証券が最強に!

投稿日:

確定拠出年金iDeco(イデコ)のおすすめ口座対決!SBI証券vs楽天証券老後資金を貯める手段としておすすめしている確定拠出年金iDeco(イデコ)。
(確定拠出年金をおすすめしている理由は、年利15%!?老後のお金を貯めるなら確定拠出年金(iDeCo)がいい理由参照)

 

2017年5月19日から、SBI証券、楽天証券ともに条件無しで口座管理手数料が0円(無料)になりました!!

(ゼニー簿加入時には、SBI証券は積立額が50万以上になるまでは口座管理手数料をとっていました。)

以前は、SBI証券は積立額が50万以上になるまで、楽天証券は積立額が10万以上になるまで口座管理手数料をとっていましたので、少額の積立の場合は楽天証券が有利でしたが、この構造が崩れたということです。

今回の改革を受けて、おすすめの確定拠出年金iDeco(イデコ)証券会社の2強である「SBI証券」と「楽天証券」のそれぞれの良さを紹介しつつ対決させたいと思います。

 

手数料の差が利益に大きな差を生むことについては、下記参照↓↓↓
30年で250万の差!個人型確定拠出年金(iDeCo)で証券会社を選ぶポイント

確定拠出年金iDeco(イデコ)口座管理手数料対決は、同点!

SBI証券iDeco口座

※国民年金基金連合会、資産管理サービス信託銀行への手数料(167円)は同額なので手数料対決には入れません。

以前は「10万以上の積立で口座管理手数料無料」で口座管理手数料は有利だった楽天証券ですが、で2017年5月19日にSBI証券、楽天証券ともに条件無しで口座管理手数料は無料となりました。

SBI証券 条件無しで無料!

口座開設手数料、口座管理手数料ともに、条件無しで無料となりました。

これでiDeco運用の足かせになっていた「積立額50万円以上」という条件がなくなり、運用面でも大きなメリットを受けられることになります。

楽天証券 条件無しで無料!

口座開設手数料、口座管理手数料ともに、条件無しで無料となりました。

商品数対決は、SBI証券勝利!

sbi証券個人型確定拠出年金SBI証券は62種類、楽天証券は28種類と約2倍以上の差をつけて、SBI証券の勝利です。

話題の「ひふみ投信」もSBI証券なら確定拠出年金口座で積立が可能です。
(ひふみ投信については、ひふみ投信を今から買ってもいいのか?間に合いますか?参照)

選択肢が多いというのはとてもいいですね!

楽天証券の品揃えも最低限とはいえ、低コストインデックスファンドの取り扱いもあるので信託報酬等の手数料で負けることはないでしょう。

SBI証券楽天証券
元本保証型預金11
保険20
投資信託REITインデックス52
アクティブ11
バランス
固定型
インデックス51
アクティブ11
バランス
変動型
インデックス50
アクティブ56
国内債券インデックス11
アクティブ11
国内株式インデックス82
アクティブ63
外国債券インデックス42
アクティブ21
新興国債券インデックス11
アクティブ00
外国株式インデックス61
アクティブ22
新興国株式インデックス21
アクティブ20
11
コモディ10
合計数6228

確定拠出年金の月額積立額が少ない人もSBI証券へ

以前はSBI証券が積立額50万以上、楽天証券が積立額10万以上にならないと口座管理手数料が無料になりませんでした。

そのため、「月額積立額が少額の人」には楽天証券をおすすめしていました。

しかし、SBI証券も「条件無しで口座管理手数料が無料」になった現在、商品数(選択肢)が多いSBI証券が圧倒的に有利になります。

勝利!誰にでもSBI証券をおすすめします!

iDeco口座開設にはSBI証券をおすすめします!

誰でも条件なしに口座管理手数料が無料、商品数が多いこと、口座の操作画面が見やすいこと(SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)口座が使いやすくて初心者におすすめ!スイッチングも簡単)で圧倒的にSBI証券が有利な時代になりました!!

ゼニー簿自身もiDeco(イデコ)口座はSBI証券で運用していたので、これで誰にでもおすすめできる口座になったことで大々的におすすめできます。(笑

iDecoでの運用は本当に有利です。是非SBI証券で運用を始めましょう!

SBI証券iDeco口座

個人型確定拠出年金(iDeCo)は使えるようになるまで
登録に2ヶ月ぐらいかかるので、早めに申し込みましょう。
↓↓↓
ideco-sbi

-確定拠出年金
-, , ,

執筆者:


  1. らんこ より:

     今回も役に立つ情報ありがとうございます。昨日やっと楽天から資料が届いたところです。これから手続きして、いつ開設できるか問題ですが(^^;正月に手続きしたSBIもまだ開設できてないくらいで。
     私は今年は大幅収入減なので、とりあえず1万円で税金対策のためだけにする予定です。来年以降収入が上がったら額を上げていこうかなと。
     それで、今年か来年楽天で手数料無料でキープしておいて、ある程度積立ができたところでその残金をもってSBIに移籍って、できるんでしょうか?それだとSBIでの手数料かかる期間を短縮できていいのになぁと思っているんですが。楽天のQ&Aには「他行からの場合は一旦現金化してから移管」と書かれていて、これって、一回すべてチャラにして、0から積立直し、って意味なんでしょうかね? それだと、どこで始めるかがすごく大きい差になりますね。
     それでも、とにかく始めておけば、手数料問題はあるにしても、節税にはなるから口座開設できた方から始めた方がいいのか?とも思っているのですが。
     これからもいろいろ教えてください〜(^^)

    • ゼニー簿 より:

      らんこさん

      やっぱり開設手続きに時間がかかってますか。
      ただでさえ確定拠出年金は開設までに時間がかかるのに、楽天はキャンペーン中で混んでるのかもしれません。

      楽天なら1万円でも口座管理手数料がかからないので、いいですよね。
      このキャンペーン中に開設できるなんて、本当羨ましい限りです。

      さてさて、ある程度(50万以上)資産が貯まったらSBI証券へ移管の件ですが、明日のブログネタにさせていただきます!
      ちょうどネタが無くて困ってたので、移管のリスクをネタにして記事を書こうと思いますので、その記事を答えにさせて下さい!!
      ということで、これから記事を書きます。お楽しみに。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

【祝】SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)が手数料無料で最強に!

【祝】SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)が手数料無料で最強に!

本日2017年5月19日より、SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)口座が手数料無料になりました。 個人型確定拠出年金(iDeCo)加盟を検討していた皆さん、おめでとうございます! これで、SB …

マネーセンス倶楽部アイキャッチ

確定拠出年金への加入を考える

結婚しているときは、ずっと働いてはいましたが、会社の都合でフルで働いた時期が1/3で、2/3が扶養内で働いていました。 なので、確定拠出年金が話題になった当初、「あぁ、第3号被保険者(扶養内で働いてる …

確定拠出年金のアセットアロケーション

確定拠出年金、初拠出!

3月に申込みした確定拠出年金(ブログ記事:確定拠出年金への加入を考える)。 ようやく確定拠出年金口座が開設し、6月に初拠出です!! 長かったーーーーーーーーー。(笑 正直、こんなに手続きに時間がかかる …

主婦も個人型確定拠出年金に入ったほうがいいのか

主婦も個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)に入ったほうがいいのか

2017年1月から個人型確定型拠出年金の制度が新しくなり 主婦も利用できるようになりました。 「せっかくの制度なんだから、私も利用した方がいいのかしら?」とお悩みのあなたに 主婦も個人型確定型拠出年金 …

個人型確定拠出年金(イデコ)に加入できない人は?いくらまで?月額拠出限度額について

個人型確定拠出年金(イデコ)に加入できない人は?いくらまで?月額拠出限度額について

2017年1月から個人型確定拠出年金(イデコ)に加入できる人の範囲が広がり、ほとんどの人が個人型確定拠出年金(イデコ)に加入できるようになりました。 ゼニー簿も個人型確定拠出年金(イデコ)への加入をす …