確定拠出年金

20代・30代の個人型確定拠出年金加入メリットとおすすめポートフォリオ

投稿日:

20代・30代の個人型確定拠出年金加入メリットとおすすめポートフォリオ20代も30代は、定年まで30~40年と長い。

だからこそ、積極的にリスクを取った投資ができる。

20代、30代で個人型確定拠出年金を始めるのであれば、「元本保証型」や「債券」は選択肢から外し、「株式投資」で勝負するべきです。

今回は、20代30代が個人型確定拠出年金に加入するメリットとおすすめポートフォリオのお話です。

20代30代は、iDecoで初心者も「長期投資」が可能に!!

20代イデコメリット個人型確定拠出年金の最大のデメリットは「途中で解約できない」ということだが、裏を返せば「嫌でも投資し続けなければならない」という大きなメリットをもっている。

20代、30代なら尚更のこと「30~40年は嫌でも投資し続けなければならない」ということになります。

え?これのどこがメリットかって?

投資をやったことがある人なら分かると思いますが、投資をし続けることは意外と難しいことなんですよ。

※近い将来お金が必要になる人や、生活防衛資金がない人など、解約できないデメリットがメリットにならない人もいるので注意を!
確定拠出年金iDeco(イデコ)を利用する前に確認してほしいこと(目的別おすすめ資金運用制度)

株価下落時は売りたくなる!株価上昇でも売りたくなる!

株式投資をやってみると分かることですが、初心者は特に株価が下がったら「もっと下がるんじゃないか」と怖くて売りたくなるものです。いわゆる狼狽売りと言われるものですね。

そして、株価が上がったら、「下がったら困る」「利益を確定したい!」とまた売りたくなる。

ずっと株を持ち続ける「長期投資」というものは、一見簡単そうに見えるんですが精神的には「かなり難しい」ものなんですよ。

ゼニー簿も投資初心者の頃は(いや今でも)、かなり痛い目を見てきました。

投資で利益を出すなら、投資し続ける事!が大事。

その点、個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)なら途中解約できないので、「嫌でも」投資を続けられるのです。

これから30~40年の間には、大幅な株価下落が必ずやってくることでしょう。

そんな株価下落時に大幅に損してしまえば、通常の精神力なら怖くて投資が続けられなくなります。

特に初心者は怖くなってそのまま損したまま売ってしまい、怖くてもう投資続けることができなるのが大半です。

でも、投資で勝つ人はそんな時でも「狼狽売りせずに持ち続け、投資を続ける人」なのです。

なぜなら、経済というのは停滞することもあるけれど、成長するものです。

いつかは株価も戻るのですから。

「途中解約不可」が大きなメリットになるのが20代、30代

その点、個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)なら途中解約できないので、「嫌でも」投資を続けられます。

株価が下がって落ち込もうが、怖くなろうが関係ありません。

強制的に投資を続けることができます。(元本保証商品に乗換えなければ・・・ですが)

投資経験の浅い20代、30代にとって、ある意味個人型確定拠出年金iDecoは初心者のデメリットを打ち消してくれるツールなのです。

個人型確定拠出年金iDecoは、長期的な節税も可能になる

当然ですが、個人型確定拠出年金iDecoは「所得税を払っている人」には、大きな節税効果が得られます。

投資の利益がなくても、この「節税効果」だけで人によっては15%の利益が得られる本当にありがたい制度です。(詳しくは、「年利15%!?老後のお金を貯めるなら確定拠出年金(iDeCo)がいい理由とおすすめ証券会社」参照。)

20代、30代の働き始めたばかりの人はこれから所得税を払う期間も長いので、個人型確定拠出年金iDecoに加入していれば節税額もトータルで大きくなるということです。

ゼニー簿も20代のときから加入していれば・・・・と本当に思います。

20代、30代におすすめのポートフォリオ

このメリットを大いに活かすために、20代30代の人は「インデックス株式投資信託」だけのポートフォエリオを組もう。

(なぜインデックス株を勧めるかについては、「簡単なのに知られていないお金の増やし方(インデックス投資とは)」参照。)

「元本保証型商品」や「債券」への投資は不要だ。

究極を言えば、
「先進国株のインデックス投資信託」100%のポートフォリオでOK!

日本株にも投資したいのであれば組み込んでも良いし自由だが、迷うのであれば「先進国株のインデックス投資信託」100%にしていれば問題ない。

30~40年後には、大きな実を結んでくれるに違いない。

20代、30代におすすめの証券会社と商品

低コストの先進国株式のインデックス投信を扱っているゼニー簿のオススメする証券会社は3社です。

他の証券会社は手数料が安くても低コストのインデックス投信をおいてなかったりとバランスが取れていません。

特にSBI証券は操作性も良くておすすめです。

(証券会社選びを間違うとどうなるかは、「30年で250万の差!個人型確定拠出年金(iDeCo)で証券会社を選ぶポイント」参照)

おすすめ確定拠出年金証券1位:SBI証券

加入手数料、口座管理手数料も無条件で誰でも無料(0円)なのでコストがかかない、コスパのいい証券会社です。(※国民年金基金連合会、事務委託先金融機関への合計167円はどの証券会社でもかかります)

そして、低コストのインデックス投資信託を数多く扱っている。
とにかく低コストのインデックス投信の商品数が他の証券会社より多いのが特徴。

口座の操作画面が見やすいこと(SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)口座が使いやすくて初心者におすすめ!スイッチングも簡単)もゼニー簿おすすめの理由です。

【20代30代におすすめ商品】

ニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックス(信託報酬0.2268% )
配分割合100%でOK!

確定拠出年金は申し込んでから運用できるようになるまで手続きに時間がかかる!!
早めに申し込みしましょう。

登録までに最低2ヶ月かかります。(ゼニー簿は3ヶ月後でした)
↓↓↓

ideco-sbi

ゼニー簿もここで絶賛運用中です。

おすすめ確定拠出年金証券2位:楽天証券

同じく低コストのインデックス投資信託を扱っており、管理手数料はSBI証券と同様に無条件で無料の証券会社。

ただし、SBI証券に比べてインデックス商品の種類が少ない。

【20代30代におすすめ商品】

たわらノーロード 先進国株式(信託報酬0.2430% )
配分割合100%でOK!

おすすめ確定拠出年金証券3位:イオン銀行

銀行で初の「無条件で運営管理手数料無料」の運用会社。

しかし、イオン銀行のHPでも明記されている通り、イオン銀行はあくまでみずほ銀行の代理店でしかありません。

【20代30代におすすめ商品】

たわらノーロード 先進国株式(信託報酬0.2430% )
配分割合100%でOK!

-確定拠出年金
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

マネーセンス倶楽部アイキャッチ

確定拠出年金への加入を考える

結婚しているときは、ずっと働いてはいましたが、会社の都合でフルで働いた時期が1/3で、2/3が扶養内で働いていました。 なので、確定拠出年金が話題になった当初、「あぁ、第3号被保険者(扶養内で働いてる …

藤野 英人

ひふみ投信を安く買うなら、確定拠出年金iDeco(イデコ)でお得に購入!

ひふみ投信の人気ぶりがすごいようです。 しかし、購入方法によっては買付手数料が取られる上、 信託報酬も年 1.0584%(税込)と高い!! これから「ひふみ投信が買いたい!」という人には、 個人型確定 …

年利15%!?老後のお金を貯めるなら確定拠出年金(iDeCo)がいい理由とおすすめ証券会社

年利15%!?老後のお金を貯めるなら確定拠出年金(iDeCo)がいい理由とおすすめ証券会社

老後資金を早く貯めて、早めのリタイアを夢見る40代会社員のゼニー簿です。 このブログを読んでくれてるアナタもきっと資産運用や お金を貯めることの大切さを知っている人だと思います。 今回は現役世代に必要 …

個人型確定拠出年金(iDeco)の運用おすすめ商品

個人型確定拠出年金(iDeco)の運用おすすめ商品【2017年】

個人型確定拠出年金iDecoに興味はあるものの「何を選んだらいいか分からない人」に、おすすめ商品をご紹介します。 運用おすすめ商品をご紹介しますので、下記の商品から該当するものを選んでください。 (各 …

【祝】SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)が手数料無料で最強に!

【祝】SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)が手数料無料で最強に!

本日2017年5月19日より、SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)口座が手数料無料になりました。 個人型確定拠出年金(iDeCo)加盟を検討していた皆さん、おめでとうございます! これで、SB …

スポンサーリンク

記事検索

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

最近1ヶ月の人気記事