確定拠出年金

個人型確定拠出年金(iDeco)の運用おすすめ商品【2017年】

投稿日:14/09/2017 更新日:

個人型確定拠出年金(iDeco)の運用おすすめ商品

個人型確定拠出年金iDecoに興味はあるものの「何を選んだらいいか分からない人」に、おすすめ商品をご紹介します。

運用おすすめ商品をご紹介しますので、下記の商品から該当するものを選んでください。
(各証券会社、銀行によって取り扱っている商品が違いますので、一覧から探してください。)

個人型確定拠出年金(iDeco)で運用をおすすめする商品について

当ブログがおすすめする投資信託商品は、下記の条件を満たしているものとします。

1.株式投資信託は、インデックス型であること

インデックス株式は株式市場全体に投資するので、長期的には必ず成長(値上がり)すると言われています。

20年前にはスマホがなかったし、AI技術もなかったですが、今では世の中に普通に存在しています。
このように、世界はずっと成長を続けていくと考えれば、長期的に株式市場全体に投資する「インデックス型」の投資信託はハズレがない。

投資初心者には「一番リスクが少ない」株式投資としておすすめできます。
(詳しくは、簡単なのに知られていないお金の増やし方(インデックス投資とは)参照)

2.信託報酬が低コスト(0.27%以下)であること

信託報酬は、投資信託を運用している間の管理費用として支払わなければならない手数料です。
運用資産から自動的に差し引かれていきます。

個人型確定拠出年金iDecoを続けていく上で、コストとして利益を圧迫していくのが「信託報酬」です。

そのため、低コスト(0.27%以下)の投資信託だけをお勧めしています。

インデックス投資家はナゼ低コスト投資信託を追い求めるのか?3つの手数料が生む大きなお金も参考に

3.信託財産留保額(解約手数料)なし

個人型確定拠出年金iDecoを続けていく上で利益を圧迫しないため、低コストであるのが大前提。

信託財産留保額を取る投資信託はダメ!

※投資初心者には、不動産投資信託(REIT)や新興国株や外国債券はリスクが高いため勧めていません!

20代、30代、40代におすすめ「先進国インデックス株」投資信託

株式の投資信託で一番オススメするのが「先進国インデックス株」。

「株式投資をしたいけどどれが良いか分からない」という人は、この投資信託を選んでおけば間違いはない。

なぜなら、世界はほぼ主要な先進国によって経済を引っ張っているといえる。
この「先進国インデックス株」は「先進国の市場」全体に投資しているので世界的な経済発展とともに値上がりが期待できるのです。

特に20代、30代は投資期間が長いため、この「先進国インデックス株」に100%の比率で配分をおすすめする。(20代・30代の個人型確定拠出年金加入メリットとおすすめポートフォリオ参照)

少なくても20年以上は個人型確定拠出年金iDecoで運用できるすべての人におすすめできる商品です。

ファンド名会社名信託報酬
三井住友・DC外国株式インデックスファンドS三井住友アセットマネジメント株式会社0.16%
インデックスコレクション(外国株式)三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社0.16%
日立外国株式インデックスファンド日立投資顧問株式会社0.18%
東京海上セレクション・外国株式インデックス東京海上アセットマネジメント株式会社0.20%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンドニッセイアセットマネジメント株式会社0.20%
ステート・ストリート先進国株式インデックス・オープン MA先進株ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社0.20%
eMAXIS Slim 先進国株式インデックス三菱UFJ国際投信株式会社0.20%
つみたて先進国株式三菱UFJ国際投信株式会社0.20%
Smart-i 先進国株式インデックスりそなアセットマネジメント株式会社0.20%
三菱UFJ DC海外株式インデックスファンド三菱UFJ国際投信株式会社0.21%
DCニッセイ外国株式インデックスニッセイアセットマネジメント株式会社0.21%
iFree 外国株式インデックス大和証券投資信託委託株式会社0.21%
野村DC外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSA野村アセットマネジメント株式会社0.22%
たわらノーロード 先進国株式アセットマネジメントOne 株式会社0.23%
大和DC海外株式インデックスファンド大和証券投資信託委託株式会社0.23%
DC外国株式インデックスファンドL三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社0.25%
DIAM外国株式インデックスファンド<DC年金>アセットマネジメントOne 株式会社0.25%
野村外国株式インデックスファンド・MSCI-KOKUSAI (確定拠出年金向け)野村アセットマネジメント株式会社0.25%
DCダイワ外国株式インデックス大和証券投資信託委託株式会社0.25%
インデックスファンド海外株式ヘッジなし(DC専用)日興アセットマネジメント株式会社0.25%
SSDCグローバル株式インデックス・オープンステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社0.25%

(※個人型確定拠出年金で取り扱っていない投資信託も含みます)

日本市場にも投資したいなら「日本株インデックス」投資信託

地域の分散投資初心者なら、基本的には上記で紹介した「先進国インデックス株」に100%配分で十分です。

しかし、どうしても「日本市場にも投資をしたい」ということなら、下記の日本株インデックス型投資信託をおすすめします。

ファンド名会社名信託報酬
日立国内株式インデックスファンド日立投資顧問株式会社0.15%
DIAM DC 国内株式インデックスファンドアセットマネジメントOne 株式会社0.16%
インデックスコレクション(国内株式)三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社0.16%
DCニッセイ国内株式インデックスニッセイアセットマネジメント株式会社0.16%
年金インデックスファンド日本株式(TOPIX連動型)日興アセットマネジメント株式会社0.17%
年金ダイワ日本株式インデックス大和証券投資信託委託株式会社0.17%
ステート・ストリート日本株式インデックス・オープン
MA日本株
ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社0.17%
Smart-i TOPIXインデックスりそなアセットマネジメント株式会社0.17%
Smart-i 日経225インデックスりそなアセットマネジメント株式会社0.17%
<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンドニッセイアセットマネジメント株式会社0.18%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンドニッセイアセットマネジメント株式会社0.18%
eMAXIS Slim 国内株式インデックス三菱UFJ国際投信株式会社0.18%
たわらノーロード TOPIXアセットマネジメントOne 株式会社0.18%
つみたて日本株式(TOPIX)三菱UFJ国際投信株式会社0.18%
つみたて日本株式(日経平均)三菱UFJ国際投信株式会社0.18%
DC日本株式インデックスファンドL三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社0.19%
明治安田DC・TOPIXオープン明治安田アセットマネジメント株式会社0.19%
野村DC国内株式インデックスファンド・TOPIX野村アセットマネジメント株式会社0.19%
三井住友・DC日本株式インデックスファンドS三井住友アセットマネジメント株式会社0.19%
日経225インデックスe三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社0.19%
iFree 日経225インデックス大和証券投資信託委託株式会社0.19%
iFree TOPIXインデックス大和証券投資信託委託株式会社0.19%
DCニッセイ日経225インデックスファンドAニッセイアセットマネジメント株式会社0.19%
DCニッセイ日経225インデックスファンドBニッセイアセットマネジメント株式会社0.19%
<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンドニッセイアセットマネジメント株式会社0.20%
たわらノーロード 日経225アセットマネジメントOne 株式会社0.20%
三菱UFJ DC国内株式インデックスファンド三菱UFJ国際投信株式会社0.20%
DC日本株式インデックス・オープンS三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社0.20%
iFree JPX日経400インデックス大和証券投資信託委託株式会社0.21%
東京海上・日経225インデックスファンド東京海上アセットマネジメント株式会社0.23%
日本インデックス225DCファンド岡三アセットマネジメント株式会社0.23%
i-mizuho 国内株式インデックスブラックロック・ジャパン株式会社0.23%
SBI TOPIX100・インデックスファンド〈DC年金〉SBIアセットマネジメント株式会社0.24%
三井住友・日本株式インデックス年金ファンド三井住友アセットマネジメント株式会社0.25%
三菱UFJ DCトピックスオープン三菱UFJ国際投信株式会社0.25%
DIAM国内株式インデックスファンド<DC年金>アセットマネジメントOne 株式会社0.25%
ニッセイ日経225インデックスファンドニッセイアセットマネジメント株式会社0.25%
朝日ライフ DC日経平均ファンド朝日ライフアセットマネジメント株式会社0.25%
野村国内株式インデックスファンド・TOPIX(確定拠出年金向野村アセットマネジメント株式会社0.25%
DCダイワ日本株式インデックス大和証券投資信託委託株式会社0.25%
インデックスファンド日本株式(DC専用)日興アセットマネジメント株式会社0.25%
野村DC・JPX日経400ファンド野村アセットマネジメント株式会社0.25%
みずほ日経平均ファンド<DC年金>アセットマネジメントOne 株式会社0.25%

(※個人型確定拠出年金で取り扱っていない投資信託も含みます)

50代から確定拠出年金iDecoを始める人には、「日本債券」投資信託

50代の方は運用期間が長くても9年、短い人は数年になると思います。
そう考えるとお金をふやすことより、「リスクがない(低い)」商品を選ぶことが大切です。
何より個人型確定拠出年金は投資信託で利益が見込めなくても、「節税」で大きな効果を生む制度です。
リスクが少なくて安全な「日本債券」を選ぶことをおすすめします。
(詳しくは、50代が確定拠出年金iDeco(イデコ)加入する時の注意点3つとおすすめ運用法参照)

※個人型確定拠出年金iDecoで「投資はしたくない」と考える人も同様におすすめです。

また、運用会社それぞれで「元本保証型」の商品を取り扱っているので、そちらの商品を選ぶこともおすすめです。
(今回「元本保証型」の定期預金や保険については、商品名を紹介しません。各証券会社に問い合わせてください。)

ファンド名会社名信託報酬
インデックスコレクション(国内債券)三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社0.10%
DC日本債券インデックス・オープンP三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社0.11%
日立国内債券インデックスファンド日立投資顧問株式会社0.11%
DC日本債券インデックスファンドL三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社0.12%
三菱UFJ 国内債券インデックスファンド(確定拠出年金)三菱UFJ国際投信株式会社0.12%
ステート・ストリート日本債券インデックス・オープン
MA日本債
ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ株式会社0.13%
東京海上セレクション・日本債券インデックス東京海上アセットマネジメント株式会社0.14%
iFree 日本債券インデックス大和証券投資信託委託株式会社0.14%
eMAXIS Slim 国内債券インデックス三菱UFJ国際投信株式会社0.14%
Smart-i 国内債券インデックスりそなアセットマネジメント株式会社0.14%
<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンドニッセイアセットマネジメント株式会社0.15%
たわらノーロード  国内債券アセットマネジメントOne 株式会社0.15%
三井住友・日本債券インデックス・ファンド三井住友アセットマネジメント株式会社0.16%
DC日本債券インデックス・オープンS三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社0.16%
三菱UFJ DC国内債券インデックスファンド三菱UFJ国際投信株式会社0.16%
野村国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総合(確定拠出年金向け)野村アセットマネジメント株式会社0.16%
野村DC国内債券インデックスファンド・NOMURA-BPI総野村アセットマネジメント株式会社0.16%
明治安田DC日本債券パッシブファンド明治安田アセットマネジメント株式会社0.16%
DCニッセイ国内債券インデックスニッセイアセットマネジメント株式会社0.18%
DCニッセイ日本債券インデックスニッセイアセットマネジメント株式会社0.18%
インデックスファンド日本債券(DC専用)日興アセットマネジメント株式会社0.23%
日本債券ファンドアセットマネジメントOne 株式会社0.25%
DIAM国内債券インデックスファンド<DC年金>アセットマネジメントOne 株式会社0.25%
DCダイワ日本債券インデックス大和証券投資信託委託株式会社0.25%
FWりそな国内債券インデックスファンドりそなアセットマネジメント株式会社0.25%

(※個人型確定拠出年金で取り扱っていない投資信託も含みます)

確定拠出年金iDeco商品に「紹介した投資信託がない」場合は

もし、ご自分の個人型確定拠出年金iDecoに上記のおすすめ商品がなかった場合は、どうしたら良いのでしょう。

ハッキリいいましょう!

あなたの個人型確定拠出年金iDecoの会社は「ボッタクリ証券会社(銀行)」です。

そこで運用していても損する確率が高くなります。
30年で250万の差!個人型確定拠出年金(iDeCo)で証券会社を選ぶポイント参照)

今すぐ低コストで運用できて、低コスト投資信託の商品を揃えている証券会社に移管しましょう。

低コストのインデックス投資信託を扱っていて、加入手数料、口座管理手数料も「無条件で誰でも無料」の証券会社を紹介します。

おすすめ確定拠出年金証券1位:SBI証券

加入手数料、口座管理手数料も無条件で誰でも無料(0円)なのでコストがかかない、コスパのいい証券会社です。(※国民年金基金連合会、事務委託先金融機関への合計167円はどの証券会社でもかかります)

そして、低コストのインデックス投資信託を数多く扱っている。
とにかく低コストのインデックス投信の商品数が他の証券会社より多いのが特徴。

口座の操作画面が見やすいこと(SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)口座が使いやすくて初心者におすすめ!スイッチングも簡単)もゼニー簿おすすめの理由です。

【おすすめ商品】ニッセイ-DCニッセイ外国株式インデックス

確定拠出年金は申し込んでから運用できるようになるまで手続きに時間がかかる!!
早めに申し込みしましょう。

登録までに最低2ヶ月かかります。(ゼニー簿は3ヶ月後でした)
↓↓↓

ideco-sbi

ゼニー簿もここで絶賛運用中です。

おすすめ確定拠出年金証券2位:楽天証券

同じく低コストのインデックス投資信託を扱っており、管理手数料はSBI証券と同様に無条件で無料の証券会社。

ただし、SBI証券に比べてインデックス商品の種類が少ない。

【おすすめ商品】たわらノーロード 先進国株式

おすすめ確定拠出年金証券3位:イオン銀行

銀行で初の「無条件で運営管理手数料無料」の運用会社。

しかし、イオン銀行のHPでも明記されている通り、イオン銀行はあくまでみずほ銀行の代理店でしかありません。

【おすすめ商品】たわらノーロード 先進国株式

-確定拠出年金
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

sbi証券個人型確定拠出年金

SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)口座が使いやすくて初心者におすすめ!スイッチングも簡単

ほぼ2年間、個人型確定拠出年金(iDeCo)口座を確認していなかったゼニー簿です。 「老後まで引き出せない」ってだけで ゼニー簿の興味を失わさせる個人型確定拠出年金(iDeCo)って 本当インデックス …

50代が確定拠出年金iDeco(イデコ)加入する時の注意点3つとおすすめ運用法

50代が確定拠出年金iDeco(イデコ)加入する時の注意点3つとおすすめ運用法

個人型確定拠出年金(iDeco)は60歳以上から受取可能な年金です。 働いている人にはメリットが大きいのでゼニー簿は利用することを推奨しています。 年利15%!?老後のお金を貯めるなら確定拠出年金(i …

保育料が下がった!保育料が高いなら個人型確定拠出年金で節税を

保育料が下がった!保育料が高いなら個人型確定拠出年金で節税を

保育料金って高いですよね。 稼ぐために働いているのに、給料のほとんどが保育料に取られてしまっていませんか? 今回は保育料が高い人(普通の人も)におすすめする保育料金の下げ方を教えます。 目次1 保育料 …

確定拠出年金iDeco(イデコ)の積立額が少ないと損!それでも増やせない人におすすめの証券会社

確定拠出年金iDeco(イデコ)の積立額が少ないと損!それでも増やせない人におすすめの証券会社

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)は収入がある人には「税控除」というすごいメリットがあって、老後資金を準備するのにはどの個人年金よりもおすすめできる制度です。 (個人年金のメリットは「年利15%! …

ニッセイ個人型確定拠出年金iDecoのおすすめ商品と注意点

ニッセイ個人型確定拠出年金iDecoのおすすめ商品と注意点

ニッセイの個人型確定拠出年金iDecoで運用する「投資初心者」の方へ おすすめ商品と注意点をお話します。 目次1 20代・30代なら、「インデックス型先進国株」投資信託2 50代におすすめ「インデック …

スポンサーリンク

記事検索

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

最近1ヶ月の人気記事