確定拠出年金

主婦も個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)に入ったほうがいいのか

投稿日:23/01/2017 更新日:

主婦も個人型確定拠出年金に入ったほうがいいのか2017年1月から個人型確定型拠出年金の制度が新しくなり
主婦も利用できるようになりました。

「せっかくの制度なんだから、私も利用した方がいいのかしら?」とお悩みのあなたに
主婦も個人型確定型拠出年金に入ったほうが本当に得なのかをお話したいと思います。

主婦の確定拠出年金(iDeCo:イデコ)の加入は、メリットはない!

やっちゃダメ※まず、ここでいう主婦の定義は「夫の扶養内で働いている主婦」です。

実は主婦の場合、個人型確定型拠出年金(iDeCo:イデコ)のメリットはあまりありません。
もしかしたら損することもあります。

所得がない人はメリットがない

個人型確定型拠出年金の一番のメリットは、「所得税控除」の節税効果 です。

所得がない(扶養内)主婦は、税金は戻ってこない!!

だって、所得税を払っていないんだもの

個人型確定型拠出年金の最大のメリットは、主婦には適用できないわけです。
(一般的なメリットについては、「年利15%!?老後のお金を貯めるなら確定拠出年金(iDeCo)がいい理由とおすすめ証券会社」参照)

「運用益が非課税」というメリットは、NISAで十分

そして「運用益が非課税」というメリットもありますが、
主婦の場合所得税控除のメリットがないのでNISAで十分だと思います。

老後に受け取るというだけで課税対象に

そもそも収入がないのだから所得税が取られないはずのお金。

それが、「老後に受け取る」この制度を利用することで、
老後に「所得」としてみなされて「課税対象」になってしまう。

もちろん控除の対象にはなるけど、
主婦にとっては本来課税対象にならないもののはずが課税対象になるという解せない制度。

場合によっては、損する可能性もあるということだ。

収入がない主婦にとっては、全くメリットがない。

主婦の場合は、旦那さんの個人型確定型拠出年金(iDeCo:イデコ)を利用するべきだが・・・

ライフプラン主婦の場合、全くメリットがない個人型確定型拠出年金(iDeCo:イデコ)。

しかし、旦那さんに利用させれば家族全体としてはメリットが大いにある制度なので、
(詳しくは、「年利15%!?老後のお金を貯めるなら確定拠出年金(iDeCo)がいい理由とおすすめ証券会社」参照)
旦那さんに個人型確定型拠出年金の上限まで加入させることを考えよう。

ただし、もし離婚するような可能性があるのであれば話は別だ。

離婚の可能性があるなら注意!個人型確定型拠出年金は年金分割の対象外

ゼニは大切でっせ離婚の際に「年金分割」という制度があるのだが、
個人確定型拠出年金は個人型確定型拠出年金(iDeCo:イデコ)は年金分割の対象外なのだ。

そうすると、旦那さんに個人型確定型拠出年金(iDeCo:イデコ)をかけていても
旦那さんの老後は豊かになるが、主婦の老後は豊かにはならない。

実際、ゼニー簿も離婚の際に年金分割の申請を行ったが、
旦那が入っていた企業型確定型拠出年金(確定拠出年金の企業番)は
分割の対象にならなかった。ぐぐぐ。

思い返してもちょっと腹の立つ制度だ。(爆

離婚の可能性があるなら、NISA等で運用しておいたほうがいい。
ただの資産なら、財産分与できるからね!

離婚経験者のゼニー簿がいうのだから、
仲の良くない夫婦は個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)の加入には最新の注意を払ったほうがいいぞ!!

-確定拠出年金
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

途中でSBI証券に変更したい!?確定拠出年金iDeco(イデコ)の運用機関の移管リスクについて

途中でSBI証券に変更したい!?確定拠出年金iDeco(イデコ)の運用機関の移管リスクについて

SBI証券が無条件で口座管理手数料を無料にしたことで、他証券会社からの移管を検討している方が増えているようです。 SBI証券と無条件で口座管理手数料を無料に踏み切ったことから、手数料と圧倒的な商品数の …

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)と個人年金保険はどっちが得ですか?

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)と個人年金保険はどっちが得ですか?

たまに知恵袋などをのぞいてみると、「個人型確定拠出年金」と「個人年金」はどちらに加入するほうが得ですか? という質問が結構あります。 どちらも同じく名前に「年金」が入っているせいで、同じように感じるの …

iDecoにイオン銀行が参入!確定拠出年金で初のおすすめ銀行に

iDeco(イデコ)の運用会社として、イオン銀行が参入しました。 今までは「無条件で運営管理手数料無料」で運用できるところは、SBI証券と楽天証券の証券会社の2社のみとなっていました。 しかし、「イオ …

マネーセンス倶楽部アイキャッチ

確定拠出年金への加入を考える

結婚しているときは、ずっと働いてはいましたが、会社の都合でフルで働いた時期が1/3で、2/3が扶養内で働いていました。 なので、確定拠出年金が話題になった当初、「あぁ、第3号被保険者(扶養内で働いてる …

確定拠出年金iDeco(イデコ)のおすすめ口座対決!SBI証券vs楽天証券

確定拠出年金iDeco(イデコ)のおすすめ口座対決!SBI証券が最強に!

老後資金を貯める手段としておすすめしている確定拠出年金iDeco(イデコ)。 (確定拠出年金をおすすめしている理由は、年利15%!?老後のお金を貯めるなら確定拠出年金(iDeCo)がいい理由参照) & …

スポンサーリンク

記事検索

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

最近1ヶ月の人気記事