インデックス投資

インデックス投資に長期投資が大切な理由

投稿日:03/02/2017 更新日:

インデックス投資に長期投資が大切な理由

最近「草食系男子もいいかなー」と思いつつある半肉食系中年女子のゼニー簿です。

これまでリスクの少ない投資法として「インデックス投資」をおすすめしてきました。
簡単なのに知られていないお金の増やし方(インデックス投資とは)参照)

インデックス投資で儲けを出すには「長期運用」が必要だと口を酸っぱくして言ってきました。
(覚えてる??)

今回は、なぜインデックス投資は長期投資が必要なのかをお話したいと思います。

インデックス投資は世界成長に投資するもの。数年で結果は出ない!

インデックス投資は短期間で結果は出ない
上の表は各国のGDPを表したもの。

インデックス投資は、世界の成長に投資するものですので
数年ぐらいの短期間での成長はほとんどありません。

逆に不景気で成長が鈍化することもあります。

でも、1990年から2015年という25年ぐらいの長期で見れば
かなり成長していることがわかります。

それぐらい経済の成長ってゆっくりで、今年と去年の差なんてあまり分からない。

でも、20年前には自動運転の車なんてなかったし、
shiri やgoogle が音声で質問に答えてくれるなんて想像してなかった。

長期的に見れば、すごい進歩をとげていることが分かります。

インデックス投資は短期では勝てない。

インデックス投資は長期の運用が必要。

短期投資は、インデックス投資に向かない

NYダウの20年チャートです。↓↓↓
赤色の線を見れば、20年で確実に株価が上がっていることがわかると思います。
NYダウチャート

でも、逆に「短期投資には向かない」「短期では勝てない」投資法だともいえます。
短期投資だったら
拡大図です。2000年から2005年の5年間は株価は殆ど変わりませんが、
上がり下がりを繰り返しているギザギザ線であることがわかりますね。

この間にインデックス投資で短期投資だったら確実に負けてしまいます。

もしあなたが投資に対して、一攫千金を夢見ているのなら
インデックス投資はやめておいたほうがいいでしょう。

インデックス投資家は、株の上がり下がりに惑わされない

インデックス投資

株は上がれば、下がる日もあります。

そうやって上下のギザギザ線を描きながら、
ゆっくりと上向きに成長していくものなのです。

それに投資するのがインデックス投資。

だから、日々の株価に一喜一憂する必要はありません。

今日下がっていても、明日も下がっても、1週間連続下がろうが、
20年後には2倍になっている可能性もある!!

そんな長期的な投資!それがインデックス投資です。

-インデックス投資
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

eMAXIS Slim

業界最低水準の低コストインデックス投信「eMAXIS Slim」が登場

インデックス投資家を歓喜させる 業界最低水準の低コストインデックス投資信託が2017年2月27日に登場します。 「いつでも」常に業界最低水準の運用コストであるという最強ファンド登場 三菱UFJ国債投信 …

インデックス投資家はナゼ低コスト投資信託を追い求めるのか?

インデックス投資家はナゼ低コスト投資信託を追い求めるのか?3つの手数料が生む大きなお金

インデックス投資家は、「低コスト」運用ができる投資信託を追い求めます。 なぜなら、コスト(手数料)が長期運用すれば大きなお金の差を生むことを知っているからです。 今回は投資信託を購入するとかかる3つの …

簡単なのに知られていないお金の増やし方(インデックス投資とは)

簡単なのに知られていないお金の増やし方(インデックス投資とは)

シングルマザーだけど、給料低いけど、老けたって言われたけど 順調に資産を増やしているゼニー簿です。(エヘッ ほんとうに簡単なお金の増やし方、それは「インデックス投資」です。 「えええええ。投資ぃーー? …

投資信託で大損したいなら、分配金ありをおすすめする2つの理由

投資信託で大損したいなら、分配金ありをおすすめする2つの理由

もらえるものは全部もらうが、投資信託の分配金だけは要らないと思っているゼニー簿です。(笑 シニア世代への広告によく「毎月の分配金がお小遣いに!」みたいなセリフありますよね。 結構世間では「毎月分配型」 …

若さが武器!お金がなくても始められる積立投資は20代の味方

若さが武器!お金がなくても始められる積立投資は20代の味方

ゼニー簿は母親がケチだったこともあって、10代の頃からお金の管理はをしっかりやってきたほうだと思います。 誰に教えてもらったわけでもなく、そうしておかないと自分が困ったからです。 必要にかられて・・・ …