投資ルール

投資で大儲けした人がいるということは、損した人がいてくれるから

投稿日:04/10/2015 更新日:

マネーセンス倶楽部イメージ画像
会社の30代男性が、最近投資の勉強をしているという話をしてくれました。
投資で大儲けしている友人Aがいるようで、
その友人に教えてもらってチャートの読み方等を
1週間に1度教えてもらっている。

同時期に一緒に教えてもらっている別の友人Bは
先に実際にやり始めてもう60万も儲かっている。
数ヶ月で、60万なんてすごいっでしょ!?
近々、自分も楽天証券でやり始めようと思っているんです!
と、興奮気味に話してくれました。

聞くとそんなに資産のない彼は、信用取引でレバレッジ3倍で投資を検討しているとのこと。

個別投資が悪いわけじゃない。ただ、やり方(信用取引)がギャンブルでしょ

もちろん、投資なんて「儲かりたい」からやるのであって、
投資を始めてすつに60万を手にしたと言う身近な人がいれば、
そりゃ「オレだって」となりますわな。

でも、信用取引を使って数ヶ月で60万もうかってるということは、
その逆もあり得るということ。

ちゃんと分析した上での投資はギャンブルじゃないけど、
やり方(信用取引)がギャンブルだと思うのですが・・・。

自分も株でいい目も、悪い目もあった経験上、
今のインデックス投資に落ち着いた経緯があります。
いい時は、「大損する」ということは他人事であって、
自分がそういう目に合うことを考えてないんですよね。(笑
(まぁ、ずっと勝ち続ける人も中にはいますが)

とにかく人生だけは狂わないように、
「子供も奥さんもいるんだから、なくなっていいお金でやりや。
生活費に手を出したらアカンよ。」とだけ言っておきました。

損をしてくれる人がいることを忘れてはならない

ゼニー墓さんはどんな銘柄をもっているんですか?
と聞かれて、「イオン株とNTT。でも、これは売るつもりはないから」と答えました。

イオンはいくらで買ったのかと聞かれたので、
「1200円の時だけど・・・」と答えると
チャートを確認し、彼は「これは空売りを入れるべきですね!」と
自信げにチャートの読み方からくる持論を展開してくれました。

・・・・チャートなんてあてにならない。
相場なんて誰にも分からないんだよ。
といいたい気持ちをぐっと堪え、こう答えました。

「じゃあ、自分でやってみればいいよ。
私は個別株は基本的にやらないし。買うときは長期保有。
私は年率で5%の儲けが出ればいいと思っているから。」

「ただし、儲けてる人がいるってことは、損してくれる人がいるってことだからね。」

そう。大儲けして自慢する人がいるって言うことは、
その人の分を損してくれてる人がいるということ。
数ヶ月で100万ぐらいが、160万に化けるということは、
ギャンブル的要素をはらんでいると思います。

さぁ、彼が実際に投資を初めてどれぐらい儲かるのか
ちょっと意地悪い気持ちで眺めることとします。

 

-投資ルール
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

マネーセンス倶楽部アイキャッチ

株価暴落を冷静に受け止められるようになった理由

いやー、今日も下げてくれましたねー。 私のポートフォリオ、みごとに真っ青(マイナス)になってくれてます。 久しぶりの青いポートフォリオは、美しいですね。(爆 過去には、大暴落にビビって損切りしてしまっ …

マネーセンス倶楽部アイキャッチ

証券会社の営業電話には気をつけろ

うちの上司のお話です。 セミナーで仲良くなったという某証券会社の営業から 「これから絶対に上がるから」と薦められ、 断りきれずに買ったという中国株。 皆さん、ご存知のように現在中国経済が下降し、 株に …

スポンサーリンク

記事検索

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

最近1ヶ月の人気記事