投資関連のお話

個人投資家の56%は60歳以上

投稿日:08/09/2016 更新日:

日本証券協会の資料「個人投資家の証券投資に関する意識調査について」から紹介します。

個人投資家の半数以上は60歳上。だから年収も低くて当然

個人投資家の現状

昨日のサイト記事で見た見出しは「個人投資家の半数は年収300万未満」でした。
そんな見出しだと、投資する人は低所得者ばかりで
如何にも一攫千金を狙ったバカども達みたいに思えましたが
データをよくよく見てみると、
個人投資家の56%は60歳以上の定年を迎えたシニア層なんだから、
年収と行っても年金とパートぐらいなものです。
そら年収300万以下になることも頷けます。

とはいえ、約7割が年収500万未満ですから、
個人投資家はまぁ一般的な方々だということでしょうね。

株式保有額は7割が500万未満。長期保有者が半数

個人投資家の現状株式保有額も100~300万円未満が一番多くて
ほとんどが500万未満ということですが、
庶民が500万近く株につぎ込んでいると考えれば
結構な金額です。

個人投資家の現状そして、その殆どが「概ね長期保有・値上がり益あれば売却」となっている事がわかる。
短期は約8%と少ないことも分かる。

3割が10年以上保有!その長期目線に尊敬

kabu
約2割が10年以上の長期保有だそうで、
私なんて相場がちょっと下がるだけでビビるのに
その長期保有目線に尊敬の念を抱かざる得ません。

-投資関連のお話
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

個別株で儲かっている人への嫉妬とどう向き合うか

昨年末から投資を始めた会社の同僚がいます。 彼の友達が、株式投資でかなり儲かっているようで投資を勧められたようで、 会社の業績等は関係なく、短期的にチャートのみを見て取引する方法だということでした。 …

ジュニアNISAは必要なのか?メリットよりデメリットが大きい

ジュニアNISAは必要なのか?メリットよりデメリットが大きい

未成年口座は意外とメリットが大きくて、ゼニー簿は活用しまくっています。 (未成年口座の活用法は「子供の証券口座の活用法と未成年口座がつくれる証券会社比較」参照) でも、子供版のNISAである「ジュニア …

ひふみ投信を今から買ってもいいのか?間に合いますか?

ひふみ投信を今から買ってもいいのか?間に合いますか?

2017年2月16日のテレビ東京のカンブリア宮殿で「ひふみ投信」が紹介され、投資に興味がなかった層にもインパクトがあったのではないかと思われます。 ゼニー簿のブログでも「ひふみ投信」の検索から来てくれ …

ベトナム紙幣

ベトナムでインフレの怖さについて実感した。

久しぶりにベトナムに行ってビックリしました。 何にびっくりしたって、その桁の多さにですよ!!! 目次1 一番大きい紙幣は50万ドン!2 20年で紙幣の価値は1/2になっていた3 やっぱり新興国の債券投 …

野村ホームトレードから野村信託銀行の口座開設の方法(振込手数料が10回無料になりました!)

野村ホームトレードから野村信託銀行の口座開設の方法(振込手数料10回無料)

振込手数料が無条件で無料になる銀行を比較した記事「条件無し!振込手数料無料の銀行比較(2017年)」をまとめていて、野村信託銀行が振込手数料無料の回数が無条件で10回であることを知りました。 住信SB …

スポンサーリンク

おんなの結婚と離婚site

記事検索

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

最近1ヶ月の人気記事