IPO

未成年口座開設で、IPO当選確率を上げる

投稿日:04/05/2015 更新日:

ずっと気になっていた未成年口座。
頂いたお年玉をずっとゆうちょに貯めていましたが、メチャメチャ低い金利で預けているのが馬鹿らしい。
すこしでも増やすべく重い腰を上げて、SBI証券で、娘二人の未成年口座を開設しました!

目的は、 SBI証券のIPOチャレンジポイント

目的は、下記2つ。
1.単純に証券口座の数を増やし、IPO当選確率を上げること
2.IPOチャレンジポイントを貯めること(←外れること前提かよっ)

SBI証券でIPOに応募して当選しなければもらえるIPOチャレンジポイント。
IPO申し込み時に、ポイントが高い順で当選する仕組みが別枠であります。
なので、ポイントを貯めておけば、いつかはポイントの高さで、IPOに当選できるのです。
子供達の口座は資金力を当てられないので、ほぼ2のIPOチャレンジポイント目的です。

地道にポイント狙いで頑張る予定です。

住民票の写し

・6 ヵ月以内に発行され、親権者が世帯主であり、親権者二人の記載と、本人欄に続柄(「子」など)が記載されているものに限ります。
・複数ページで発行されたものは、発行日、発行者印のあるページも含めすべてをご返送ください。
・コピーでも可能です。

各種健康保険証のコピー

・有効期限内で、本人と親権者二人の記載があり、親権者との続柄(「 父、母、子」または「夫、妻、子」 )が記載されていること。
・「家族」「扶養・被扶養」「男・女」という記載では続柄の確認がとれないため受付できません。

「戸籍謄本(全部事項証明)」および「戸籍の附票(全部証明)」

・発行後6 ヵ月以内の書類。複数ページで発行されたものは、そのまますべてご返送ください。
・本籍地の役所で取得ください。コピーでも可能です。

普通の家庭なら健康保険証のコピーや住民票の写しで終わるのに、母子家庭の場合は①戸籍謄本(全部事項証明)②戸籍の附票(全部証明)と役所に行かなくてはとれない(しかも、高額)ものばかり。(怒
なんで母子家庭は、保険証のコピーじゃだめなの?
ここはかなり疑問がわきましたが、仕方がないので役所にとりにいきました。

添付書類さえ揃えれば、あとはスムーズに開設できました!

母子家庭の場合は添付書類が面倒でしたが、この書類さえ揃えれば、あとは何事も無くスムーズに開設が終了しました!
開設まで約2週間といったところでしょうか。

まとめ:コツコツ落選ポイント(IPOチャレンジポイント)を貯めよう!

いつまでこの落選ポイント(IPOチャレンジポイント)制度が続くかは分かりませんが、ポイントさえ貯めればいつかは当たるというのはかなり親切な制度です。
何年かかるかはわかりませんが、コツコツ貯めていこうと思います。
うわさでは、200ポイントぐらいあれば当選できそうなので、頑張りたいと思います。

-IPO
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

マネーセンス倶楽部部則

いちごホテルリート投資法人(3463) 本日上場

当たっていた微妙銘柄「いちごホテルリート投資法人(3463)」が本日上場でした。 といっても、今日上場だったのをすっかり忘れており、 気づいた時にはすでに初値はついておりました。(苦笑 【3463】い …

IPO当選 インソース(6200)

本日、みずほのLINE抽選結果を見に行くと、 なんとLINEは補欠で、インソースが当たっていました。 枚数が多いのと価格が低いので当たりやすいのかもしれませんね。 みずほ証券での当選は久しぶりです。 …

IPO当選 LINE(3938) 祝!繰り上げ当選続出!!

IPO祭りが予想されるLINEの上場。 地合いも急速に良くなってきたので上場日が楽しみです。 当選報告として、SBI証券100株をゲットしていましたが、 補欠当選だったものも繰り上げになっていました! …

九州旅客鉄道

九州旅客鉄道(9142)IPOの参加準備はオッケーですか?

いよいよ、BBが始まった九州旅客鉄道(9142)のIPO。 ゼニー簿はもちろん全力参加で行きます!! 1枚の利益は少なそうなので、枚数で稼ぎたいと思っています。 当選枚数を増やすべく新しく証券口座も増 …

IPO当選 ヘリオス(4593)

またまた微妙な銘柄が当たりました。(苦笑 運がいいのか悪いのか。 ヘリオス(4593) 当選 はは。前評判のよろしくないヘリオス当選しました。 【申し込み証券会社】 SBI証券・・・落選 大和証券・・ …

スポンサーリンク

おんなの結婚と離婚site

記事検索

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

最近1ヶ月の人気記事