海外旅行

子連れ海南島旅行 親子3名7泊8日12.5万円なり

投稿日:08/05/2017 更新日:

海南島行ってきました!海南島!!

いやー、想像以上にハワイでした。

海が本当に綺麗!!

たぶん本物のハワイもこんな感じなんでしょう。(←海がね

色々と海南島情報を書いていくつもりですが、今回は旅の報告としてまず金銭面の報告をしたいと思います。

海南島までの移動費 4人で108,860円

厦門航空関空(飛行機)→厦門(飛行機)→海口(列車)→三亜 という移動方法でした。

航空券 96,315円

大人 × 2 ¥60,330
こども × 2 ¥40,024
割引       -¥4,039
—————————–
合計        ¥96,315

中華系の航空機は子供料金を設定してくれているので助かります。
今回利用するのは、厦門航空です。

列車 12,545円

美蘭 – 三亜 2等席の往復
7,843+7,764=15,607

クレジットの引き落としで子供料金に変更されているのを確認しました。

6305円+6240円=12,545円

Ctripを使って予約しました。(Ctripを使った中国国内列車(火車)の予約方法参照)

ホテル代 41,558円

厦門(1日目)5,552円(2部屋)

三亜(2~6日目)30,442円(1,840元・一部屋)

厦門(7日目)5,564円(2部屋)
—————————–—————————–

合計 41,558円

 

三亜では初の民泊を利用しました!

初めはホテルを予約していたのですが、プール付きとなるとやっぱりそれなりのお値段になります。

今回は思い切って、Ctripを利用して民泊を利用しました。

三亜 民泊

まぁ、部屋は中国レベルなので「日本レベルの清潔度と設備」を基準にすると(かなり?)ちょっと劣ります。

しかし、ダブルベットの寝室が3部屋と自由に使えるプール(別料金 大人20元 子供10元)、そして大東海という砂浜まで徒歩3分の立地で一泊6,000円ならゼニー簿としては良かったと思っています。

特に洗濯機が備え付けられていたので、いつも最小限の服で手洗いをしている身としてはかなり助かりました。

三亜 民泊

ただ中国語が話せないと、ちょっとハードルが高いかもしれません。

今回受付みたいなところか玄関に案内表示でもあるのかと思っていたのですが、実際は現地で電話をかけて連絡を取るスタイルだったようで、中国で携帯を持っていないゼニー簿はちょっと困りました。(苦笑

親切なお兄さんに携帯を借りて、民泊のお兄さんにロビーまで迎えに来てもらい(事務所はマンションの一室)なんとか宿泊することができました。

滞在費 50,213円

ワンタン現金両替(関空にて) 4,891円(280元)

クレジット・カードキャシング 42,311円(2600元)

銀聯カード 3,176円

—————————–—————————–

合計 50,378円

民泊なので朝食はついていません。

しかし、海南島は中国南部なので朝食も広東スタイル。朝は安いのに美味しいワンタンを朝食にすることが出来た分、滞在費はかなり抑えられました。

三亜で大きなプールに一度行ったのですが、これが高かった(4人で6,000円)のが滞在費を押し上げています。

期待して行ったのに、プールの施設の半分を稼働させておらず、なんだかやられた気分でした。コレがなければ、44,000円で済んだのに・・・。

三亜

海南島旅行7泊8日 4名合計203,693円

海南島移動費 108,860円
ホテル代 41,558円
滞在費 50,378円
—————————————
合計 200,796円

ゼニー簿家のみの旅費予定

航空券代 67,189円
汽車  8,643円
ホテル代 20,779円
滞在費 25,189円
—————————————
合計 121,800円

宿泊費を押さえることが出来たこともあって、12万円台で終えることが出来ました。

安いのか高いのか?と聞かれると、結構安かったと思います。

2015年のシルバーウィークは上海4泊5日で13万でした。(子連れ上海旅行 GW5日間親子3名16万円なり

物価が高くなったとはいえ、上海に比べれば厦門も海南島もまだ田舎なので安めの印象です。

同じぐらいの航空券代を払うなら、上海より絶対に海南島のほうが楽しめますね。(移動は面倒くさかったですが。笑

とにかく約20年ごしの憧れの海南島にやっと行けたことが嬉しかったです。

本当に海がきれいなところでした。

 

-海外旅行
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

sinh-touristバス予約

【ベトナム旅行】The Sinh Tourist 長距離バスの予約方法

7月にベトナム旅行を計画しています。 ムイネーというビーチリゾートを手軽に楽しめるところをメインに計画しています。 サイゴンからムイネーにはツアーバスを利用するのが一番便利です。 今回はベトナムで老舗 …

海南島

中国のハワイ!?海南島三亜のおすすめ観光スポット

海南島 三亜のおすすめスポットをご紹介します。 目次1 ビーチ(大東海)2 プール3 三亚宋城旅游区4 珠江南田温泉5 三亜は海とプールさえあればいい ビーチ(大東海) 三亜には他にも亜龍湾、三亚湾と …

子連れ上海旅行 外灘夜景

子連れ上海旅行 GW5日間親子3名16万円なり

いやー、ビックリしました。 中国の物価の高さに。 5月に出張で久しぶりに上海には来ていたのですが、 自分でお金を出す機会がほぼなかったため、全然物価の高さを実感できてませんでした。 今回の旅行で、自分 …

子連れ機内グッズ

子連れ旅行の極意(機内持ち込みグッズ紹介)

子連れで海外旅行に行くというと、 たいがい「飛行機でじっとしてられる?」と聞かれます。 飛行機の中は逃げ場がないので、その時間をどうすごせばいいのか 親にとっては結構恐怖ですよね。 うちなりの子連れ旅 …

クレジットカードが使えない中国出張には「中国銀聯カード」は必須!

中国のレストランや買い物で、クレジットカードを出しても使えないことが多いって知ってました? 外国人の多い高級ホテルは別ですが、日本のクレジットカードは中国の決済システムでは使えないのです。 目次1 中 …