教育・子育て

教育費に必要な平均貯金額

投稿日:01/07/2015 更新日:

ゼニー簿家も、二人の娘がいます。
自分が出してもらったので、大学までは出してやるつもりでいます。
(もちろん、大学へ行ける頭脳があれば・・・ですが。笑)

子どもたちの教育費のために、一体いくらぐらいの金額を貯金しておけばいいのか。
子供がいるご家庭では、私と同じく気になるところではないでしょうか。

現実的な金額を知ることで、節約にも力が入ればと思います。

高校までに必要な教育費貯金は、最低500万円

文部科学省の「子供の学習費調査(平成24年度)」をもとに調べてみました。
この表に書かれている数字は学校で必要な教育費・給食費の他に、
学校外で必要(?)な塾の費用などの合計平均を算出しています。
高校までの学習費総額

高校まで全部公立に通わせたとしても、最低500万は必要になるようです。
私立ならその3倍以上の1600万円!!!(高い!)

しかし、文部科学省の「子供の学習費調査(平成24年度)」によると、
高校生の通塾率は公立高校で33.8%、私立高校で37.3%で、
3人に1人しか塾や予備校に通っていないようです。
ですので、大学進学が前提となると、この金額よりも高くなると思います。

大学受験の塾・予備校にかかる費用の目安は年間40万~100万円といわれているので、
大学に行かせる前提であれば、最低でも500万にプラス予備校代100万の600万は必要ですね。(イタイ・・・

保育料金が実は一番高いです

あと、この表だと幼稚園3年で65万円になってますが、
ゼニー簿の長女が保育所に通うために支払った総額は5年で210万ほどですね。(爆
もちろん保育料は家庭収入に比例しますので、今のシングル収入なら、たぶん総額120万ほどだと思います。
それでも、高いですね。小中高どの年代よりも、保育代金が高いですよ。絶対。

なので、長女に実際にかかった金額+かかる金額は高校まで、740万です。

大学にかかる金額 最低250万円

こちらも、文科省のデータをまとめたものです。
実際は、選ぶ大学や学部によって大きく差が出てくるので、あくまで平均値として考えて下さい。
医大とかになると、この金額では済まないですね。通う年数も違いますから。

区分入学金施設設備費授業料合計
国立大282,0002,143,2002,425,200
公立大397,7212,151,4282,549,149
私立大文系246,749160,0192,969,9123,376,680
私立大理系265,595187,2364,172,8484,625,679

 

国公立や公立大に行ってもらえると、250万ほどで済むようです。
うちの子は・・・どうでしょう。
私の遺伝子で高望みするわけにも参りませんので、
私立大理系(親として理系希望。笑)だと460万です。

大学まで行かせるなら、一人1000万の預金が必要!

まぁ、目安としては一人の子供を大学まで行かせると決意するならば、
1000万の預金をしておく必要があるということです。
(この金額を知ったら、産めなくなる人もいるかもしれませんね。苦笑)

実際一人1000万貯めてから産む人はいないでしょうから、
子供がいるならコレを目安に貯金と節約に励む目安にして下さい。
(独身の方、将来が怖くなったらごめんなさい。)

ゼニー簿家の場合

長女の場合(親の勝手な希望です。現実とは異なります。笑)

高校まで公立 600万円-(すでに経過した金額1,559,363円)=440万
私立大学(理系)500万円   合計940万円

次女の場合(親の勝手な予想です。現実とは異なります。笑)

高校まで公立 600万円-(すでに経過した金額38万円)=560万円
私立大学(文系)330万円   合計890万円

二人合わせて、これから約1830万の資産が減る計算です。(涙

小学校までが貯め時です!

子供の可能性を伸ばしたいと考えて小さい頃から幼児教育や習い事に
通わせたいと思う親心は、よーーーーーーーーーく分かります。
ありますよね。右脳教育の七◯式とか・・・。
でも、その出費はアナタの収入と見合ってる金額ですか?

中学高校ともなれば嫌でも塾や予備校に通わせないといけなくなり、
教育費がかさんでいくのです。
小学校までの小さい時期が、教育資金の貯めどきです。

小さい頃に無駄にお金をかけるよりも、
将来を見越して教育資金を貯めてあげていることのほうが
大人になって奨学金のローンを背負わされるよりも、
いいのではないでしょうか?
(お金持ちは別ですよ。ジャンジャン使って下さい。笑)

小さい時は公園に行って遊んで、絵本を読んであげることで十分な気がします。
そして、がっちりと節約して、将来かかる教育費に備えて貯金する!
私も子供が小さい今が貯めどきだと思って、頑張ります。

-教育・子育て
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

小学生のスタディサプリの評判と口コミは?メリットと親が注意すべきこと

小学生のスタディサプリの評判と口コミは?メリットと親が注意すべきこと

中学校入学前に自分で勉強をすすめるスタイルを確立させようと「スタディサプリ」で勉強を始めさせることにしました。 スタディサプリは何教科利用しようが、何時間利用しようが月額980円(税抜)のオンライン動 …

lenovo c260

誕生日プレゼントは一体型PC 32,800円也。USBメモリで節約高速化を図る!

あと1ヶ月ほど先なのですが、子供の誕生日にパソコンを購入しました。 実は誕生日には「DSが欲しい」と言われたのですが、 「DS買うぐらいなら、パソコンのほうがいいんじゃない?」と助言すると 「え?パソ …

子育て

保育料が下がりました

今日、9月からの保育所の利用負担額決定のお知らせが来ました。 今まで、通常保育料金10,000円と延長保育料金5,000円の 合計15,000円を支払っていました。 突然のお知らせで、なんと9月から保 …

小学校入学式の準備とグッズ

親から言わせて!喜ばれる小学校入学祝い6選

ゼニー簿家の次女も今年小学校入学です。 子どもがいない方は、「小学校の入学のお祝いなんて何を送ればいいの?」と 結構悩むことが多いようですので、 今回は親目線からのもらって嬉しい小学校の入学祝いを紹介 …

子どもの散髪!ホームカットで節約するためのおすすめ商品

子どもの散髪!ホームカットで節約するためのおすすめ商品

1000円カットが増えてきた世の中、散髪代も節約しようと思えばかなり節約できる時代になりました。 ゼニー簿自身もカット1500円の美容院で髪の毛を切ってもらっています。 でも、安くなったとは言え、子供 …