お金の貯め方を知らない人

気を使いすぎる男(お金の貯め方を知らない人)

投稿日:22/08/2015 更新日:

勝手にシリーズ化させておりますお金の貯め方を知らない人第7弾。
今回は、自称元ヒモ男の同僚男性のお話です。

直接仕事に関係のない同僚へも気配りがスゴイ

見習うべき点でもあるのですが、この男とにかく気配りがスゴイ。
直接仕事に関わりのない部署である私にもやってくるのだから、
直接仕事に関係のある人にはもっとすごいのであろうと想像できます。

例えば・・・
ある日は、「今日はすごい素敵なワンピースで似合ってますね。かわいいです。」との
どこからどう聞いてもお世辞をさらっと言ってくる。
さすがにこれは、嘘だと分かるようなお世辞なので
「ほんまに?ほんまにかわいいと思っていうてんねんな?」と聞く(脅す?笑)と、
お茶を濁す。

ある日の電話では「すごい可愛い声だから、20代の女性に聞こえました。」
とまたまたウソばればれのお世辞。
すかさず「ほんまに聞こえてんな。20代だと思って付き合えるぐらいやった?」と聞くと、
「すいません。嘘つきました。」との返事。(爆

さすがに、「それはウソやろ」というお世辞を言ってもらって喜ぶほど
若くもバカ素直でもありません。
っていうか、嘘とわかるお世辞はあまり気分がよいものではありません。
彼も「このオバハンには、お世辞が通じない」と悟ったらしく、
手法を替えてきました。

男性とオバハンには、差し入れ手法(笑

彼が考えたお世辞が通じない相手への気配りは、これ。
「この前食べておいしかったんで」とコンビニのチョコレートをサッと渡してくれる。
またある日は、「これ、嫁さんが飲んでて好評だったので」と飲み物を差し入れ。(笑

悪いなとは思いつつ、「いや、いいよ。悪いから。」と好意を無下にもできないので、
ありがたくいただき、「めっちゃおいしかったわ」と感想を述べるようにしています。
まぁ、美味しいものをくれる相手を無下にはできない。(爆
彼の戦略勝ちですね。あっぱれ!元ヒモ男。

でも、この日飲み物を差し入れた同僚は3人。
一人150円として、自分も入れて4人で600円。
その他、店舗スタッフなどの同僚には閉店の後にビールなどを差し入れて
プチ飲み会をやっているらしく、その事を考えると
少なく見積もって、1週間で2500円は使ってます。
1ヶ月で、1万円は気配り代として使っている計算になります。
実際は、もっと使っていると思われます。
(若い女性には誕生日に花束を送ったと報告有り。笑)

たぶん、2万ぐらいは使ってるでしょうね。
彼の噂を統合すると。

その甲斐あって(?)、大概の場所での評判はそこそこいいようです。
特に店舗スタッフの若者には人気があるようでした。
まぁ、一般の部下を持つ人を使う的立場の人なら、飲み代を出すなど
一般的な金額かもしれませんが・・・。
そんな上の立場ではない彼の場合はどちらかというと、自分の居場所(派閥)を
作ろうとする上での行動のようです。

お付き合い代をケチりたくはないが、やり過ぎはしんどいのでは・・・

彼の給料額をしらないので想像では有りますが、
現職場では基本的に給料が低いので、そんなにもらっているとは思えません。
私以上にもらっていて額面月30万としても、手取り25万ほど。

私もお付き合い代だけはケチりたくはないと思いますが、
子供3人を持っているのに、付き合い代に2万円を使っていたら、
正直しんどいのでは?と思います。

それにちょっとやり過ぎ感が否めません。
正直、人間関係をお金で買うようなやり方が濃すぎるでないかい?と思います。

気を使いすぎる男・・・費用対効果がどれだけあるのか
今後観察していきたいと思います。(笑

【関連記事】
自称節約家の女(お金の貯め方を知らない人)
ポイントを貯めこむ女(お金の貯め方を知らない人)
年金を払わない女(お金の貯め方を知らない人)
ダイエットにつぎ込む女(お金の貯め方を知らない人)
交際費をケチる女(お金の貯め方を知らない人)
毎日コンビニに行く男(お金の貯め方を知らない人)
気を使いすぎる男(お金の貯め方を知らない人)
機会費用が計算出来ない男(お金の貯め方を知らない人)
闇金からお金を借りようとする男(お金の貯め方を知らない人)
ダラダラ過ごすためにもお金を払う人(お金の貯め方を知らない人)
有料会員になりたがる人(お金の貯め方を知らない人)

-お金の貯め方を知らない人
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

交際費をケチる女(お金の貯め方を知らない人)

人気シリーズ(?)お金のたまらない人第5弾です。 第3弾でご紹介した「年金を払わない女」、 第4弾でご紹介した「ダイエットにつぎ込む女」と同一人物です。 彼女の逸話の最終回になります。 彼女は常に「お …

銀行にとられる手数料を意識しない人(お金が貯まらない人)

銀行にとられる手数料を意識しない男(お金が貯まらない人)

銀行の手数料に意外と無頓着な人多いような気がします。 引出し手数料や振込手数料にかかる金額は100~400円と少額に感じるのかもしれませんが、それが続くと大きなお金になっていることに気づかないのでしょ …

快活クラブ

ダラダラ過ごすためにもお金を払う人(お金の貯め方を知らない人)

テレビで「快活クラブ」なるものが流行っていると知ってびっくりした。 快活クラブは、インターネットカフェにカラオケ、ビリヤード、ダーツなどの アミューズメント施設が合体したものらしい。 しかも、ファミレ …

毎日コンビニに行く男(お金の貯め方を知らない人)

勝手にシリーズ化させておりますお金の貯め方を知らない人第6弾。 今回は、初めて男性の登場です。 先日、めでたく左遷していただきまして(過去ブログ「祝!左遷されました!」) 会社の持つ店舗に行くことが多 …

cookpadプレミアム会員

有料プレミアム会員登録は便利だけどお金を垂れ流す(お金の貯め方を知らない人)

ネットの世界は本当に便利になっています。 残り物で何か作りたかったら「つくれぽ」 近くの美味しいレストランが知りたかったら「食べログ」 当日または翌日に商品を手に入れたかったら「amazon」 動画を …