価値観・人生観

結婚しない幸せもある!男がいない幸せを考えようよ。

投稿日:21/12/2016 更新日:

離婚

東洋経済新聞ONLINEの記事
「子どもが不幸になる再婚」は避けるべきだ」を読んで
同じシングルマザーとして寂しさからくる弱さを感じました。

【記事抜粋】
3年前に夫の店が倒産したのがきっかけで、子ども2人を引き取りシングルマザーとなりました。

同じ店で働く、同じく子持ちでバツイチと付き合っています。

2人の子供たちは私が幸せならばと、付き合う事は了解しています。

今の彼はもともとヤクザの組長で、背中に大きな入れ墨があります。幼少期から男手ひとつで育てられ、貧乏だったというのも口癖です。私は気になりませんが、妹は反対しています。

私とは育った環境がまったく違うから惹かれるのか、彼と離れられません。

彼は亭主関白で、たまに私は奴隷なのかと思う事もありますが、あからさまな暴力はありません。しかし一度怒ると収まりがつきません。

普段は幸せですが、ただ実家の親のところへ年に数回帰るたびに良い顔はせず、別れ話になるほど怒ったりします。
彼の中3の娘もいますし、私の2人の子どものためには別れた方がいいと頭では分っているのですが、年がいもなく、なかなか決心がつきません。子どもたちが家庭をもち、私が一人きりになるのがとても怖く、悩んでいます。

もうこの質問で、この男のいい所が一つもない!
分かることは、ただ彼女が「一人になる」怖さ故に、
ダメ男に利用されようとしていることに気づいていないことです。

ダメ男と推察されるポイントは文章からでもいくつか読み取れます。

  1. ヤクザの組長で、背中に大きな入れ墨
    ヤクザをやるようなやつにろくなやつはいません。
  2. 彼は亭主関白で、たまに私は奴隷なのかと思う
    家で大きな顔をしたがる男は自信のない証拠。
    奴隷なのかと思うぐらいなら、それはDVと同じです。
  3. 一度怒ると収まりがつきません
    DV男の典型です。こうやって少しずつマインドコントロールしていくのです。
  4. 実家の親のところへ年に数回帰るたびに別れ話になるほど怒ったりします
    なぜ自分の親に会うのに怒られないといけないのか、
    いつでも自分を一番にしてほしい幼稚性が見えます。

自分の幸せより、子供の幸せを一番に考えて欲しい。

「子供のためには別れた方がいい」と自分でも分かっているなら
絶対にやめたほうがいいです。
どうやったって幸せが待っているとは思えないからです。

でも、シングルマザーはこの手の男にひっかかりやすいような気がする。
それは、なぜか?

「一人になるのが怖い」んですよね。

でも、1人ってそんな怖いものじゃないと思います。
人間いつかは死ぬし、結婚していたってずっと誰かがいるわけじゃない。
人って本来孤独なものだと思います。
たとえ結婚してたって「孤独」なんです。
離婚しているならその「孤独」が一番わかっているはず。
結婚して一緒に生活して、子供が出来たって分かり合えないことはある。
裏切りだってある。
だから、離婚になる。
孤独は誰かと一緒にいれば(結婚すれば)埋まるなんて妄想だと思います。

一人になるのが怖いひとは、結婚したって幸せになれない

一人になる「孤独」に耐えられない人は、
結局結婚しても相手に頼ることでしか生きられない。
自分の人生を人に頼って幸せになろうなんて思ってる人が
人を幸せにできるはずないし、なれない。

ただダメ男に付け込まれるだけです。

まず、孤独から開放されたいなら、「自立」することを考えたほうがいい。
とゼニー簿は思ってしまいます。

とはいえ、私も周囲からよく言われます。
「1人じゃ寂しいでしょ。」
「子供が大きくなった時、1人じゃ寂しすぎますよ。」
「彼氏でも作ったらどうですか?」等々。

ほっとけっちゅうねん。
私は全然寂しくない。
「女が1人」は「寂しい人生」なんて、誰が決めたんでしょうか。
そういう決めつけが、弱い女性を追い込むんじゃないかと思います。

あー、今日はなんか語ってしまいました。

-価値観・人生観
-, , , , ,

執筆者:


  1. ひろ より:

    松居さんの記事から流れて、読み入ってしまいました。

    「孤独は誰かと一緒にいれば(結婚すれば)埋まるなんて妄想」
    「まず、孤独から開放されたいなら、『自立』することを考えたほうがいい。」
    至言ですね。常に忘れないようにひたいにマジックで書いときたいですw

    妄想で失敗したまさに経験者のくせに、老後ケンカしながらもなんだかんだと賑やかに一緒に過ごす老親を見てると「ああいうのが一番なのか」とたまに気弱になる自分に喝を入れてもらった気分です。…これだけ今自由を謳歌してるくせにw

    • ゼニー簿 より:

      ひろ様

      旅行に行ってたため、お返事遅くなりました。

      ひたいにマジックって。(爆

      ひろさんの気持ち、分かりますよ。老いた時を想像すると気弱になっちゃうんですよね。
      でも、よく思い出して下さい!老体に鞭打って、男の世話をして幸せになれるのかって。(笑
      隣の芝生は青く見えるものです。せっかく手に入れた自由をもっと謳歌しましょうよ!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

グラフで見るおばさん化

おばさんは有益な人的資本?

前回の記事「女であるコストとメリットが折り合わない(おばさん化を科学する)」の続き。 NHKのオイコノミアでは、おばさんは有益な人的資本であり、 経済的にはおばさんになることは悪いことではないというこ …

節約的ミニマリストが勝手にすすめる「要らない断捨離リスト」

節約的ミニマリストのゼニー簿です。 雑誌や本で紹介されるような病的な(失礼!)ミニマリストではありませんが、 子供を含む3人家族にしてはモノは比較的少ない家庭です。 ミニマリストになることで自然に買い …

お墓の維持管理費は負の遺産!「納骨」を選んだ母に感謝する3つのこと

ゼニー簿の母は、 訳の分からない癌の民間療法に一千万ちかくを支払っていたり(死後に発覚)と あまり誇れるものとは言い難い最後でしたが、 お墓を買わずに「お寺への共同納骨」を選んでくれたことには 子供と …

離婚

男性必読!女性の気持ちが分かる秘訣

日経新聞の記事に、すごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーく共感できる記事があったでご紹介します。 「パパ必読、ママの気持ちが手に取るように分かる秘訣」です。 さて、問題です。こんな女性の呼びかけ …

子育て

節約も大切だけど、今を楽しむことも大切だと思う

学生時代お世話になっていた先輩が亡くなりました。 本当に面倒見の良い方で、困ったときには誰でも手を差し伸べる姿は 私には真似出来そうになく、いつも憧れていました。 そんな彼女の突然の死。 まだ、下の子 …

スポンサーリンク

記事検索

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

最近1ヶ月の人気記事