価値観・人生観

男性必読!女性の気持ちが分かる秘訣

投稿日:29/04/2015 更新日:

日経新聞の記事に、すごーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーく共感できる記事があったでご紹介します。
パパ必読、ママの気持ちが手に取るように分かる秘訣」です。

さて、問題です。こんな女性の呼びかけになんて答えていますか?

以下、日経新聞から抜粋。アナタは、どんなふうに答えていますか?
【シチュエーション1 家で】

(1)ママ: 「最近、(外に)食事に行っていないわよね……」
あなた: 「そうだね」

(2)ママ: 「パパ、おなかすいてない?」
あなた: 「うん、大丈夫」

(3)ママ: 「ゴミ出し、できる?」
あなた: 「今はちょっと忙しいなぁ」

(4)ママ: 「これ、私が片付けちゃっていいかな」
あなた: 「お願いするよ」

【シチュエーション2 買い物などで】

(5)ママ: 「足、疲れていない?」
あなた: 「これくらいじゃ疲れないよ」

(6)ママ: 「(家庭用品などを見て)これ、あなた、欲しくない?」
あなた: 「大丈夫だよ」

あるあるーーーー。全くもってこの悪い模範解答のような答えは、私の元旦那が書いたのかと思いました。(爆

「女性独特のえん曲表現」らしいが、これはお気遣い表現だと思う

女性特有のえん曲表現らしいです。
いや、女性から言わせてもらうと(←おまえは女性代表かよ)、これは「お気遣い表現」だと思います。
では、ゼニー簿的なココロの心情をご紹介します。

(1)ママ: 「最近、(外に)食事に行っていないわよね……」
心のなか→たまには外で食わせるか、休みの日ぐらい食事をつくる気遣いはないんかいっ!
あたしだって、たまには自分以外の人が作ったもの食べたいっちゅうねんっ!

(2)ママ: 「パパ、おなかすいてない?」
心のなか→めっちゃ腹減って死にそうや!早くしてくれ!(たぶんマックスにイラツイてる)

(3)ママ: 「ゴミ出し、できる?」
心のなか→家事全然せえへんのやから、ゴミぐらい出せるやろ。やろ?ほんま、ちょっとは手伝えや。

(4)ママ: 「これ、私が片付けちゃっていいかな」
心のなか→おい!いつになったら自分で片付けるねん。もう3日も出しっぱなしやんけ。いい加減にせえ。

(5)ママ: 「足、疲れていない?」
心のなか→めっちゃ足いたいわ。ちょっとマッサージぐらいしてよ。

(6)ママ: 「(家庭用品などを見て)これ、あなた、欲しくない?」
心のなか→買ってええやろ?これめっちゃ欲しいねん。ええよな?な?

このように心のなかの心情をそのまま口に出すと喧嘩になると思うので、相手を気遣いあえて優しい表現にしているのです。それが男どもは分かってない(全員とは言いません)のよね。
こっちは気遣いながら遠回しに言ってるのに、お前は気遣いないんかい!ってことで、最終的に女性の気持ちがだんだん男性から離れていくのだと思います。

思い当たるフシがある男性は、女性の気遣い表現の裏を読むように心がけて下さい。
私の元旦那みたいになりたくなければ。(笑

-価値観・人生観
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

離婚

稼ぎがいいのに、最低限の生活費を強要するのは・・・

会社の上司に家賃を除いた1ヶ月の生活費がいくらかと聞かれました。 毎月、このブログで家計簿を公開していますが、 それは匿名だからできることで、 知り合いに家計簿を公開する筋合いは全くありません。 我が …

グラフで見るおばさん化

おばさんは有益な人的資本?

前回の記事「女であるコストとメリットが折り合わない(おばさん化を科学する)」の続き。 NHKのオイコノミアでは、おばさんは有益な人的資本であり、 経済的にはおばさんになることは悪いことではないというこ …

てるみくらぶ利用者を笑えない・・・安さに飛びつき失敗した体験談と教訓

てるみくらぶ利用者を笑えない。安さに飛びつき失敗した体験談と教訓

てるみくらぶのニュースが連日飛び交っております。 せっかく楽しみにしていた旅行を台無しにされた利用者は辛い思いをされていると思うのですが、「安さに飛びついた」ことに対しては一度反省するべきかもしれませ …

離婚

優しすぎる男は、2つのタイプに分けられる

節約や投資とは全く関係のない話です。 目次1 優しすぎる男には、理由があると思う2 自分の冷たさを隠しているから、優しすぎる3 優柔不断という優しさ4 ○○すぎる男には、気をつけた方がいい 優しすぎる …

マネーセンス倶楽部アイキャッチ

母の節約を思い出し、メリハリが大切だとつくづく思う。

昨日の記事「節約も大切だけど、楽しむことも大切だと思う」を書いていて、 母のことを思い出しました。 母も節約家で、悪く言うとケチでした。 中高とお小遣いさえ、ほとんどもらったことがありません。 金額を …