均等型インデックスバランスファンドは良い商品ですか?の回答 - 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




投資

均等型インデックスバランスファンドは良い商品ですか?の回答

更新日:

均等型インデックスバランスファンドは良い商品ですか?の回答最近立て続けに、「均等型のインデックスのバランスファンドは良い商品か?」という質問がありました。

※ご質問いただいたのは、1の「iFree 8資産バランス」と2の「ニッセイ・インデックスバランスファンド」についてでした。

今回は、この問題についてお答えしたいと思います。

均等型インデックスバランスファンドとは?

お金を増やすにはなぜ「投資」が必要なのか

均等型インデックスバランスファンドとは、資産を「均等に」インデックス型商品に投資する投資信託のことです。

現在ある投資信託で、この均等型インデックスバランスファンド(信託報酬0.5%以下のみ紹介)は

  1. iFree 8資産バランス(信託報酬0.23%)・・・ 世界各国(日本、先進国、新興国)の株式、債券と日本、先進国のリートの8資産に12.5%ずつ均等投資する
  2. ニッセイ・インデックスバランスファンド(4資産均等型)(信託報酬 0.34%) ・・・ 日本と先進国の株式/債券の基本4資産に25%ずつ均等投資する
  3. ノーロード明治安田円資産バランス (信託報酬0.43%)・・・ 日本株式、日本債券、日本リートに1/3ずつ均等投資する
  4. eMAXIS バランス (4資産均等型)(信託報酬 0.50%) ・・・ 日本と先進国の株式/債券の基本4資産に25%ずつ均等投資
  5. eMAXIS バランス(8資産均等型) (信託報酬0.50%)・・・ 世界各国(日本、先進国、新興国)の株式、債券と日本、先進国のリートの8資産に12.5%ずつ均等投資

 

均等型バランスファンドがいい商品か?

均等型バランスファンドが「良い」か「悪い」かは、それぞれの基準によって違います。

人によって良いファンドの基準が違う

<リス子さん>低コストが基準

リス子さんは良いファンドの基準を「低コスト」にしている。

低コスト派にとってバランスファンドはいいのでしょうか?

それぞれの資産クラスで最低コストの信託報酬料を抜き出して、表にしてみました。

8資産均等型 4資産均等型 国内均等型
国内株式 0.1944% 0.1944% 0.1944%
国内債券 0.1512% 0.1512% 0.1512%
国内REIT 0.2700% 0.2700%
先進国株 0.2160% 0.2160%
先進国債券 0.1836% 0.1836%
先進国REIT 0.2916%
新興国株 0.3672%
新興国債券 0.2376%
平均 0.2469% 0.1872% 0.2052%
判定 iFree 8資産 自分で組む方が安い! 自分で組む方が安い!

自分で最も安いインデックスファンドを組み合わせて8資産均等型を作ったとしても、コスト面では「iFree 8資産バランス(信託報酬0.23%)」にはかないません。

そう考えると、低コストの均等型インデックスファンドを求めているなら、「iFree 8資産バランス(信託報酬0.23%)」は「良い」投資信託です。

4資産均等型、国内均等型の場合は、自分で分散させて購入したほうが低コストになることがわかります。(ただし、手間はかかりますよね)

<等子さん>均等分散が基準

等子さんは、とにかく均等に分散投資がしたいのですから、どのファンドもとても魅力的であり「良い」投資信託です。

しかし、信託報酬が高いものは避けたほうが良いでしょう。

<安全さん>低リスクが基準

安全さんは、投資初心者で低リスクが良い投資信託の基準になっています。

均等型バランスファンドは、分散投資という意味ではとてもいいことです。

また、信託報酬も低く抑えられた商品もあって、【均等に】投資したい人にはとてもいい商品だといえます。

しかし、低リスク重視派の安全さんにとっては、【均等に】分散されているのかが良いのかどうかです。

これは次の章で説明します。

分散投資で注意するべき点

3つのインデックス投資信託はそれそれ想定リターンとリスクが違います。

期待リターン リスク
国内株 6.00 18.04
先進国株 6.00 19.51
新興国株 8.00 26.99
国内債券 1.00 2.00
外国債券 1.00 10.00

楽天証券(山﨑元「本音の投資教室」)より抜粋

これから分かることは以下です。

  • 新興国株はリスクが高い
  • 外国債券はリターンが少しなのにリスクが高い

このことから、投資初心者<安全さん>は下記の点に注意すべきです。

投資初心者<安全さん派>は、新興国株と外国債券の比率は下げよう!

投資初心者<安全さん>はどうすべき?と考えられるでしょうか

  • 新興国株の比率は下げる
  • 外国債券の比率は下げる
    (期待リターンが同じでリスクがデカイことを考えると国内債券のほうが良い)

この2つのポイントを考えると、株式と同じ比率で「均等に」新興国株や外国債券に投資するバランスファンドは、<安全さん>には「悪い」投資信託です。

「均等」だからといって安全ではない

バランスファンドは他にもたくさんあるのに「均等型」の投資信託の質問が多いのは、初心者にとって「均等」に分散させることに安心を覚えるのかもしれませんね。

分散投資を考えている事自体はとてもいいことなのですが、「均等」に分散させることについてはよく考える必要があります。

自分が負えるリスクの許容範囲を考えた上で、投資信託を選ぶようにしましょう。

どの割合で分散させるかを自分で考えることも大切なことです。

それに、基本的に自分でアセットアロケーションを組むほうが低コストですよ。









-投資
-

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.