自動車保険解約の可能性があるなら月払いで節約 - 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




節約

自動車保険解約の可能性があるなら月払いで節約

更新日:

車

車を手放すべきなのか・・・・

まだ、車を手放すかどうか迷っているゼニー簿です。
車を手放し、カーシェアリングを利用して節約を考えていることを、以前のブログでも紹介したのですが、
まだ踏ん切りがついてません。
(結局カーシェアを利用して車なし生活で節約に成功しています。
詳しくは「車維持費22万円!タイムズカーシェアを利用して21万円の節約に成功」)

それにもかかわらず、迫ってくる自動車保険の更新日。(苦笑

手放す決断ができた時に、自動車保険料が戻ってこないなら、節約家として本末転倒です。
自動車保険料解約時の返金について調べてみました。

短期率計算の保険会社は返金率が悪い!

下記はSBI損保とアクサダイレクトの短期率計算の返金率ですが、たぶん短期率を採用している保険会社は同じようなものだと思います。
たった1ヶ月しか経っていなくても、75%しか返ってきませんよね。短いほど損する仕組みです。

短期率計算の保険会社の返金率

解約を前提に契約をするなら、保険会社の返金率を調べる必要があると思います。

自動車保険解約の可能性があるなら月払いで!

一括払いより保険料が高くなってしまいますが、
月払いが可能な保険会社なら、均等割の確率が高くなるようです。
アクサダイレクトも月払いの場合は、「別途の計算が適用(詳しくは不明)」と書かれていました。

意外と月払いをしてくれる保険会社は少なく、6社しかありません。
アクサダイレクト、ソニー損保、アメリカンホーム・ダイレクト、三井ダイレクト、チューリッヒ、おとなの自動車保険です。

私も月払いで「おとなの自動車保険」に契約しました。

おとなの自動車保険は良心的!

おとなの自動車保険は月払いがあるなしの前に、候補に入れていました。
理由は、保険料が単純に安い。個人賠償特約が500円でつけられる点でした。

支払額は一括払いより、年間で3000円ほど高くなりましたが、解約のことを考えて月払いで契約。月3000円の支払いです。
一括で支払うより、月のコスト意識が高まるので、メリットも有りますよね。
でも、後日契約してから詳しく調べてみると、一括払いでも「おとなの自動車保険」は均等割計算のようでした。

大人の自動車保険返金率

大人の自動車保険返金率

なんて良心的!!それなら、一括払いでもよかった・・・とちょっと後悔ですが後の祭り。
本当、契約書はよく読まないとダメですね。反省。

皆さんも更新の際には、契約をよく見て下さい。











-節約
-

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.