シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




投資

チューリップ・バブル再来?知名度上昇でどうなる「ビットコイン」

更新日:

最近は仮想通貨取引所のテレビCMを
よく見るようになりました。

テレビCMの効果なのか
投資と無縁の人たちにも「ビットコイン」という
名前が浸透してきたようで、知名度が急速上昇中。

17世紀にあったという「チューリップ・バブル」のような
結末を迎えないことを祈るばかりです。

子どもたちにまで「ビットコイン」が浸透

お金の話を家でもよくするゼニー簿ですが、
「ビットコイン」の話は家ですることはありませんでした。

なぜなら自分自身がすべてを理解できていないからです。

自分がしっかり理解できていないと
子供が分かりやすいように説明できないんですよね。。。。

そんな中、コインチェックのCMで
出川哲朗氏が「なんでビットコインはコインチェックなの?」と
連呼しているせいなのか、
子どもたちにビットコインのことを聞かれるようになりました。

そして一番ビックリしたのは
長女の学校の自主勉強(興味のあることを調べる)で
「「ビットコイン」についてまとめた」と言われたことでした。

えぇ!?自主勉強でビットコイン!?

まじすか?

投資をやらない同僚まで口座開設した

普段は株や投資信託にも興味を示さなかった同僚に
いきなり「ビットコイン下がってますけど大丈夫ですか?」と
聞かれました。

話を聞くと口座開設したので
仮想通貨が軒並み下がっている現在
買うべきか迷っているとのことでした。

「私は怖いので撤退しました。
動きが激しいので、気をつけたほうがいいですよ。」と
伝えたのすが・・・・。

腰抜けなので大暴落で仮想通貨から撤退しました!(一気に老けました)

株に興味がない人まで口座開設させる仮想通貨恐るべし!

ビットコインという名の魔力はすごい力をお持ちなようです。

「チューリップ・バブル」の再来なのか?

個人的に「チューリップ・バブル」の再来のような
イメージをもってしまいました。

【チューリップ・バブルとは】

17世紀の数年間に起きた金融バブル。
ちょっとしたきっかけで珍しい品種が生まれることから
チューリップの球根が高値で取引されることがきっかけで
実態のない投機対象になったことで起こったバブル。

ビットコイン(仮想通貨)は
チューリップ・バブルとの共通点も多いんです。

  • 実態がない
  • 投機対象になっている
  • 一般の人でも手軽に買える
    (口座開設が簡単・クレジット購入可能・投資知識不要)

バブルだと理解して参戦しよう!

とはいえ、ゼニー簿自身も「お祭り」だと
リスクを承知で参戦した身です。

どの仮想通貨が値上がりする?シングルマザー実践の仮想通貨投資

ビットコイン投資に参加することは
悪いことだとは思いません。

一攫千金が狙える
またとないチャンスかもしれません。

ただ値動きが激しく
コイン自体の価値に保証もないビットコインは
実態のある株式投資よりもリスクが高い。

値上がりするかどうかは
「欲しい人がいるかどうか」のみ。

会社の業績や将来性が判断基準となる株とは
全く異なるものです。

これから参戦を考えている人は
くれぐれも「バブルかもしれない」ことを
頭に入れておいてください。

子供まで「ビットコイン」と言い出したことで
ちょっと不安になったので注意喚起です。









-投資
-

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.