電力自由化!一番安く電気を買って節約しよう! - 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




節約

電力自由化!一番安く電気を買って節約しよう!

更新日:

電力自由化4月の電力小売り全面自由化が決まり、
テレビでもSoftBank、eo光、大阪ガス等々がCMを始めてますね。

電気に品質の違いはない。生み出す方法は違うみたいだけど

どこの電気販売会社から電気を買おうが結局はコンセントからくる電気自体に
変化はありません。電圧が違うわけでもありません。

では、何が違うか?
各社の電気を生み出す用法(風力や、火力、原子力等)が違い
電気料金の設定が違います。

電気代が高い人が安くなる料金設定、一律割引、何か(携帯等)とセット契約なら安いなどなど。

私は電気を生み出す方法自体にはこだわりがありません。
原子力反対!なんてことも思っていません。
経済が発展するために必要なら原子力も活用すべきだと考えています。(ただし安全は重要)

ですので、こだわるところは「いくら安くなるのか」この一点に限ります。

電力自由化までは、ちょっとまだ先がありますが
ゼニー簿家ならどの会社が良いのか調べてみました。

会社によっては割高に!自分の最適を見つけよう!

一番わかり易いのが価格コムのサイトです。
済んでるエリアを選ぶと、次のような画面が出てきます。
電力会社比較特に月間使用量は、過去1年の実際の使用料を入れて計算すると
一番実際に近いお得度がわかると思いますので、
過去の電気料金の明細を引っ張り出してきてください。

以前もご紹介した(祝!別居1周年!母子家庭の電気代推移)のですが、うちの電気代はかなり安めです。
そんなうちでも安くなるのか・・・・

ゼニー簿家最安は、HTBエナジー!年間3209円

全然知らない会社だったHTBエナジーという会社が最安になりました。
どうやらハウステンボスで作った電気を売っている会社のようです。

地域電力会社のプランに比べ、基本料金、従量料金が一律で5%割安してくれるようなので
うちのような電気代がもともと安い家庭も年間で確実に5%は節約になるということです。
それに、携帯電話とセット等の加入条件もなく、契約単位も1年毎なので他に安い電気会社が現れたとしても
見直しが1年毎に出来ます。

【ゼニー簿家の場合の電気損得表】

電気小売会社 損得 年間金額 契約単位 備考
 イーレックス・スパーク・マーケティング 節約 1,389 1年 ※価格コムキャンペーン
2000円商品券あり
(商品券分は年間金額から除外)
HTBエナジー 節約 3,209 1年
大阪ガス 節約 259 2年
ミツウロコグリーンエネルギー 節約 180
アイ・グリッド・ソリューションズ 割高 2688 6ヶ月
eo電気 割高 8,146 1年 加入条件あり
ソフトバンクでんき 割高 14,229 2年 加入条件あり

 

ほとんどがネットで契約するだけで終了!

契約自体はどの会社もネットでできるようです。
こんな一手間なことだけど確実に安くなる方法があるのに
知らないと従来の電力会社から買い続ける事になってしまいます。

まだ、電力自由化までは時間があるので急ぐ必要はないですが、
必ずこの一手間を惜しまず、節約につなげましょう!

ゼニー簿は最安だったHTBエナジーがキャンペーンをやったりしないか
もう少し待ってから3月に契約をしようと思っています。

皆さんも絶対に自分の電気料金の見直しを行ってください!









-節約
-

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.