安くて良い!価格で選ぶおすすめ洗濯機 ハイアールJW-K70M - 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




生活全般

安くて良い!価格で選ぶおすすめ洗濯機 ハイアールJW-K70M

更新日:

JW-K70M

12年頑張ってくれたPanasonicの洗濯機が息を引き取りました。(涙

引越したばかりのこの時期に・・・と言いたいところですが、10年以上頑張れば白物家電としては上出来です。

新しい洗濯機は、「価格重視」コンセプトにハイアール7kg洗濯機(JW-K70M)を購入したのでレポートします。

ハイアールとは

ハイアール(海尔集团)は、中国の家電メーカーです。

日本のメーカーが「ビートウォッシュ(日立)」「温水泡洗浄(Panasonic)」など様々な機能をつけて差別化する中、
ハイアール製品は「無駄な機能を排除」することで低価格路線を走っています。

高機能を求める方より、最低限の機能でいいから「価格を安く」という人におすすめです。

今回は7kgの洗濯機(縦型)で価格重視で検索した結果、ダントツの安さだったハイアール洗濯機(JW-K70M)を紹介します。

created by Rinker
¥28,800 (2018/09/23 20:39:56時点 Amazon調べ-詳細)

お急ぎコースは10分で終了!

何より嬉しいのは「お急ぎコース」なら10分で洗濯が終わること!

ゼニー簿は夜に洗濯してしまう派なので、入浴後に子どもを寝かした後、洗濯が終わるまでの間寝れません。

まぁ、テレビを見たり本を読んだり、唯一の一人の時間なわけですが、早く寝たい日もあります。

でも、洗濯が終わらない限り寝れない・・・・。今までの洗濯機なら、通常で60分、お急ぎコースで30分かかっていました。

それが、10分で終了!!夢のようです。(笑

標準コースでも36~41分と、かなり洗濯時間が短縮されています。

今のところ10分の洗濯でも何も問題ありません。(ただやはり脱水時間が短いので、脱水しきれてない気はします。)

内蓋なしで、コンパクト!

以前の洗濯機も7kgで、今回のハイアール製も7kgなのですが、大きさがぜんぜん違う!かなりコンパクトになっています。

内蓋がないこと、ゴミ取りも1つ等、無駄な所を排除されているせいか、かなり小さく感じます。

乾燥機はなし

脱水時に、洗濯槽を高速回転させて、遠心力と通気口から取り込んだ空気の力で衣類の水分を飛ばすという「風乾燥」機能はついていますが、熱で乾燥させる本来の「乾燥機」機能はついていません。

以前の洗濯機にはついていたのですが、結局使わないんですよね。

乾燥機を使えばしわくちゃになるし、乾燥機を使える容量も小さいし、なにより電気代が恐ろしいことになるので結局使わない。

「乾燥機は要らない」派の方にとっては、その分価格が安くて良い製品だといえます。

自分で設定を決めることはできない

前の洗濯機では「洗濯◯分」「すすぎは◯回」「脱水◯分」といった自分で洗濯機のコースを決められる機能がありました。

ハイアール洗濯機(JW-K70M)には、そういう機能はなく決められたコースにするか、「洗い」「すすぎ」「脱水」と工程を指定するかしかできません。

洗濯にこだわりがある人には向いていないと思いますが、ゼニー簿のようにこだわりがなく「キレイになればOK」の人には問題ありません。

JW-K70M

音も比較的静かです

前の洗濯機が12年前のものなので比べるのもどうかと思いますが、音は全然気になりません。

同じように安さで勝負しているメーカー「AQW」の洗濯機は音がうるさいというレビューを多く目にしますが、ハイアール洗濯機(JW-K70M)は音は問題ないと思います。

安いけど良品!価格重視の人におすすめです。

中国製というと「安かろう悪かろう」のイメージだと思いますが、ハイアール製品は「安いし、まあまあ」の製品だといえます。

機能より、値段の安さ!で決めたいゼニー簿のような人には、おすすめできる製品です。

【おまけ】洗濯機をネット購入する場合の注意点があります。

古い洗濯機を引き取ってもらう場合、「洗濯機リサイクル料金+収集運搬料金」が別途かかります。

ネット購入の場合は、製品の値段だけではなく、リサイクル料金も含めた価格で比較しましょう。

また、自分で設置できない場合は「設置料が無料」なのか、設置料も含めた価格で比較することも忘れずに。











-生活全般
-

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.