投資

4%の高配当!信用金庫・信用組合の出資金配当投資のメリット・デメリット

投稿日:16/07/2017 更新日:

4%の高配当!信用金庫・信用組合の出資金配当投資はありか?銀行の定期預金の利率もひどいものですよね。

すべての資産を株式投資にあてるような勇気もないゼニー簿には、せっかく預けてもほとんど増えないこの低金利時代にどこに預けるのかは本当に悩みます。

そんな時信用組合から1通のはがきが・・・・。

そう。出資金の配当利率の報告のハガキでした。

ゼニー簿の現在の預け先 定期預金10年1%

ゼニー簿は安全資産として、資産の一部を定期預金に預けています。

もちろん預けている金額は、預金保険の上限である1000万円です。

  • 大阪協栄信用組合 定期預金10年1%(現在は0.7%)
  • 永和信用金庫 定期預金3年0.5%(現在は0.425%)

「金利1%の時に預けといて良かった~」とは思ってますが、3~4%の金利がついた時代を知っているゼニー簿としては不満です。

そんな時に届いた配当金振込の案内

定期預金で利用している大阪協栄信用組合から「事業報告および配当金振込のご案内」なるものが届きました。

配当利率が1.3%と書かれています。

10年の定期預金の金利よりいいじゃねーか。おい。

もしかしたら、定期預金に預けるより、信用組合や信用金庫へ出資したほうがりたーんがいいんじゃないだろうか。

素朴な疑問が浮かび上がりました。

調べてみたら、年利4%の配当金も存在している!!

他の信用金庫、信用組合の配当金の利率も調べてみました。

永和信用金庫 配当利率4%


永和信用金庫さんには定期預金でもお世話になっているのですが、大阪協栄信用組合に預けるときのように「必ず出資金が必要だ」とは言われなかったので、出資していませんでした。
こんなに配当利率が高いなら、出資しておくべきでしたね。(苦笑

上限は50万まで出資できるとのことですが、性質は株と同じなので売る時に買い取ってくれる人が見つからなければ売れないということでした。(数万円程度なら大丈夫だということです)

「流動性がなく、すぐに換金できないというリスクを承知の上でお願いします」と念を押されました。

こちらも参考に↓↓↓
高配当4%!永和信用金庫に出資しました

大阪厚生信用金庫 配当利率4%


大阪厚生信用組合も、驚愕の4%配当です。

しかし、電話で問い合わせてみると一般の人は出資できないとのこと。

融資を受けている人だけが組合に入れるそうです。残念。

大阪信用金庫 4%

大阪信用金庫さんも4%だそうです。

こちらは上限300万まで出資できるようですが、普通に出資できる額は30万円までで30万を超えると本部の承認がいるとのことで、一般の人はハードルが高いようでした。

見過ごせない利率ですね。

でも、出資金の配当狙い投資はどういう位置づけなのか、どんなメリット・デメリットがあるのかが気になります。

こちらも参考に↓↓↓
配当率4%!大阪信用金庫に出資しました

信用金庫・信用組合の出資金とは

物価上昇率よりも増える可能性のあるものが「投資」信用金庫・信用組合における出資金とは簡単に言うとこんな感じ。

  • 株式会社の株式に相当するが、自由に売買できない。
  • 預金とは違い、預金保険の対象外であり、自由に下ろせない。

その会社に賛同して支えるという意味合いでは株式投資と同じだが、値上がりするわけではない(もちろん値下がりもしないが)し、換金性が低い投資といえそうです。

信用金庫・信用組合の出資のメリットとは

お祝いは現金が一番うれしい信用金庫・信用組合の出資メリットとは

  • 配当利率が高い
  • 値下がりしない

信用金庫・信用組合の出資のデメリットとは

そして、配当利率が高いのですが、いかんせんデメリットもあります。

  • 出資金は保証されない(倒産すればおわり)=株と同じ
  • 業績が悪ければ配当金は出ない=株と同じ
  • 換金性が低い(すぐにお金に出来ない)
  • 出資金の上限が設けられている
  • 住んでいるところの信金、信組にしか出資できない

投資という目で見れば、値上がり益を狙うような投資法ではなく、あくまで配当金狙いだが、業績が悪いと配当も出ないというリスクもあるのです。

そして、デメリットというのかはわかりませんが、「あくまで地元を応援する」という趣旨のため信金の管轄している地域に住んでいないといけません。なので、普通は出資できても1~2社ぐらいといったところでしょうか。

そして、出資する金額の上限が決まっている所がほとんどです。

信用金庫・信用組合の出資はありか?なしか?

ゼニー簿としては信用金庫・信用組合への出資はありなんじゃないかと思います。

株と違って換金性(流動性)は低い分、値下がりの心配はない。

そして、上限があるのでマックスで投資しても30~50万程度(株で言えば100株買った感覚かな)です。

まぁ、当然倒産のリスクはありますが、それは他の銀行株と一緒ですので50万は諦めるしかない。

倒産しなければ、値下がりを気にしなくても良いというメリットと高配当が得られます。

もちろん、定期預金のような安全なお金を増やす方法を考えている人にはリスクが大きいのでおすすめできませんが、リスクを承知の投資の1つと考えれば株とそんなに変わりません。

これから、株の大暴落が起こっても値下がりの心配をしなくても良い分、良い投資先なのではないかと思いました。

投資は自己責任です。

リスクがあることもお忘れないように。

後日ゼニー簿は下記に出資しております。↓↓↓

高配当4%!永和信用金庫に出資しました

配当率4%!大阪信用金庫に出資しました

-投資
-,

執筆者:


  1. 名無しさん より:

    沖縄県沖縄市に本店を置くコザ信用金庫に出資(普通)しています。実は目下、追加出資(増資(増口))する方向で、鋭意検討している所です。金額は20~50万円を軸に考えています。
    併せて、沖縄県那覇市に本部を置く沖縄県農業協同組合(JAおきなわ)にも出資(普通(准組合員))する方向で、鋭意検討している所です。こちらも金額は20~50万円を軸に考えています。
    リクス分散効果が享受出来ると考えたからです。双方への経営支援目的(経営参画(資本参加))も兼ねています。

    • ゼニー簿 より:

      名無しさん様

      コメントありがとうございます。
      沖縄にお住まいなんですね。コザ信用金庫(すごい名前ですね)は沖縄唯一の信用金庫だとか。
      沖縄にもゼニー簿と同じように信用金庫への出資を考えている人がいるとは!
      あんまり知られていない投資法なので、やってみるまで心理的ハードルが高かったのですが、
      利率を考えると良い投資先ですよね。
      地元に貢献という意味でも。

      また、遊びに来て下さい。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

イオンオーナースカード返金

イオンオーナーズカードの返金引換証が届いたよ。

イオン株100株を2014年5月に取得し、3%還元のオーナーズカードを所有していることを以前ブログ「8267 イオン株 上げすぎで怖いけど買い増し」でお話していましたが、その返金引換証が初めて届きまし …

マネーセンス倶楽部アイキャッチ

コツコツ積立インデックス投資実行(2015年3月)

インデックス投資信託の積立をSBI証券にて実行しました。 今月もコツコツと実行しておりまます。 今月の積立額は、45,000円(給料から生活費を引いた額)です。 証券会社の口座はIPO参戦のためたくさ …

マネーセンス倶楽部イメージ画像

原油インデックス連動型上場投信を買ってみた

インデックス株投資家ですが、原油インデックスに手を出しました。(へへ 基本的には株のインデックス投信を中心に投資をやっているのですが、 たまに個別株や株以外にも手を出すことがあります。 まぁ、リスクの …

マネーセンス倶楽部イメージ画像

コツコツ積立インデックス投資実行(2015年4月)

インデックス投資信託の積立をSBI証券にて実行しました。 3月の余剰金が約7万円だったので、今月は7万円の投資なはずなのですが、 只今SBI証券で投信積立キャンペーンをやっていて、対象ファンドを新規・ …

金融リテラシー

世の中の金融リテラシーが低すぎやしないか

金融広報中央委員会というところが調査した 「金融リテラシー調査2016年調査結果」を見て驚きました。 調査対象は、全国の18~79歳の個人25,000人ですが 正誤問題の正答率は 55.6%。 その正 …

スポンサーリンク

記事検索

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

最近1ヶ月の人気記事