シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




iDeco(イデコ)

iDeco(イデコ)は月いくらから?いくらまで?5,000円積立でもお得!

更新日:

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)は、月5,000円以上から加入できる年金です。

働いて所得税を払っているなら、たとえ5000円でも絶対お得!

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の月額積立金額はいくらから いくらまで可能なのか。

5000円でもどれだけお得か紹介します。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)最低積立額はいくら?

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の月額の積立額は、「最低5000円から」と決まっています。

5,000円以上であれば、自分で自由に毎月の積立金額を決めることができます。(1,000円単位です)

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ) 積立金額はいくらまで?

では、個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の月額の積立額はいくらまで?でしょうか。

サラリーマンでも、「企業型確定拠出年金」「確定給付型年金」に加入しているかどうかで限度額に違いがあります。

一般的な会社員の場合は毎月23,000円が上限です。

国民年金仕事企業型確定拠出年金
(別名:401k/DC)
確定給付型年金(DB)個人型確定拠出年金(iDeCo)拠出限度額
(月額最大掛金)
第1号自営業者加入可能68,000円
第2号会社員、
公務員等
加入可能23,000円
会社の企業型年金規約が
認めている場合は可能
20,000円
会社の企業型年金規約が
認めている場合は可能
12,000円
加入可能12,000円
第3号第2号者に
扶養されている人
(主婦等)
加入可能23,000円

フリーランスや自営業者の場合は、68,000円が上限になります。

iDeco(イデコ)は5,000円でも、やったほうがいい?

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の毎月の積立額は、上限いっぱいまでやるのが一番オトクです。

ただ、最低積立金額の5,000円しか余裕がない人もいますよね。

たとえ5,000円と少なくてもお得なので、やったほうがいいんです!

最低金額 5,000円を20年積立たら? 18万円の節税

年収が少なく所得税率が5%だった場合でも、5000円を20年積み立てればそれだけで18万の節税になる計算です。

5,000円☓12ヶ月☓20年☓(所得税5%+住民税10%)=18万円

確定拠出年金の積立額が少ない場合

年収が多くて所得税率が高い場合なら5,000円の積立額でも、もっと節税効果があるんですよ!

5,000円を20年積み立てた場合 年収ごとの節税額は?

生活防衛資金年収(所得税率)ごとにに5000円を積み立てた場合、いくら得になる(節税になる)かを表にしてみました。

年収が多い人ならたとえ5000円の積立でも節税効果はビックリするような金額になります。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)やらないよりは、やたほうがいいんです。

課税される所得金額
税率
20年で節税できる金額
(所得税+住民税)
195万円以下
5%15万円
195万円を超え330万円以下
10%24万円
330万円を超え695万円以下20%36万円
695万円を超え900万円以下23%39万6千円
900万円を超え1,800万円以下33%51万6千円
1,800万円を超え4,000万円以下40%60万円
4,000万円超45%66万円

5000円でも余裕があるなら、絶対に個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)をすぐにはじめることをおすすめします。

iDeco(イデコ)5,000円の積立てする場合は、最安コストの投信を!

ゼニは大切でっせたとえ積立額が少額でも、損することはありません。

というか、最低金額の5000円でも「得すること」しかないいのです。

経済的に余裕があるなら、個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)をすぐにはじめましょう!

そして、5,000円でも投資で勝つために、最安で運用できる投資信託の購入を。

積立額が少ない人は、投信を厳選しよう!

5,000円と積立額が少ないので、投資信託にかかるコスト(信託報酬率)や口座維持のコストが高いと「投資で勝てる確率」が下がっていまいます。

口座管理費無料で、最安の信託報酬で運用できる「eMAXIS Slime進国株式インデックス(0.11826%)」を購入するのがベストです。

マネックス証券」なら、そのどちらの条件も揃っているのでおすすめですよ。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)やるなら、マネックス証券がおすすめな5つの理由

※5,000円の積立てなら、低コスト運用できるかが老後資金を増やせるかのカギです。

30年で30万の差に!確定拠出年金iDeCoは「口座管理費・信託報酬」の安さを追求せよ!









-iDeco(イデコ)
-,

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.