一般口座と特定口座のメリット・デメリットは?サラリーマンは「特定口座源泉徴収あり」 - 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




投資

一般口座と特定口座のメリット・デメリットは?サラリーマンは「特定口座源泉徴収あり」

更新日:

一般口座と特定口座の違いとは?すでに投資をやっている人には当然知っていることでも初心者には「へ??」っていうことありますよね。

ゼニー簿も昔はそうでした。(苦笑

この一般口座と特定口座の違いもそうだと思います。

今回は一般口座と特定口座の違い、メリット・デメリットのお話です。

サラリーマンなら、「特定口座 源泉徴収あり」をおすすめします。

「特定口座 源泉徴収あり」なら、利益が出ても所得として計算されないので、所得税が上がらないのです。

投資初心者は、特定口座の源泉徴収ありをおすすめする!

特定口座をすすめる初心者で「特定口座」と言われても何が何だか分からないなら、「特定口座の源泉徴収あり」にしときましょう。

初心者は「特定口座の源泉徴収あり」にしておこう。

もう、「特定口座の源泉徴収あり」にしとけば難しいことはしなくてもいいです。

普通のサラリーマンや主婦なら尚の事「特定口座の源泉徴収あり」にしておけば、あとで困ることはないと思います。

ある程度手間は惜しまないゼニー簿も特定口座を利用しています。

それぐらい便利な口座です。

では、なぜ「特定口座の源泉徴収あり」を勧めるのか順番に説明していきます。

特定口座なら、税金の計算が要らないので便利

口座選択一般口座とは

税金の計算を自分で行い確定申告する口座。(ただし、利益が20万円以下なら申告不要)

特定口座とは

税金の計算を証券会社が代わりに行ってくれる口座。

特定口座には「源泉徴収あり」と「源泉徴収なし」の2種類がある。

特定口座 源泉徴収ありとは?

売った時点で利益が出ていれば、自動的に税金が引かれて確定申告の必要がありません。

特定口座 源泉徴収なしとは?

利益が出ていても自動的に税金が引かれることはないので、確定申告をして税金を自分で納める必要があります。

一般口座 特定口座
源泉徴収あり 源泉徴収なし
税金の計算 自分でやる 証券会社がやってくれる
確定申告
(利益20万以下)
不要 不要 不要
確定申告
(利益20万超)
必要 不要 必要
便利さ 面倒 簡単 やや簡単
おすすめ度
所得に反映 あり なし あり
おすすめの人  利益が20万円以下の人 扶養に入っている人
サラリーマン
 利益が20万円以下の人

もし、年間で20万以下でおさまるなら税金が取られない「一般口座」か「特定口座 源泉徴収なし」が得だし、確定申告は必要ないのでどっちでもいい。

でも、もし利益が20万を超える(または損する)可能性があるなら、面倒なことをやってくれる「特定口座(源泉徴収なし)」のほうがいい。

特定口座 源泉徴収ありにするかどうかの判断

源泉徴収ありどちらにしてもは取引記録や税金の計算等の難しいことをやってくれる「特定口座」をゼニー簿は勧めます。

あとは確定申告をする「手間」の問題??と思うでしょ。

ここで大きな問題が「所得として計算されるか」ということ。

「源泉徴収あり」は所得換算されない

「特定口座 源泉徴収あり」の場合は、利益が大きく出ても所得換算されないので下記の人にはメリットが大きい。

サラリーマン

利益が出て確定申告をすると、所得換算されてしまい所得税や住民税が多くなるので、会社に「副業」と思われる可能性がある。

「特定口座 源泉徴収あり」の場合、会社にバレる可能性がない。

専業主婦、学生など「税金の控除」を受けてる人

主婦や学生など扶養に入っている人が、確定申告すると扶養から外れる可能性が高い。

税金や保険料が大きく増える可能性がある。

サラリーマンなら、「特定口座 源泉徴収あり」に!

長々説明したが、ゼニー簿は「特定口座 源泉徴収あり」を初心者にはおすすめする。

ふるさと納税や医療費控除と違い投資に関する確定申告は面倒なことが多い。

ある程度の手間は惜しまない派のゼニー簿だが、私も「特定口座 源泉徴収あり」を使っています。











-投資

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.