株価暴落を冷静に受け止められるようになった理由

いやー、今日も下げてくれましたねー。
私のポートフォリオ、みごとに真っ青(マイナス)になってくれてます。
久しぶりの青いポートフォリオは、美しいですね。(爆

過去には、大暴落にビビって損切りしてしまったこともありましたが、
今回は冷静に見てられました。
私も成長したものです。

なぜ、今回は株価暴落を冷静に受け止められたのかは、下記の理由です。

スポンサーリンク

投資はリスクの許容範囲内だから慌てなかった

あまりに上がる相場を見ながら、もっと株に資金を注ぎ込みたい衝動に何度かられたことか。(←バカ
でも、「相場は上がるときもあれば、下がるときもある」
下がった時に許容できる範囲でなければ、過去の過ちと同じことになる。
と言い聞かせ、ルールを守って許容範囲内でしか投資をしませんでした。

現在投資額は260万ほど、6000万の4%ぐらいにしか過ぎません。
私にとっては許容範囲内です。
(まぁ、割合が少なすぎるとは思っているのですが、許容範囲は人それぞれですから)

個別株は少数で、インデックス投信がメインだった

上がりまくる株価を見て、ルールを破って
一時期個別株に少しのめり込みかけたこと「上げ相場で初心を忘れていた」も
お恥ずかしながら一時ありました。(苦笑

でも、反省して個別株を整理して長期ホールドを決め込んでいる銘柄以外は
ほぼインデックス投信がメインだったため、焦らずに済みました。

唯一の反省点は、IPOで当たった銘柄が初値が公募価格を上回らなかったため
ホールドしてしまい、一時公募価格を上まった時もあったのに、欲張って売らなかったことです。
このデクセリアルズ(4980)200株だけは、ルール違反でホールドしていたことを少し反省しています。
かなり下げてますから。(苦笑

下がったほうが安く買えてラッキー

株は下がるときもあるものだと、冷静にみられるようになりました。
そして、前は暴落で何も手に付かない状態に陥ったのに、
今回は「下がったら、安く買えるからラッキー」と笑ってみていられます。
私も40過ぎて、ようやく株と冷静に付き合えるようになった(?)ようです。

これからも、コツコツと私の許容範囲内で投資を続けていこうと思います。
また、今回の反省を生かしてIPO当選銘柄の売りタイミングも考える必要がありそうです。
(今回損切りはしませんが、次回から初値が飛ばなかった時の損切りも考えないと・・・)

投資
スポンサーリンク
ゼニー簿をフォローして、お金持ちになろう!
マネーセンス倶楽部

コメント

  1. daichonmage より:

    結構下げてますね。5~6年に1回20%程度の暴落を予定して運用していますが、想定内であってもあまり気分のいいものではありませんね。ここ数日で8桁マイナスです。そろそろその半分くらいの資金を投入しようと思っています。確定申告の損失計上のチャンスですね。

    • ゼニー簿 より:

      わお。8桁マイナスは見てて気持ちのいいものではないですね。
      そろそろ買い時?資金投入とは良い決断かもしれませんね。
      私もちょっと買いまししてみようとは思っていますが、どうなることやら。

  2. daichonmage より:

    「損失計上」→「利益圧縮」の書き間違えでした。

  3. C竹 より:

    >>現在投資額は260万ほど、6000万の4%ぐらいにしか過ぎません。

    いや~!素晴らしいですね!
    英国EU離脱問題や、アメリカ大統領選が終わる2017年まで、現金ポジションは多いに越したことは無いと思いますよ!

    • ゼニー簿 より:

      C竹様

      ありがとうございます。
      この低金利時代、リスクを負っても投資に回したほうが良いんですよね。ビビリなんですね。
      でも、アメリカ大統領選・・・そう言われればそうですね。勉強になります。

タイトルとURLをコピーしました