株価暴落を冷静に受け止められるようになった理由 - 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




投資

株価暴落を冷静に受け止められるようになった理由

更新日:

いやー、今日も下げてくれましたねー。
私のポートフォリオ、みごとに真っ青(マイナス)になってくれてます。
久しぶりの青いポートフォリオは、美しいですね。(爆

過去には、大暴落にビビって損切りしてしまったこともありましたが、
今回は冷静に見てられました。
私も成長したものです。

なぜ、今回は株価暴落を冷静に受け止められたのかは、下記の理由です。

投資はリスクの許容範囲内だから慌てなかった

あまりに上がる相場を見ながら、もっと株に資金を注ぎ込みたい衝動に何度かられたことか。(←バカ
でも、「相場は上がるときもあれば、下がるときもある」
下がった時に許容できる範囲でなければ、過去の過ちと同じことになる。
と言い聞かせ、ルールを守って許容範囲内でしか投資をしませんでした。

現在投資額は260万ほど、6000万の4%ぐらいにしか過ぎません。
私にとっては許容範囲内です。
(まぁ、割合が少なすぎるとは思っているのですが、許容範囲は人それぞれですから)

個別株は少数で、インデックス投信がメインだった

上がりまくる株価を見て、ルールを破って
一時期個別株に少しのめり込みかけたこと「上げ相場で初心を忘れていた」も
お恥ずかしながら一時ありました。(苦笑

でも、反省して個別株を整理して長期ホールドを決め込んでいる銘柄以外は
ほぼインデックス投信がメインだったため、焦らずに済みました。

唯一の反省点は、IPOで当たった銘柄が初値が公募価格を上回らなかったため
ホールドしてしまい、一時公募価格を上まった時もあったのに、欲張って売らなかったことです。
このデクセリアルズ(4980)200株だけは、ルール違反でホールドしていたことを少し反省しています。
かなり下げてますから。(苦笑

下がったほうが安く買えてラッキー

株は下がるときもあるものだと、冷静にみられるようになりました。
そして、前は暴落で何も手に付かない状態に陥ったのに、
今回は「下がったら、安く買えるからラッキー」と笑ってみていられます。
私も40過ぎて、ようやく株と冷静に付き合えるようになった(?)ようです。

これからも、コツコツと私の許容範囲内で投資を続けていこうと思います。
また、今回の反省を生かしてIPO当選銘柄の売りタイミングも考える必要がありそうです。
(今回損切りはしませんが、次回から初値が飛ばなかった時の損切りも考えないと・・・)









-投資

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.