小学校からPTA会費の金額を上げるように要求された件 | 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




教育・子育

小学校からPTA会費の金額を上げるように要求された件

投稿日:

「PTA会費」徴収のお知らせには、「一口100円で、3口以上でお願いします」と書かれています。

しかし、金額は強制ではなく、あくまで「お願い」だったはず。

今年は家庭訪問で担任の先生から、「金額を上げてください」と驚きの要求がありました。

PTA会費は「一口100円で、3口以上でお願いします」

100円我が子の小学校は、PTA会費は決まった金額ではなく、「一口100円。できれば3口以上でお願いします。」とボカした表現で毎年書かれています。

その曖昧な表現を見るたび、イラつく感情が芽生えます。(笑

PTAは、ボランティア団体なのに会費まで取り、しかも強制入会・・・・。

PTA会費の金額は決まっていない「お願い」のはずだけど

PTA会費に一口と書いたら何かペナルティがあるのでしょうか?

「お願い」と書かれているように、金額は親自身が自由に決められるようになっています。

本当に必要金額であるならば、必用な金額を一口にすればいいだけの話。

それを一口100円で、「できれば」3口以上と書き、「強制ではない」お願い形式の表現で会費を取るのは釈然としません。

毎年、PTAの存在自体に反対の意味を込めて、また節約のために、「一口」と書いて提出していました。

一口か三口かの差は大きい。6年間で14,400円の差!

生活防衛資金一口100円。

毎年一口か、三口にするかで、小学校の6年間で大きな差になります。

一口の場合:100円☓12ヶ月☓6年=7,200円
三口の場合:300円☓12ヶ月☓6年=21,600円

差額:21,600円-7,200円=14,400円

こんなに金額に差がある会費っておかしくないでしょうか?

ゼニー簿は特にPTAの恩恵をうけてもいないし、PTAが必用だと思っていません。

そんな団体のために毎月100円でも勿体無いと感じてしまいます。

それでも、小学校の間は学校ともめたくもないので我慢して支払っていました。

※長女が中学生になってから中学のPTAには入ってません

中学のPTAの入会を拒否した理由と学校の反応

小学校の担任から、会費の増額を要求されました

今年、次女が小学3年生になったのですが、家庭訪問の時に担任から驚きの要求がありました。

「ゼニー墓さんのところは、PTA会費が一口となっていますが、3口にしていただけませんか?」と、開口一番言われたのです。

理由を聞いてみると、「PTA会費は、卒業式の花代になっており、金額が少ないと困る」とのこと。

おいおい。

PTA会費を学校が要求するのは、おかしいだろ。

PTA会費を当てにした学校運営はおかしい

PTA会費を当てにして、学校を運営するのはそもそもおかしいと思います。

学校を運営するのに必要なお金なら、税金で賄うべきです。

それが許されないようなお金で、それでも必要なお金なら、直接親に実費を請求すればいいだけの話です。

PTA会費を学校が請求するのはおかしい

PTAは独立した団体で、学校が運営しているわけではないはずです。

学校の教員である先生に会費の増額を要求されるのは、おかしな話です。

「給食費を払ってください」なら分かりますが、「PTA会費の金額をもっと上げてください」は違いますよね。

先生御本人も「PTAの運営は、学校と切り離されているので」と言っているのに、矛盾を感じないのかとツッコミたくなりましたが、先生と喧嘩をしてもいいことはないので黙っておきました。

PTAの情報を先生が持っているのは、個人情報保護法違反

しかも、ゼニー簿が「会費一口」と書いた紙は先生宛ではなく、PTA会員としてPTAに提出したものです。

先生がPTA会費の個人情報を持っている事自体が、個人情報保護法に違反しています。

私が先生に開示した情報ではないからです。

「個人情報保護法に違反していますよね」と言いたかったのですが、この言葉も飲み込みました。

子供を人質にとられているのですから、先生との関係を悪化させるわけにはいかないからです。

でも、キッパリとお断りしました!

たくさん言いたいことはありましたが、学校と揉め事をおこして得はありません。

とはいえ、納得しないものにお金を出すことだけはできない!!と勇気をふりしぼって(?)言ってやりました。

「私はPTA運営に疑問を持ってますし、存在自体に反対です。

会費が最低限なのは、反対の意味を込めているからです。

(会費が集まらなければ、学校もPTAを当てにしなるでしょう?←さすがにコレは言わなかった)

だから、私は会費を増やすつもりはありません。

花代が必要なら、学校から直接請求していただければ、お支払します。」と。

さすがに、先生もそれ以上は何も言いませんでしたが、「子どもたちのためのお金ですよ」とは言われました。

学校の運営にも問題がある

公立の小中学校は、本来無料であるはずです。

学校運営に関わるお金は、税金でまかなうのが当然だと思うのです。

でも、実際の学校はPTAを通じて「親の労力」「親の時間」「親の金」を提供することで成り立っています。

保育所無料化、大学無料化もいいですが、その前に小中学校も完全に無料化にしてほしいと思います。

いやせめて、共働きが当然になったこの時代では、親の労力と時間を奪うのだけはやめてほしい。

切実に思います。









-教育・子育
-

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.