投資

ロボアドバイザーによる資産運用比較

投稿日:31/12/2016 更新日:

過去記事「ロボアドバイザーによる資産運用
「THEO(テオ)」を調べてみた」で
ロボアドバイザーという存在とTHEO以外にも色んな所が
ロボアドバイザーによる資産運用を行っていることがわかりました。

自動で売買し、リバランスをやってくれることに
メリットはあると思うのでチョット調べてみました。

ロボアドバイザーには委託型と提案型がある

ゼニー簿が知らなかっただけで
世の中はロボアドバイザーがこんなに普及していたのですね。
もっと情報のアンテナを張る必要がありますね。。。

さて、ロボアドバイザーと言っても
自動で売買、再投資、リバランスと全部を委託する方法と
「この投信をこのポートフォリオで購入して」と提案してくれるものの
2種類に分かれるようです。

一覧にしてみました。

委託型は約1%前後の手数料が一般的。
提案型は広告要素が大。

一覧表を見ていただければ分かるように
委託型は1%前後の手数料を取っています。

提案型はあくまで提案(アドバイス)だけなので無料。
それぞれの証券会社が扱うファンドを紹介するので、
広告的な要素が強いように思われます。
その中でもファンドの取扱数が多いところを利用すれば
投資信託選びに迷っている人にはいいかもしれませんね。

ロボアドバイザーによる資産運用

ただゼニー簿が今現在求めているのは
人間の余計な心理戦を取り除いてくれる
すべてを自動で行ってくれる委託型なのです。

そうすると、やはり1%の手数料は払う必要がある。
(過去記事で安い!と思った「投信工房」は提案型でしたので却下)

委託型ならETF対象で運用したい。

楽ラップは対象がETFではなくファンドになっています。
トータルコストでみれば高くない設定ですが、
投資信託に投資するのであれば自分でできますからね。

自分でやるにはちょっとハードルの高い海外ETFに
投資してくれるなら委託料が高いデメリットを
少しは目をつぶれるというものです。

ということで、投資先をETFとした委託型ロボアドバイザーを紹介。

THEOによる資産運用

THEO

サイトが見やすいのがいい。
国内のETFは投資対象外なので
おのずから世界に分散投資ができるのが魅力。

デメリットはETFの信託報酬や経費等をあわせると
1%を超えてしまうこと。
wealthnavi

WealthNavi

世界の富裕層・機関投資家レベルの資産運用を謳っている。
中立な立場で最良の銘柄を選んでくれるというのも売り。
自動税金最適化といって、配当やリバランスから生じる税負担が一定額を超えた場合、
含み損を実現させることにより自動的に繰り延べる機能もあるらしい。

ただし、預入最低金額が100万円と気軽に始められないのが難点。

デメリットはETFの信託報酬や経費等をあわせると
1%を超えてしまうことで、THEOと同じ。

msv_life

MSV LIFE

委託型では最低預入金が最少額。
1万円から始められることが嬉しいですね。
投資対象もTHEOと同じくETFが対象。

THEOと違う点は目標の資産額を設定して、
目標の達成率を見ながら見直しを行ってくれる点。
トータル手数料も1%未満と委託型では低め(?)。
8now!

8 NOW!

こちらも少額の88ドル(約1万)から始められるラップ口座。
名前にもなっている通り、8つの質問に答えると
最適なポートフォリオを作成し運用してくれる。

対象となるETFはバンガードやブラックロック等の
低コストETFが中心。

-投資
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

金融リテラシー

世の中の金融リテラシーが低すぎやしないか

金融広報中央委員会というところが調査した 「金融リテラシー調査2016年調査結果」を見て驚きました。 調査対象は、全国の18~79歳の個人25,000人ですが 正誤問題の正答率は 55.6%。 その正 …

高配当4%!永和信用金庫に出資しました

高配当が得られると紹介した信用金庫・信用組合の出資ですが、 (詳しくは4%の高配当!信用金庫・信用組合の出資金配当投資のメリットデメリット参照) ついにを実行に移しました。 前回大阪信用金庫の出資(配 …

マネーセンス倶楽部アイキャッチ

コツコツ積立インデックス投資実行(2015年3月)

インデックス投資信託の積立をSBI証券にて実行しました。 今月もコツコツと実行しておりまます。 今月の積立額は、45,000円(給料から生活費を引いた額)です。 証券会社の口座はIPO参戦のためたくさ …

THEOによる資産運用

ロボアドバイザーによる資産運用「THEO(テオ)」を調べてみた

インデックス投資家を名乗っているのですが、 あまりに相場が上がっていると怖くて買う金額を調整してしまったり、 下がりすぎているとまた買う金額を調整してしまったり。(←バカ 心理的なものがどうしても邪魔 …

マネーセンス倶楽部イメージ画像

コツコツ積立インデックス投資実行(2015年4月)

インデックス投資信託の積立をSBI証券にて実行しました。 3月の余剰金が約7万円だったので、今月は7万円の投資なはずなのですが、 只今SBI証券で投信積立キャンペーンをやっていて、対象ファンドを新規・ …