上海観光なら、2階建て観光バス「オープントップバス」に乗ろう! - 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




旅行

上海観光なら、2階建て観光バス「オープントップバス」に乗ろう!

更新日:

上海観光バス上海の観光スポットを効率よく回るのに2階建ての観光バス「オープントップバス」がおすすめです。

観光スポットばかりを巡ってくれるので時間の短縮になるのはもちろんですが、2階建てバスからの眺めは最高!

上海の街を見下ろせる2階建て観光バスはとってもおすすめです。

ただし、この2階建ての観光バスは2種類あるので、それぞれの特徴とオススメを紹介します。

上海の観光バスは2種類!よく似てるので気をつけて!

同じ赤い2階建てバスでもちょっと種類の違うバスがあります。

  • 春秋国旅の「都市観光(CITY SIGHTSEENG)」
  • ロンドンの会社が運営する世界的観光バス「BIG BUS」です。

どちらも同じような場所を回っていますが、大きな違いがあります。

都市観光(CITY SIGHTSEENG)のほうが安い!

多少のルートの違いはあります。

しかし、同じような2階建てバスでイヤホン通訳付きで「都市観光(CITY SIGHTSEENG)」全線乗り放題で50元です。

「BIG BUS」はルート限定100元でした。単純に2倍以上の差がありました。

バスだけの利用なら、春秋国旅の「都市観光(CITY SIGHTSEENG)」を選んでください。

安いです。

「都市観光(CITY SIGHTSEENG)」について

上海館より写真をお借りしました。http://www.shanghaikanko.com/

同じ赤バスでも、こっちのほうが目立つ赤色です。

デザインも中国らしい感じです。

「都市観光(CITY SIGHTSEENG)」の料金

  • ルート1号線、2号線の24時間チケット 30元
  • 全線ルート48時間有効チケット 50元

「都市観光(CITY SIGHTSEENG)」のルート

全部で4つのルートがあります。(上の画像は2つだけです)

  • 1号線(赤色):南京路→外灘→豫園→新天地→上海博物館 主要な観光地を周るルート
  • 2号線(緑色):城市規画展示館→明珠タワー→金茂大厦 川の東側の観光地を周るルート
  • 3号線:外灘→豫園→南外灘→復興東路フェリー乗り場
  • 5号線:外灘→上海大厦→上海ユダヤ難民記念館→蘇州河遊覧船乗り場

1号線と2号線が日本人が主に観光に行くルートを巡ってくれます。

3号線と5号線はフェリー利用の時に使うのかな?(48時間チケットは渡し船のチケット付き)

「BIG BUS」について

見た目のデザインは「BIG BUS」のほうがおしゃれです。

高いので現地中国人の人数も限られています。
上海BIGBUS

「BIG BUS」のルート

「BIG BUS」は3種類のルートがあります。

  • 赤線:人民広場-上海美術館-南京路-外灘-豫園-新天地  の主要観光地を周るコース
  • 青線:外灘-明珠タワー-金茂大厦  の外灘と浦東の観光エリアを結ぶコース
  • 緑線:南京路-静安寺-玉佛寺   の上海西側エリアを結ぶコース

赤線は、30分間隔で、所要時間60分ぐらいです。

私達は赤線に乗って、のんびりと1周したあとに、南京路や外灘を少し歩きました。

目線が高いので上海の景色を眺めるにはとてもいいですよ。

特に外灘はこれでもか!ってぐらい人があふれているので、バスで眺められると優越感に浸れます。(笑

黄浦江観光クルーズや金茂大厦展望台に行くなら、BIGBUSで!

「BIG BUS」は観光クルーズや展望台チケットをプラスできるプランもあります。

黄浦江観光クルーズ付きで200元。(展望台チケット付きは不明)

観光クルーズをつけるなら、「都市観光(CITY SIGHTSEENG)」よりも「BIG BUS」のほうが安くなります。

観光クルーズ単体でも上海浦江遊覧の船(軽食付き)でも168元でしたので、バスチケット付きならお得ですね。

BIG BUS」の公式ページから以前は48時間のお得なチケットが買えたのですが、現在はネット販売はしていないようです。(残念)

上海を見下ろせるオープンバスは気持ちいい!

屋根が付いている2階建てバスもあるのですが、やっぱりオープンバスが気持ちいいです。

観光地めぐりをしなくても、このバスに乗っているだけでも結構楽しいですよ。

雨じゃないなら、オープンバスに乗りましょう。

ただし、注意が必要です。

エアコンがないので寒い!か暑い!

5月でもオープンバスはちょっと寒かったです。

逆に夏は暑いと思いますので、着る服や日焼け対策を万全にした方がいいと思います。

チケットは無くさないように

1日券か2日券なので、その間は何回でも乗り降りできます。

ただし、運転手さんにチケットの提示が必須なので、無くさないように。

現地でチケットを買いましょう!

HISやJTBなど日本の旅行会社でも、上海の観光バスチケットを売っているようですが高いです。

上海に行けば観光バスは目立ちますし、バス停もすぐに見つけられます。

バス停で係員からチケットを買えばいいだけですので、日本で旅行会社に頼むなんて馬鹿らしいことはやめましょう。

多言語で翻訳してくれるイヤホンを貸してくれますので、どこで降りたら良いのかも分かりますよ。

ただバスに乗ってグルグル回るだけでも、楽しめます。

上海に行ったら、ぜひ乗ってみて下さい。

中国ではクレジットカードが使えないので気をつけてね!!

中国出張・旅行では日本のクレジットカードは使えません!「銀聯カード」を持っていこう











-旅行
-

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.