中国旅行は65歳以上はシルバー割引料金の利用を!身分証を忘れずに。 | 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




旅行

中国旅行は65歳以上はシルバー割引料金の利用を!身分証を忘れずに。

更新日:

中国旅行は65歳以上は割引価格(半額以下も有)!身分証を忘れずに。72歳の父親を旅に連れ出すのは、海南島をいれて4回目でした。

中国と台湾では、殆どの施設が65歳以上は割引料金を設けていました。

65歳以上で中華系(中国・台湾)へ旅行する際には、必ずシルバー割引を利用しましょう!

中国・台湾は基本65歳以上は割引料金(半額)

ゼニー簿が行った中国と台湾の施設では、ほぼシルバー料金を設けており、半額になる施設が多かったです。

今までの旅行で利用した施設の入場料金(ついでなので行ってないとこも追記しました)を調べたら、70歳以上は無料の施設も多数!!

施設名 場所 大人料金 子供料金 65歳以上 備考
上海野生動物園 上海 130 65 65 60-64歳は117元
上海科学技術館 上海 60 30 50 70歳以上無料
上海迪士尼乐园(ディズニーランド) 上海 370 280 280 土日は割増料金
三亚宋城旅游区 三亜 150 75 75
鹿回头公园 三亜 45 25 25 70歳以上無料
三亚槟榔民族村 三亜 165 85 130 70歳以上無料
国立海洋生物博物館 台湾墾丁 450 250 225

行ってないけど、上海のディズニーランドもやっぱり65歳以上は割引料金を設定していました。

中国は殆どの施設でシルバー料金を設定していることが分かりますね。

半額近くになるなら、恥ずかしがってないで「65歳以上だ!」と主張しなければ損です!

シルバー割引料金を利用するには、身分証明書が必要!

シルバー料金を利用するには、当然ですが年齢を証明できる身分証明書が必要です。

日本の免許証は誕生日が西暦表示ではないので、中国人には何歳かが分かりません。

できれば、パスポートを提示するのが一番早いです。パスポート

 

台湾では免許証の誕生日が西暦表示ではないことで、ちょっと揉めましたが、なんとか割引料金になった経験があります。

この経験を活かし、(旅行中にパスポートをずっと持っているのは面倒なので)それ以後は父のパスポートをコピーして利用しています。(父親本人は日本の免許証所持)

本物の身分証でなければダメだと言われれば、免許証とパスポートの2つを提示すればどうにかなるかな‥‥と思っていましたが、今回の三亜ではパスポートのコピーでも何も言われませんでした。

まぁ、どう見ても「老人」には見えるので、そこまでうるさくは言われないと思いますので、パスポートを持ち歩くのが面倒な人はコピーで対応してはいかがでしょうか。

(お若く見える人は、本物のパスポートをお持ちになってくださいまし。)

中華系は子ども、老人に優しい国?

補償制度ベトナムではシルバー料金を見たことがないのですが、中華系はシルバー料金を設けていて老人に優しい国なのかもしれません。

特に中華系の航空会社は、子供料金も設けていますので下手なLCCより安い場合もあります。

じぃじ、ばぁばを一緒に旅行に連れて行くときは、割引は見逃さずに利用しましょう!

 











-旅行
-

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.