投資信託とは?投資信託のメリットとデメリット・安全性について - 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




投資

投資信託とは?投資信託のメリットとデメリット・安全性について

更新日:

投資信託とは今更かもしれませんが、投資信託とは一体何なのでしょうか?

ちゃんと理解できていますか??

今回は、投資信託とは何か?

投資信託の仕組みからメリットデメリットと安全性まで初心者にも分かりやすくお話します。

投資信託とは

投資信託は、「投信」「ファンド」といろいろな呼び方があります。

投資信託とは?

「投資すること」を専門家に「託す」こと→→→自分の代わりに専門家に投資してもらう仕組み

皆から集めたお金を一つの大きな資産として、専門家が株式や債券、不動産等に投資して運用します。

また、「何に投資するか」については、投資信託ごとに運用方針が決まっています。

そして、投資信託は「投資」ですから元本は保証されず損するリスクもあります

投資信託の仕組み

投資信託のメリット

少ないお金でも投資できる(100円からでも買える!)

株式や債券等を購入するには、ある程度の資金がなくては買えません。

でも、投資信託なら少ない資金(100円から)でも購入することが可能です。

投資信託は皆のお金を集めて投資するから、一人ひとりの金額が少なくても投資商品を購入することができるのです。

だから、ゼニー簿のような弱小投資家でも投資信託を買うことで、世界に分散投資できるんです。

本当庶民にはありがたい投資スタイルですよね。(笑

 

投資信託メリット

分散投資ができる

銘柄を決めて投資する個別株式と違って、投資信託は運用方針にあった色々な銘柄に投資します。

勝手に分散投資になっているわけです。

インデックス投資に分散投資が大事な理由

投資信託のデメリット

コスト計算

コスト(手数料)がかかる

投資信託は、運用会社にお任せして投資し、それを管理してもらいます。

当然、運用を続けるためには運用会社に手数料を払わなくてはなりません。

投資信託によってかかるコスト金額は違いがありますが、信託報酬、信託財産留保額(解約手数料)等のコストがあります。

また、購入する時に買付手数料(販売手数料)を払わなくてはいけない投資信託もあります。

「買付手数料」は運用会社にではなく、その投資信託を販売した証券会社が取る手数料になります。

手数料以上に利益を出さないと投資で負ける

投資信託によっては1%以上の高額な信託報酬がかかるものもあります。

コストが高い投資信託は、コスト以上に値上がり益がないと、コスト負けしてしまいます。

投資信託の信託報酬はできるだけ安いものを選びましょう!

インデックス投資家はナゼ低コスト投資信託を追い求めるのか?3つの手数料が生む大きなお金

投資信託の安全性は?

世界分散投資投資信託は3つの会社によって販売・運用されています。

3つの会社に分けることによって、投資家のお金を守る仕組みが出来上がっています。

投資信託は会社が潰れても、保全される仕組みになっているので安全なのです。

販売会社

投資信託は証券会社以外、銀行や郵便局でも購入することが出来ます。

投資信託の販売を行っている会社を、「販売会社」と呼びます。

「販売会社」は投資信託を販売時に、購入手数料を取りることで利益を出しています。
(販売手数料無料の投資信託もあります)

販売会社が倒産しても、投資信託が投資している商品は「受託会社(信託銀行)」が管理しているので影響はありません。

運用会社

投資信託を何に運用するのか運用方針を決めて、実際に運用の指示をするのが運用会社です。

運用会社には信託報酬というコストを支払います。

運用会社が倒産しても、「運用の指示」をしているだけなので投資信託自体にに影響はありません。

倒産した場合は、投資信託の運用はまた別の運用会社が引き継ぐか、返還されることになります。

受託会社(信託銀行)

「受託会社」は「運用会社」の指示の下、投資家から預かったお金で投資商品の売買や管理をしています。

「投資の指示をする人(運用会社)」と「実際に投資を行う人(受託会社)」を分けることによって資産を悪用されるのを防ぐ仕組みなのです。

また、受託会社(信託銀行)が倒産しても、投資信託は、受託会社の財産とは区別して管理いるので安全です。(法律で別管理が義務付けられています。)









-投資

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.