会社トラブルとストレス対策?心の声が口から出てしまった話 - 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




ゼニー簿のこと

会社トラブルとストレス対策?心の声が口から出てしまった話

更新日:

会社トラブルとストレス対策?心の声が口から出てしまった話会社に一人ぐらい嫌な奴がいる人も多いと思います。

でも、大人の対応をせざる得なくてストレスが貯まっていく・・・そんな状況ありませんか?

全く参考にならないですが、そんなバカらしいストレスをためない生き方として「ハッキリ嫌なことは嫌と言う」こともたまには良いのではないかと・・・ゼニー簿の経験をお話します。

まぁ、失敗談?かもしれませんが、つきあってください。

ネチネチ卑屈な同僚男性がいました

まぁ、よくこんな卑屈な考え方ができる奴がいたもんだ・・・ってぐらいのネチネチ型の卑屈な同僚男性がいました。

当然皆から嫌われています。

そんな人ですから基本絡まないようにしているのですが、あちらから絡んできてその話が面白くないどころか人を不快にさせるという特技までもっているお方でした。

ゼニー簿が特に特に嫌だった点は

・自分が一番仕事ができると勘違いしている
・ゼニー簿のことを「更年期」だの、「おばさん」だのといじってくる
・仕事上の頼み事をすると、了承するまで1時間ぐらい自分の仕事が大変か語る

まあ、弱い男の典型のような人です。

自分がすごいとアピールするのはいいのですが、自分に自信がない分吠えているだけにしか見えません。

それに、ゼニー簿のことを「更年期」だの、「おばさん」といじるのは最後に笑いにしてくれれば別に気にならないのですが、話が面白くないので正直不快でした。

セクハラの線引は、笑いに変えられる話術があるか(本人と周囲ともに和ませられるか)、双方に信頼関係があるかだと思うのです。
その両方がない相手からの「イジリ」は、ただのセクハラですよね。

その日は突然やってきた!卑屈男との喧嘩が勃発

社内トラブルその喧嘩は突然勃発しました。

5分もかからないような仕事上の頼み事に対し(その仕事は業務上の流れになっています)、「俺はその日は忙しい」等のネチネチが例によって始まったのです。

いつもならこちらが多少持ち上げつつ、30分ぐらいネチネチを聞かされた後に了承してもらえるのですが、その日は就業時間が近づいていました。

そう。こちらは保育所へお迎えの時間があります。
これから30分もネチネチに付き合う暇も心の余裕もありません。

心の声が口から漏れた!?社内トラブル発生

キレた覚えは全く無い(笑)のですが、無意識に心の声が口から出てしまったのです!!(驚

ゼニー簿:「さっきからネチネチうるさいんじゃ!5分もかからんような仕事に何言うとんねん。」

卑屈同僚:「(怒)それが人を頼む態度なんか!(おっしゃるとおりです。笑)俺の仕事の大変さも知らんくせに!おまえに俺の仕事ができるんか!?」

ゼニー簿:(心の声が口から出たことに今更気づく私。もう取り返しがつかない現状をみて、言いたいことを言おうと決意する。ちなみにこの瞬間はスローモーションで時間が過ぎています。)「分からんに決まってるやろ!おまえかて、こっちの仕事できへんやろ。お互い様じゃ!もうおまえには頼み事一生せーへん!!自分でやったほうが早いわ。その代わり、こっちにも頼み事してくるなよ!!」

卑屈同僚:(この喧嘩を続けると、仕事をやる上で支障が出てくること気づいた様子)「別に嫌やと言ってないやろ。頼み方があるっていうてるだけで・・」

ゼニー簿:「もうええ!それからな、「更年期」だの、「おばさん」とかオマエに言われたくないんじゃ。笑いにできる話術もないくせに喋るな!」

卑屈同僚:「へー。笑いにできないなら話ししたらダメって決まってるんですかー。(嫌味調で)」

ゼニー簿:「当たり前じゃ!笑いにでけへんのやったら、ただの悪口やっちゅうねん。おまえは人の気持ちも分からんから、皆から嫌われるんじゃ。とにかく、もう2度と私に喋りかけてくんな!分かったな!!あ、(時計を見る)保育所の迎えの時間があるから、言いたいことはもっとあるけど帰る! 分かったな!明日から二度と私に話しかけてくんなよ。」

と言って社内の凍りついた雰囲気をそのままに帰宅する私。(他の同僚の皆様すいませんでした。)

その日からストレスが無くなりました。(笑

もっと言いたいことはあったけど、ストレスの根源となっていたことを本人に向けて吐き出したことで、ゼニー簿はスッキリ。(笑

当然、卑屈同僚くんは自分から謝ることもないので、ゼニー簿に話しかけてこなくなりました。

ゼニー簿も社会人としてグッとこらえるべきだったのですが、本当に思っていることだったので謝る気もありません。(←気が強い女

やるのは最低限の挨拶のみ!なので、当然ストレスも貯まりません。

業務上の仕事は自分でやることにしたので(そのほうが早い)、業務上の支障はこちらサイドには何もありません。
(ただし、あちら側にはあったようですが・・・)

社内の雰囲気を乱してしまったことは社会人として失敗なのですが、嫌な相手と接触しなくてもよくなったので社内ストレスからも開放されました。

ハッキリいうことも時には大切かも?(←反省しとらんだろ

これが他の人なら上司にも注意を受けていたと思いますが、なんせ社内中(上司も含め)から嫌われていた人だったので怒られることもありませんでした。

どちらかと言うと「まぁ、気持ちはわかる」的な雰囲気です。

言いたいことをハッキリ言うことも時には大切かもしれません。(←全く反省してない人。笑

あ、それからどうなったかって?

卑屈さんは会社に居づらくなったのか(?)数カ月後に会社の独立制度を利用して退職されました。

送別会をやろうと言い出す人もなく静かに退職した後ろ姿を見て、せめて会社を辞めるときには「送別会ぐらいは開いてもらえる」ぐらいの人でありたいな・・・としみじみ思った出来事でした。









-ゼニー簿のこと
-

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.