投資利益の20.315%が課税される!投資利益の節税は、NISAとiDeco(イデコ)を活用しよう - 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




投資

投資利益の20.315%が課税される!投資利益の節税は、NISAとiDeco(イデコ)を活用しよう

更新日:

税金投資信託、株、債券、普通預金、定期預金などお金で利益が出た場合は、必ず税金がかかります。

今回は株、投資信託にかかわる税金の話です。

投資信託は利益に対して税金がかかります

非課税投資信託を売って儲かった場合は、利益に対して20.315%(所得税15.315% 地方税5%)の税金を払うことになります。

また、配当金に対しても儲かっている部分に関しては同じように税金がかかります。

どちらにしても儲かった(利益が出た)部分に対しては株と同じように課税される仕組みです。

節税するなら、iDecoとNISAを活用しよう!

NISAや個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)は、利益に対して20.315%(所得税15.315% 地方税5%)の税金がかかりません。

税金を取られず、利益はそのまま自分のものになるんです。

非課税になる投資金額は決まりがありますが、それでも大きな節税になります。

NISAや個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)は利益が全部自分のものになる美味しい制度です。

NISAとは?デメリットをインデックス投資家目線で解説するよ

しかも、個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)は更に所得税も減税されるという二重の節税が可能です。

払った税金が戻ってきて、利益も全部自分のもの!

こんな美味しい制度はないので、是非活用して下さい。

年利15%!?老後のお金を貯めるなら確定拠出年金(iDeCo)がいい理由とおすすめ証券会社









-投資

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.