2020年2月の優待取り結果(奇跡のコスト率15%) - マネーセンス倶楽部

シングルマザー・ゼニー簿の教育・節約・お金を貯めて増やすブログ

マネーセンス倶楽部

株主優待

2020年2月の優待取り結果(奇跡のコスト率15%)

更新日:

コスト計算

今年最初の優待取りをおこなました。

今年の方針は、「一般信用を利用する!」です。

さてさて、結果は?

2020年2月の優待取り結果 2.1万円の優待に3.3千円のコスト

結果と言っても、今回は一般信用だけを利用しました。

コロナの影響で売建が増えて、思わぬ高額逆日歩を食らうと怖いので・・・今回は冒険無しで。

 

コード企業名株数優待金額貸株料・手数料優待
3087ドトール5005000864飲食券
3543コメダ1001000137飲食券
9787イオンディライト1002500282ギフトカード
8267イオン100118買物割引券
3141ウエルシア1003000961自社買い物券
9681吉野家1003000498 自社飲食券
9948アークス1002000229ギフトカード
3048ビックカメラ100200083自社買い物券
8905イオンモール1003000138ギフトカード
合計21,5003310

1週間前から動き始めたので、一般信用建てできた銘柄も限られていました。

しかしながら、逆日歩の心配もしなくてよかったので気が楽でした。

コスト率は奇跡の15%!!

手数料無料範囲を活用!でコスト率減

楽天証券なら1日50万以下の取引、SBI証券なら現物&信用で100万まで手数料が無料!!です。

無料範囲内で一般信用を利用していけば、コスト率も下がります。

まぁ、楽天証券だと25万以下で取れる銘柄しか使えないですし、残ってる銘柄も運ですが。(笑

今回は無料範囲内で取れるものはとり、最終日には手数料を払って取りました。

3月も無理せずやっていきます。



-株主優待

Copyright© マネーセンス倶楽部 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.