離婚の致命的原因は「お金」だった | シングルマザー・ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの教育・節約・お金を貯めて増やすブログ

シングルマザー・ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




生活全般

離婚の致命的原因は「お金」だった

更新日:

離婚の原因として、一番多いのが「性格の不一致」のようですが、
他にどんな原因が多いのか調べてみました。

離婚の理由ベスト13

ちょっと古い調査なのですが、
厚生労働省の平成11年度離婚に関する統計を引っ張りだしてみました。
それから順番に離婚原因で多い順に下記のような結果となりました。

1.性格の不一致
2.暴力
3.異性関係(不倫/浮気等)
4.生活費を渡さない
5.精神的虐待
6.浪費
7.家庭をかえりみない
8.家族・親族との折り合いが悪い
9.酒の飲み過ぎ
10.以上性格
11.性的不満
12.同居に応じない
13.病気

離婚原因

女は虐待、男は自分に合わない(合わせない)が理由か

男性は奥さんが自分に合わせてほしい

男女とも性格の不一致が理由なのですが、
それを理由にしているのはダントツで男性。

しかも、「家族・親族との折り合いが悪い」「性的不満」の理由は男性に多い。

このことから、男性は女性に性格や家柄、
セックスを自分に合わせて欲しいと思っているのが
離婚の原因では?と思いました。

ハッキリ言って、性格なんてあわないのが当たり前だと思うのです。

お互い違う家庭環境で育っているのだから、
家族・親族と折り合いが悪くて当たり前。

それを合わせていくのが結婚だと思うのですが。
(って、離婚してる私が言っても説得力ゼロ。笑)

女って相手に大事にしてもらえれば、
たぶん舅や姑等の義理家族とも、
なんとか仲良くやっていこうと気を使ってくれるものです。

うまくいかないということは、
男が「うちの家族に合わせて当たり前」と思って
嫁に感謝の気持ちがなかったり、
間に入って仲をとりもたなかったりと
いったことが原因だと思います。

なんか男は自分勝手な理由が多いなぁーというのが、
男嫌いになっているゼニー簿の見解です。(爆

女性の離婚原因は「虐待」

逆に女は、虐待理由が多い。

「暴力をふるう(肉体的虐待)」
「生活費を渡さない(経済的虐待)」
「精神的虐待」「家庭をかえりみない(精神的虐待)」
「酒を飲み過ぎる(精神的虐待)」って、
これ全部虐待だと思うのです。

この調査を行った平成11年は
「DV」なんて単語がまだ一般的でなかったので、
こんな分類になっていますが、

これって全部DVでしょーよ!っ思います。
(↑さすがDV経験者!苦笑)

相手に合わせてもらうではなく、相手に合わせた方がいい

離婚

離婚している私がいうのもなんですが、
性格だって家柄だって、合わせないと合いませんよ。ふつうは。

なので、相手に合わせてもらおうではなく、
相手に合わせようと思った方がいい。

相手の気持を考えれば、DVなんてやらないし、
相手の親族にも合わせてあげられると思うのです。

まぁ、それだけ違う環境で育ってきた男女が
一緒に暮らすということは、大変だということです。(しみじみ

努力なくしては、成り立たないと思って結婚したほうがいいと思います。

結婚で本当に我慢できないのは、お金問題では?

コスト計算で、ここでゼニー簿が重くみたのが「お金」の原因です。
離婚理由に入っているお金の問題。

4.生活費を渡さない
6.浪費

結婚は生活です。

生活に支障が出るような問題で、
一番大きなものはやはり「お金」ではないでしょうか。

性格が合わなくても生活していけるけど、
お金がないと食べていけない。

結婚生活を破綻させる致命的な問題が、
お金じゃないかと思います。

浪費されたり、生活費をもらえなかったりするのは、
どの離婚原因よりも重いし、修復が難しい。

お金の使い方や価値観が合わない人とだけは、
結婚するのを考えなおしたほうがいいと思います。









-生活全般
-,

Copyright© シングルマザー・ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.