4割の母子家庭が貯金50万未満!家計のスリム化やってますか? - 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




生活全般

4割の母子家庭が貯金50万未満!家計のスリム化やってますか?

投稿日:

※厚生労働省の平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告のデータからです。

貯金50万以下の母子家庭が全体の4割を占めることが分かりました。

年収300万以下の30代の平均貯金額が221万ですから、母子家庭の貯金額はめちゃめちゃ少ないのが現状です。

収入が少ないのが1番の原因なので仕方ない部分もありますが、家計のスリム化ができればお金は増えていきますよ!

4割の母子家庭が貯金50万未満 貧困になりやすい状態デス

母子世帯の預貯金額(平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果)

母子家庭の約4割が、預貯金が50万もないという家計状態です。

50万未満の預貯金となると、病気や怪我などはもちろんですが、子供の人生イベント(入学・卒業)があるだけでも困るぐらいの経済状態といえるでしょう。

50万未満という少ない預貯金額は貧困になりやすく、精神的にもきついのではないでしょうか。

ちなみに死別による離婚は、保険金が入るのが多いのか(?)1000万以上の預貯金額が最も多くなっています。

さて、このように母子家庭の預貯金額の少なさは、何が原因なんでしょうか?

シングルマザーの約半数が非正規雇用!で生活が苦しい

約50%のシングルマザーの就労状態が、パート・アルバイトのような非正規雇用になっています。

そのために平均年間収入が133万円と少ないことが一番の原因だといえるでしょう。

133万円の年収だと、月収11万です。

母子手当と合わせても、月に使えるお金は15万ぐらいとなると生活ギリギリの収入です。

子どもがいる母子家庭の場合、仕事をしながら子育てするのは本当に大変です。本当に。

それでも、やっぱり正社員で頑張ってほしい!と思います。子供のためにも収入を上げることは大切ですから。

母子家庭は家計のスリム化が大事!!

正社員の場合は、年収305万円と非正規雇用に比べて収入は倍以上になります。

それでも、日本人の平均年収は400万と言われていますから、シングルマザーの収入は低いです。

シングルマザーは勤務条件に制限があるので、給料がいい職場に就職するのが難しいんですよね。

保育所や学童保育のお迎えの時間がありますから。

じゃあ、どうするのか?

少ない収入で上手にやりくりする家計のスリム化が必要なんです。

シングルマザー・ゼニー簿は毎月15万以下で生活しています

ゼニー簿自身も給料が高くありませんので、家計をスリム化して毎月15万以下で生活しています。

少ない月では12万以下で抑えているときもあります。

手取りは22万ぐらいなので、毎月約7万は手元に残っています。

家計のスリム化ができて、投資に回せる元手がふえれば必ず余裕ができます。

こんな感じで。

家計のスリム化ができる→→手元に残るお金が増える→→投資に回せる→→資産が増える→→投資に回せる→→資産が増える

そして、家計をスリム化する一番のポイントは、「固定費を下げること」です。

母子家庭でも固定費を下げれば、ラクに資産は増やせます。

収入を増やす努力ももちろん必要ですが、まず先に家計のスリム化を目指しましょう!

このブログでは、家計をスリム化させるためのヒント「ゼニー簿のお金の増やし方」をたくさん載せています。

母子家庭の辛さを嘆く前に、できることを始めましょうよ!









-生活全般
-

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.