2020年8月の優待取り結果

コスト計算

久しぶりの優待取りです。

現在の資金は、配当株に振りわけています。

だから、優待取りする資金がほとんどなーい!(苦笑

銘柄数は少ないですが、一応報告。

スポンサーリンク

2020年8月の優待取り結果 4千円の優待に382円のコスト

今回は一般信用を使わず、制度信用のみで優待取りしました。

4000円と金額的にはしょぼい優待ですが、コストは382円と抑えられています。

コード銘柄名株数優待内容貸株料逆日歩
3543コメダ10010001110
9602東宝100映画優待券2枚23270
9861吉野家10030001355
   4000 382

コスト率は9.6%と逆日歩日数が少なかったこともあり、良い結果です。

資金が少ないと、優待の楽しみが減りますが、資産的には順調に増えています。

株主優待
スポンサーリンク
ゼニー簿をフォローして、お金持ちになろう!
マネーセンス倶楽部

コメント

タイトルとURLをコピーしました