網戸がない団地での暮らし方 | シングルマザー・ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの教育・節約・お金を貯めて増やすブログ

シングルマザー・ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




生活全般

網戸がない団地での暮らし方

更新日:

アウトドアリビング古い団地には網戸がありません。

え?網戸なし?と思うかもしれませんが、全然暮らせます。

網戸がない団地に住むシングルマザーの暮らし方を紹介します。

古い団地は網戸がない

古い団地に住んでみて驚いたのは、「網戸がない」ということでした。

団地に住むまでは、家を普通に借りれば、窓には網戸があると思いこんでました。

網戸って、標準装備品ではないんかっ!って、衝撃的でした。

網戸がないなら、生活していくのに選択肢は2つになります。

  1. 網戸を作る
  2. 網戸がない暮らしをする

さて、あなたはどちらを選びますか?

網戸がない団地の選択肢1:網戸を作る

網戸がないなら、網戸を作ることもできます。

団地に住めば、ポストに時々「網戸制作」のチラシはが入るので、その業者に頼む事もできます。

ネットでも、窓に合わせて網戸をオーダーすることは可能です。

created by Rinker
京都ハウジングサービス

網戸を買うなら、サイズ計測の手間を考えれば「○○団地はこのサイズ」と分かっている業者に頼むほうが早いし確実です。

でも、お金が結構掛かるんですよね。

ゼニー簿が住んでいる団地の窓は、お風呂も合わせて6つあります。(3DKです)

具体的には、掃出し窓2つ、腰高窓1つ、小窓2つ、お風呂場1つです。

1つ8000円前後として、6つオーダーすると・・

8,000円☓6=48,000円

4~5万円を網戸に払うことになります。

しかも、退去するときは処分する必要があるので(元からついてないものは置いていけない)、処分費もかかることになります。

うーーーん。

網戸必要??

ゼニー簿は、網戸のない暮らしを選択しました。

網戸がない団地の選択肢2:網戸がない暮らしをする

アウトドアリビング

ゼニー簿は網戸のない暮らしを選びました。

だって、家賃が3万円台なのに、網戸に5万も払いたくないから。(笑

5万もあれば、他のものを買いたい。(たとえば、配当株とか。笑)

じゃあ、網戸のない暮らし方をどうするのか?ですよね。

ゼニー簿が住んでいる団地は、5階建ての4階です。

なので、1階よりも蚊や虫が入ってくる確率は低いです。

でも、高層住宅ではないのでやはり蚊は入ってきます。

だから、網戸のない暮らしは、「蚊は入ってくるもの」という前提で暮らすことが必要です。

蚊は入ってくるので、「蚊が入ってきたらどうするか?」という暮らしなわけです。

夏は、夕方前にベープのスイッチをオン!

created by Rinker
アースノーマット
¥1,108 (2020/09/25 08:13:12時点 Amazon調べ-詳細)

それでも、蚊が入ってきたら、おすだけベープで殺すだけ。

created by Rinker
おすだけベープ
¥1,510 (2020/09/25 08:13:13時点 Amazon調べ-詳細)

意外と網戸がなくても、でなんとかなるものです。

実際に同じ団地で網戸をはめている家は少ないです。

だいたい1Fとか2Fに住んでいるか、昔からずっと住んでいるような人ですね。

網戸が必要な期間は短い

それに、蚊や虫が入ってくる期間は意外と短いんです。

なぜなら、以下の理由で基本的に窓をしめているから

  • 冬は暖房をつけている(窓を開けると寒い)
  • 真夏はクーラーをつけている(窓を開けると暑い)
  • 梅雨は家の湿度が上がるから
  • 春は花粉が入るから

結局、実際に窓を開けているのは秋と初夏ぐらい。

人にもよりますが、短くて数ヶ月、長くても5ヶ月ぐらいでしょうか。

1年の半分も網戸は必要ないんですよね。

それなら、虫が入ってきた時にどうするか?の対処する網戸のない暮らしのほうが無駄がないかなと思います。

結論:網戸は必要ない!(笑









-生活全般
-,

Copyright© シングルマザー・ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2020 All Rights Reserved.