【シングルマザー流】生活レベルの下げ方 | シングルマザー・ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの教育・節約・お金を貯めて増やすブログ

シングルマザー・ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




生活全般

【シングルマザー流】生活レベルの下げ方

更新日:

生活レベルを下げられれば、お金はみるみる増えていきます。

資産を増やしたいなら、収入に見合った生活レベルよりもワンランク落とすこと!

シングルマザーでも資産を増やし続ける生活レベルの下げ方を教えます。

生活レベルを下げれば、お金は増える

年収が1000万なのに、貯金は数百万なんて話をたまに聞きます。

え?って思いますよね。

答えは簡単。

年収1000万というとすごくお金持ちに聞こえますが、収入が高いと生活レベルも高くなるんです。

収入が高ければ、収入に見合った大きな家や便利な場所に住みたくなるし、そういう場所に住めば、物価も高い。

それに、お付き合いする人の収入も高いので、交際費も高い。

服もアクセサリーも安物は買えない。

具体的には、生活レベルが高くなると生活にこんな変化が起こります。

7万円の家賃で我慢出来たところが、10万円に・・・。

俺(私)は、これだけ稼いでるんだからこれぐらいの所には住まないとってことです。

GUの3千円のワンピースではなくて、1万円のワンピースじゃないと・・・と思ってしましまう。

だから、本人は無駄遣いしている意識はないんですよね。

だって、無駄遣いではなく生活レベルが高いだけなのですから。

でも、これだと収入が高いのにお金は残らないという現象が起きます。

ええ、確実に。

ゼニー簿はシングルマザーになって22万の手取りはありましたが、15万ほどで生活できる生活レベルまで落としました。

なぜって?

生活レベルを落とさないと、資産が増えないからです。

セレブから貧困まで 生活レベル別生活費例

こんなことで告白することではないのですが、ゼニー簿は2回結婚しています。

1回目はエリートサラリーマンとの結婚で手取りも55万ほどありました。

家賃13万のところに住み、車もあって、夫婦でスポーツクラブに通い、週1回は外食・・・という生活で、月45万ほど生活費がかかっていました。

この時は子供もいなかったのですが、それでも月45万。

今なら考えられない生活ですね。

でも、当時は贅沢しているという意識はありませんでした。

旦那のお付き合いの相手もそれなりなので、交際費もかかっていましたし。

(ちなみに、1回目の離婚理由は浮気です。苦笑)

2回目の結婚生活では、ゼニー簿も働いて子供もできて、それでも手取り40万円ほど。

生活費は切り詰めていたつもりでしたが、車を2台所有していたりと今思えば結構贅沢な生活で月に28万円かかっていました。

そして、今 ゼニー簿はシングルマザーとして、月15万で生活しています。

団地に住んで、マイカーを売って、生活レベルを大幅に下げて支出を減らした結果です。(笑

まあまあのセレブの生活から、貧困層的シングルマザー生活まで・・・20年でこんなに波乱万丈な人生ある!?

でも、見て下さい!!

収入が全然違っても、手元に残るお金は結局そんなに大きくは変わりませんでした。

生活レベル 手取り 支出 残金
A(シングルマザー時代) 22万 15万 7万
B(共働き時代(結婚2回目)) 40万 28万 12万
C(セレブ妻時代(結婚1回目)) 55万 45万 10万

収入に差はあるのに、毎月の残金は、そんなに大差ありませんよね。

(※ボーナスは丸々貯金していたので、年間のトータルでみると差は大きくなります。)

そう!

結局、生活レベルを下げれば、残るお金は増えるんですよ。

資産を増やしたいなら、収入の増やすことも大切ですが、生活レベルを下げたほうが手っ取り早いんです。

シングルマザー流 生活レベルの下げ方

生活レベルをワンランクか、ツーランク下げれば驚くほど生活費は下がります。

無理せず許容できるところから、やってみましょう。

1.家賃が安い家に住む

現在の家賃は3万円ほどです。

セレブ(?)時代は、オシャレで便利なところだったので13万ぐらいのところに住んでました。

住むところの生活レベルを下げるだけで10万の差がでるわけです。

大阪と横浜という地価の差もあるので単純比較はできませんが、築年数を下げたり、部屋の広さを小さくしたり、駅からの距離を遠くするだけでも全然家賃は違います。

家賃は固定費としては一番高いので、1万円下げるだけでも年間12万円です。

それに、オシャレな地域、お金持ちが多い地域に住むと家賃だけではなく、教育費にかけるお金が高くなったり、安いスーパーがなかったりします。

今の家賃のワンランク下の物件に住むことを考えてみましょう。

2.外食は安い店に変える

節約したいなら外食に行かないのが一番です。

でも、たまには外で食べたいですよね。

それなら、外食の回数を月4回から2回に減らしてみましょう。

それが嫌なら、単価が安い店に変えてみませんか?

回ってないお寿司屋さんを回転寿司に変える。

ロイヤルホストからガストに変える。

行くところを単価の安いお店に変えることが、生活レベルを下げることになります。

3.見栄をはらなくていい人と付き合う

交際費は付き合う相手によって、お金のかかり具合が違います。

セレブなママ友と付き合えば、ランチの単価は高くなります。

旦那さんがいるなら社内のお付き合いは仕方がないですが、近所付き合いやママ友などは見栄をはらなくていい相手にしておきましょう。

生活レベルの高い人と付き合えば、交際費も高くなるし、羨ましくなる機会も増えて支出が増えます。

自分の収入よりワンランク下ぐらいの層とのお付き合いが丁度いいですよ。

生活レベルを下げるには、見栄を捨てよう!

1度目の結婚生活は節約意識はあったものの、やはり旦那さんに合わせて知らず知らずに生活レベルが上がっていました。

そして、シングルマザーになって収入が下がった今は15万で生活している。(しかも、3人で)

落差激しすぎるでしょ!(笑

こんなに極端に生活レベルを下げられた理由は、見栄を捨てたからでしょうね。

人間ってなぜか自分を良く見せたい生き物なんですよ。

毎日スタバでオシャレにコーヒーを買えば、かっこいいし、自己満足にも浸れます。

単価の高い店で食べれば、美味しいし、雰囲気もいい。

でも、今は住んでいる所も府営団地だし、付き合いに見栄をはらなくていいし、スタバのコーヒーでカッコつけるような職場でもない。(あ、今は無職だった。)

色々苦労してみると、見栄を張って自分をよく見せても何も残らないということが分かったんでしょうね。

自分の見栄とどう折り合いをつけて、生活レベルをどこまで落とせるか。

自分の無理のない範囲からやってみてはどうでしょうか。









-生活全般
-

Copyright© シングルマザー・ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2020 All Rights Reserved.