甘やかされて育った男がダメな理由と弊害 | シングルマザー・ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの教育・節約・お金を貯めて増やすブログ

シングルマザー・ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




生活全般

シングルマザーが語る!甘やかされて育った男がダメな理由と弊害

投稿日:

甘やかされて育った男は、100%ダメ男です。

何でもやってくれた母親と同じことを、女性に求めてきますし、そういうものだと思ってるので感謝もありませんよ。

結婚前には男と母親との関係をチェックすることをおすすめします。

男は、母親が女の基準になっている

生まれてから人生で一番長くそばにいる女は、母親です。

そのため、母親のやってくれたことがそのまま女性の基準になります。

言われたことありませんか?

「ウチでは○○だった」というセリフ。

大概の場合、ウチを仕切っているのは母親ですから、○○やってくれたのは母親です。

母親がやっていたことが「常識」と思っています。

それに、「家庭的な女性」「料理が上手な人」という理想も、根本に「家庭のことは女性(母親)がやるもの」という決めつけが・・・ありますよね。

女=母親と同じことをやってくれる人と思っているのです。

だから、母親の甘やかし具合がひどければ、女性に対してひどいことをしても平気な男に育ちます。

母親はなんでも受け入れてくれますからね。

甘やかされて育った男タイプと弊害

あなたの結婚している(付き合っている)男はどんな甘やかしを受けて育ってきましたか?

甘やかされて育った男のタイプと弊害はどんな物があるでしょうか。

(データ根拠等はありません。ゼニー簿の経験になります。)

1.お金で甘やかされた男

ある程度の年齢になっても、親から経済的援助というか、お小遣いをもらっている男は要注意。

このタイプの男は、自分のためのお金は無駄遣いが多くても気にしないのに、妻のお金の使い方は色々口を出します。

自分には甘いのに、家族にはケチな場合が多い。

そのくせ、外面はよかったりするので、付き合ってる間は気前が良かったに、結婚すると対応が変わります。

いわゆる釣った魚に餌はやらないタイプです。

それに、お金の管理がルーズなことが多いので結婚するとお金に苦労しますよ。

2.生活を母親にフォローされた男

魚の骨を母親が取る、部屋の掃除も母親がやる、弁当箱を出さなくても母親が洗っておく・・。

生活するのにやるべきことを母親がすべてフォローして甘やかしてきた場合は、「生活すること」は「母親(女)がやってくれる」と思い込んでいます。

いや、思い込むというより、そういうものだと思っている。

生活するのに必要な「面倒なこと(家事)」について、自分でやる意識はありません。

特にシャンプーを詰め替える、トイレットペーパーを補充する等の「名もなき家事」と呼ばれるようなことに関しては、絶望的にやらないでしょう。

一緒に生活すると大変なことになります。

自分でやるという意識がない、やってもらっても感謝もない。

私はあなたの奴隷か何かなの?ということになります。

こういう男と結婚すると、地獄を見ます。

結婚しても、子供ができても、変わりませんよ。

3.精神的に甘やかされた男

「あなたは悪くない。社会が悪い、制度が悪い、○○さんが悪い。」

「かわいそうに。あなたは頑張ってるのにね。」等々、母親が耳障りの良い言葉で精神的に甘やかしてきた男も要注意。

母親に精神的に甘やかされてきた男は、責任を自分以外になすりつけます。

「お前は常識がないからな」「オレの周りではこうだ」と自分以外に責任をなすりつけたり、自分以外は間違っていると言い出します。

男が偉そうに言ってる姿は惚れてる時はかっこ良く見えるでしょう。

でも、自分の思うようにならないと人のせいにするモラハラ男の気質があるということです。

4.面倒なことは母親がやってきた男

面倒な書類を書く、申請に役所に行く、1年に数回起こるような面倒な作業。

そういう面倒なことは母親に任せきりにして来た場合、行動が伴わない男になる可能性が高い。

知識だけはあるのでもっともらしいことを言うが、実際に行動しない。

こういう男は、かならず「仕事が忙しかったから」など言い訳して、家族の誰かがやるまで待つパターンが多いです。

元旦那も「子供に会いたくて会いたくて・・・」と離婚しても子供のことを考えてる父親を友達にアピールしているが、面会調停を申し立てることはしない。

子供に会うこと<<<調停を申し立てる面倒  という公式らしく、行動にはうつさないのです。

こういう男は口だけはもっともらしいことを言うので、信頼すると痛い目を見ます。

5.全てを言わなくても母親が理解してきた男

母親っていうのは、子供がすべてを言葉にしなくても大概理解できる生き物です。

「ママー」

ああ、喉乾いたのね。

「明日さ・・」

ああ、雑巾ならそこにあるわよ。

って具合に、母親なら子供の態度や単語で「何をしてほしいか」を察することができます。

それを大きくなるまで続けて甘やかしていると、全てを言わなくても母親が理解してくれるので、言葉できちんと考えを説明しなくなります。

ただ、他人は母親みたいに察することはできないし、言葉にしてくれないと分かりませんよね。

だから、自分の思い通りに動いてくれないと拗ねたり、イラついたりする男になるか、コミュ力の低い男になります。

結婚しても子供がもうひとり増えるようなものですから、こういう男はやめておきましょう。

親に違和感があれば結婚はやめておけ

結婚前には気づけないこともあるので、同棲してみることも必要だと思ってます。

生活を共にすると見えてくるものがありますから。

でも、一番大事なことは、結婚する前に親との関係性を確認しておくこと。

基本的に男全員がマザコンだと思いますが、自分の許容範囲を越している男はやめておくべきです。

「悪いところは、私が治していく」なんて思わないこと。

小学生ならともかく、二十年以上生きてる奴はそうそう治りませんし、治せません。

甘やかされて育った男と結婚し、シングルマザーになったゼニー簿の反省です。(笑

甘やかされて育った男と結婚したら地獄の始まりですよ。

逆に男の子を生んだら、度を超えて甘やかすのはやめてください。

息子はあなたの彼氏でも旦那でもありませんよ。(←義母に言いたかった言葉









-生活全般
-,

Copyright© シングルマザー・ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2020 All Rights Reserved.