0.5%とバカにするな!複利の効果が分からない男(お金のたまらない人) - 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




節約

0.5%とバカにするな!複利の効果が分からない男(お金のたまらない人)

更新日:

前回、ゼニー簿の父上のエピソードを書いたのですが(何でも業者に頼る男)、
他にもネタを思い出してしまいました。(笑

今回も我が父上のお金がたまらないエピソードをご披露差し上げましょう!

ゼニー簿父、親子でもお金の管理は正反対

ゼニー簿の父親は現在年金暮らしです。

職も転々としてきたせいで、年金額はたいしたことはありません。

ただスーパーマッハドケチ母が生前に貯めておいてくれた貯金があるので
不自由なく暮らしています。

しかしながら、パチンコに散財したり
ビックリするような高い食材を平気で買ったりと
金持ちでもないのに「節約」とは
無縁の思想で生きています。

そして、どちらかと言うとお人好しで
すぐに人にお金を貸してしまうようで
若い時は色々と苦労したようです。

血が繋がった親子でも、
お金に対する考え方は正反対なことからも
「お金の考え方は遺伝しない」といえると思います。

複利の効果を理解できない男

父の預金ですぐに使わないお金が1000万ほどあったので、
その時10年定期で1.0%だった大阪協栄信用組合の「スーパー定期1000」に
預けるように何度もアドバイスしました。

低金利がこれから続くことが“ゼニー簿にでさえ”分かったので
このチャンスを逃せばなかなか巡り会えない(定期預金では)高金利だし
すぐに金利は下がることが予想されたので、
ゼニー簿は1000万をすでに大阪協栄信用組合に預けていました。

もちろん、大阪協栄信用組合自体がメジャーな信用組合でもなく
わざわざ遠くまで預けに行かなくてはなりませんので、
面倒なのは分かっています。

それでも、わざわざ預けに行く価値がかる金利だと
確信していました。(2017年11月現在0.6%に下がってます)

何度もしつこいぐらいココに預けるように進言するのですが、
なんせ我が父の腰が重い。

「1%とっていうても、他の銀行と比べても知れとるやないかい。
0.5%ぐらいの差やろーが。」というのです!!(怒

0.5%も差があったら、10年でどれだけ差がつくことか!?

複利効果を見よ!0.5%金利の差は10年で53万円の差に!

同じ1000万を金利0.5%、1.0%で預けた場合の差を表にしてみました。

0.5%金利(半年複利計算) 1.0%金利(半年複利計算)
年数 元利合計 利息 実質金利 元利合計 利息 実質金利
10,025,000 25,000 0.25% 10,050,000 50,000 0.50%
1年目 10,050,063 50,063 0.50% 10,100,250 100,250 1.00%
10,075,188 75,188 0.75% 10,150,751 150,751 1.51%
2年目 10,100,376 100,376 1.00% 10,201,505 201,505 2.02%
10,125,627 125,627 1.26% 10,252,513 252,513 2.53%
3年目 10,150,941 150,941 1.51% 10,303,775 303,775 3.04%
10,176,318 176,318 1.76% 10,355,294 355,294 3.55%
4年目 10,201,759 201,759 2.02% 10,407,070 407,070 4.07%
10,227,263 227,263 2.27% 10,459,106 459,106 4.59%
5年目 10,252,831 252,831 2.53% 10,511,401 511,401 5.11%
10,278,463 278,463 2.78% 10,563,958 563,958 5.64%
6年目 10,304,160 304,160 3.04% 10,616,778 616,778 6.17%
10,329,920 329,920 3.30% 10,669,862 669,862 6.70%
7年目 10,355,745 355,745 3.56% 10,723,211 723,211 7.23%
10,381,634 381,634 3.82% 10,776,827 776,827 7.77%
8年目 10,407,588 407,588 4.08% 10,830,712 830,712 8.31%
10,433,607 433,607 4.34% 10,884,865 884,865 8.85%
9年目 10,459,691 459,691 4.60% 10,939,289 939,289 9.39%
10,485,840 485,840 4.86% 10,993,986 993,986 9.94%
10年目 10,512,055 512,055 5.12% 11,048,956 1,048,956 10.49%

10年でその金利の差は、536,901円になります。

すごくないですか?

「たった0.5%の差」だと思うかもしれませんが、
複利の効果で10年後に手にするお金は大きな差になってしまうのです。

この複利効果をバカにしている限り、
一生お金持ちにはなれません。

娘にキレられて預ける複利効果を理解できない男

非課税何度も口を酸っぱくして、少しでも金利の良いところに預けるように進言して
数ヶ月・・・・ついに1.0%だった金利も、0.8%に下がってしまいました。

「ほら!だから言うたやろ!1.0%なんて金利なかなかなかってんで!
とにかく大阪協栄信用組合に預けに行きなさーーーーーい!!(ゼニー簿爆発)」

娘にマジギレされて、しぶしぶ預けに行く我が父親。

ふぅ。

ゼニー簿としては、長生きした時に少しでも
いい暮らしが出来るようにとアドバイスしているだけなんですが。。。

複利の大きな効果が計算できない我が父。

せっかくいい娘がいても(?)
本人が理解しようとしないと一生お金がたまらない人のままです。

皆さんはちょっとした金利差を軽く見ていませんよね?









-節約
-

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.