台湾高雄から小琉球の行き方と帰り方(バス&東港高速船) - 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




旅行

台湾高雄から小琉球の行き方と帰り方(バス&東港高速船)

更新日:

台湾小琉球 行き方

台湾の高雄から、小琉球までの行き方と帰り方を紹介します。

スムーズに乗り換えできれば、高雄から1時間半ぐらいで行けるところなんですよ。

海もきれいで、今まで行った台湾の中では一番のおすすめです。

高雄から小琉球の行き方 ①高雄車站から東港までバス約60分

小琉球に行く高速船が出る「東港」まで行くバスは、高雄の地下鉄MRT「高雄車站」と台鉄の「高雄車前站」からすぐです。

高架道路のすぐ横に春天旅遊汽機車出租という会社があるので、そこに行きましょう。

バスと言うよりは、乗り合いタクシーみたいなものでしょうか。

乗る人数に応じて、ワゴン車やタクシーを手配して乗せていきます。

ゼニー簿が行くときは20人ほどが集まっていたので、ワゴン車2台とタクシーが1台で分乗しました。

切符は片道切符(大人150元)と往復切符(260元)で往復で買ったほうが安いです。(子供は半額でした)

しかし、帰りの便は自分でバス会社に電話して予約する必要があるため、台湾の携帯が必要ですし(きっぷを買う時に携帯番号を聞かれます)中国語を話す必要がありますので、片道で購入しましょう。

出発時間になると、おじさんがそれぞれの車に誰を乗せるか指示をしてくれますので、乗り込みます。

60分とホームページには書かれていますが、空いていれば40分ほどで「東港」に着きます。

到着する「東港」は、小琉球行きの高速船の乗り場の目の前です。

高雄から小琉球の行き方 ②東港から小琉球まで高速船 約30分

台湾小琉球 行き方バスが到着する東港から小琉球までは高速船に乗ります。

港都巴士と民営の高速船「泰富航運」が出ていますが、民営の方に乗りましょう。

港都巴士と「泰富航運」は到着する港が違います。

小琉球で一番栄えている港「白沙尾漁港」に行くのは、「泰富航運」です。(レンタルバイクを借りるのにもご飯を食べるのにもこちらが便利)

オレンジと赤の船が目印です。

時刻表はこちらの小琉球の観光HPで確認を。

料金は大人片道/230元、大人往復410元、子供片道/120元、子供往復/210元です。(2019年5月現在)

往復で購入したほうが安いのですが、たしか有効期限が3日(?)ぐらいだったのでゼニー簿は片道で購入しました。

小琉球に短期間の滞在なら、往復で購入しましょう。

到着は「白沙尾漁港」になります。

スムーズに行けば、高雄から1時間半ぐらいで到着です。

結構波が高いので、酔うかもしれません。(苦笑

小琉球の高雄への帰り方 ①小琉球から東港まで高速船 30分

小琉球に到着した時の港「白沙尾漁港」から、東港まで同じように高速船に乗ります。

時刻表はこちらの小琉球の観光HPで確認を。

料金は大人片道/230元、大人往復410元、子供片道/120元、子供往復/210元です。(2019年5月現在)

小琉球の高雄への帰り方 ②東港から高雄までバス 60~90分


到着する東港の高速船乗り場の対面にバス乗り場があります。

船が到着すると、乗り合いタクシーの客引きが待っていますので、それを利用してもいいかもしれません。

どの乗り合いタクシー、バスを使っても、「高雄車站」まで150元で、台湾新幹線 高鉄「新左營站」までは200元です。

ただし、乗り合いタクシーの場合は子供料金は交渉になります。

今回は客引きを利用せず、高速船乗り場の対面にバス乗り場から手配してもらいました。

黄色い看板が目印です。

一応は時刻表がありますが、人が集まらないと出発が遅れます。

待ちたくない人は、往復できっぷを買って電話で事前予約したほうがいいでしょう。(中国語要ですが)

ゼニー簿は30分ほど待って車に乗りましたが、車は途中で他の人を乗せるために寄り道しました。

特に平日は小琉球から戻る人が少ないので、人数が集まるのに時間がかかるようです。

帰りは待ち時間と寄り道の時間を入れると90分ほどかかりました。

帰りは新幹線に乗るので、行きにバスの乗った「高雄車站」ではなく、台湾新幹線 高鉄「新左營站」でおろしてもらいました。

50元高くなりますが、新幹線の乗り場まで行ってくれるので楽ですよ。

小琉球までは遠くない!近くてきれいな海でおすすめ

台湾小琉球 ウミガメ墾丁の海もきれいですが、小琉球もきれいです。

それになんと言っても、物価は高いですが、手軽にウミガメが見れます。

浅瀬でダイビング道具もいらずに見れるので、子連れにはいいですよ。

ぜひチャレンジしてください。









-旅行
-

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.