2019年夏 飛行機に乗り遅れた9泊10日子連れタイ旅行 25万円なり | 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




旅行

2019年夏 飛行機に乗り遅れた9泊10日子連れタイ旅行 25万円なり

投稿日:

久しぶりにやらかしました。

6月末にSCOOTから出発時間の変更のメールが来ていたのに、当日まで知らず、飛行機に乗り遅れてしまいました。

泉佐野に1泊して、次の日に無事に行ってきた思い出のタイ旅行です。

SCOOTの出発時間変更に気付かず、乗り遅れる

予定通りに関空に着き、チェックインカウンターへ・・・と思ったら、自分が乗る便がない!

総合案内所で問い合わせても「そんな便はない」と言われ、あわててSCOOTに問い合わせました。

帰ってきた答えは、

「6月末にフライト時間変更のメールを送っています。キョウノビンハ スデニシュッパツシマシタ。」

エ?

スデニ シュッパツシタ?

まじか。

6月末といえば、ちょうど腫瘍が見つかり、精神的にちょっと落ち込んでいたとき。

健康はお金で買えないが、健康以外は買えるハズ。(シングルマザーが死を考えた話)

メール見てませんでした。(爆

ソウ。ワタシガワルイ。

文句を言っても仕方ない。

さて、どうする??

今からタイに行ける飛行機に乗るか、別の国にいくか。。。。

今回、タイのサメット島のホテルは前払いだったので、タイに行くことに決定。(これ以上損害を出したくないという心に支配された私。涙)

そのまま関空のビジネスカウンターでPCを借りて、今からタイに行ける飛行機を探しました。

当日の便は高かったので、次の日の飛行機(またSCOOT)を予約。

次の日は朝が早い便だったので、関空近くの民泊を予約して、その日は「泉佐野旅行」となりました。(涙

9泊10日子連れタイ(+泉佐野)旅行 247,679円

悲しみの追加料金:48,879円

scoot追加料金: 40,379円
泉佐野民泊料金(1泊):8,500円
-------------------------------------------------------------

合計 48,879円

ああ。

約5万円も無駄なお金を出すことになってしまいました。

5万円あったら・・・・1泊の温泉旅行にでもいけたのに!!!!!!!

うおおおおおおおおおおおおおおお。

痛い出費でした。

航空券(大阪-バンコク) 99,000円

今はSCOOTの文字を見るたびに胸が痛みます。

ホテル 9泊分 46,800円

・バンコク4泊 3,425バーツ
・サメット島5泊 9,950バーツ
-------------------------------------------------------------
合計  13,375バーツ☓3.5円=46,812円

バンコクの1泊はキャンセルが間に合わず、そのまま徴収されました。

滞在費 53,000円(サメット島までの移動費含む)

予想どうり、サメット島の物価はバンコクより高かったです。

コンビニの商品でも、10バーツ以上の差がある商品もありました。(特に冷凍食品)

島なので輸送代かかるので仕方がないのでしょうが、全てにおいて物価高でした。

ただ、朝食はセブンイレブンを利用して、ケチ臭くない程度に抑えたので、なんとか5万円台の滞在費で終わりました。

朝食におすすめなのは、ホットサンドシリーズ。

店内で焼いてくれて、とっても美味しい。

冷凍食品シリーズも安定の美味しさです。

朝はこの冷凍食品か、ホットサンドを食べていました。

サメット島は、中国人ワールドだ!

サメット島の海、中国人だらけでした。

もういいかな。。。というのが正直な感想です。

特に午前中はツアーで押し寄せる中国人がビーチに多すぎるんです。

どこへいっても中国語で書かれているし、中国語で話されるし、メニューも中国語を渡されます。

英語が話せず、中国語を話せる身としては便利といえば、便利なんですが。(苦笑

午前中はビーチは中国人だらけ

彼らの大半はお昼を食べて、午後には帰っていくので、サメット島のビーチに行くなら午後がおすすめです。

午後と午前とでは人の多さが全然違いますからね。

それが分かってからは、午前はホテルでゆっくり過ごしてランチを早めに食べて、午後から海に行くようにしました。

午後からスピードボートで帰っていく中国人団体客

それに、サメット島の砂浜はきれいですが、海の水はちょっと濁っていますから、ちょっと期待はずれでした。

サメット島は悪いところではないですが、今まで行った中では見劣りしました。

【ゼニー簿的おすすめビーチ】

1位 小琉球(海がきれい!ウミガメと泳げる!近い!)
2位 海南島三亜(リゾート感と食べ物の美味しさはピカイチ)
3位 ミャンマー ガパリ(隠れ家的要素と海の美しさ。ただし、子連れではない)

ただ、この時期のサメット島は波が比較的高いので、子どもたちは喜んでましたよ。









-旅行
-

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.