簡単なのに知られていないお金の増やし方(インデックス投資とは) - 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




ゼニー簿のお金の増やし方 投資

簡単なのに知られていないお金の増やし方(インデックス投資とは)

更新日:

簡単なのに知られていないお金の増やし方(インデックス投資とは)

シングルマザーだけど、給料低いけど、老けたって言われたけど順調に資産を増やしているゼニー簿です。(エヘッ

ほんとうに簡単なお金の増やし方、それは「インデックス投資」です。

「えええええ。投資ぃーー??」
「投資って危ないじゃん」と思ったでしょ。

それじゃあ、お金は増えません。

そんな先入観を捨てて、投資に関して色々勉強して投資でいろんな失敗をした人や損した人が、結局行き着く先が「インデックス投資」なんです。

だって、損するリスクが一番少ない投資法だから!

今回は、そんな簡単なのに知られていないお金の増やし方である「インデックス投資」についてお話していきます。

まず、お金を増やすにはなぜ「投資」が必要なのか

お金を増やすにはなぜ「投資」が必要なのか

「えーー、投資なんかじゃなくて銀行に預けときゃいいじゃん。とりあえず、ちょっとは増えるんだし!」と思ったアナタ!!

あなたのお金は確実に減っているんですよ。

銀行に預けていたら、お金は減っていきます

atmでお金を極力下ろさない節約行動2017年の消費者物価指数の前年比は0.5%でした。

      • 定期金利0.5%以下→→ 物価上昇に負けている →→ お金が減っている
      • 定期金利0.5% →→  物価上昇と同じ →→ お金が増えていない
      • 定期金利0.5%以上→→ 物価上昇に買っている →→ お金が増えている

2018年6月現在、定期預金の一番高いところでも1年0.3%です。

物価上昇よりも低い定期金利なら、お金は増えていない。いや、減っていることになります。

物価の上昇率よりもお金を増やさないと、お金が増えてると言えないんです。

2017年に銀行に預けていたら、最低でも0.2%はお金が減っているわけです。

預金では、確実にお金は減っています!

分かったかしら??

物価上昇率よりも増える可能性のあるものが「投資」

物価上昇率よりも増える可能性のあるものが「投資」

お金を増やそうと考える人は、預金しておいてお金が減っていくぐらいなら「お金が増える可能性があるものにお金を預けよう!」と考えます。

それが「投資」です。

「投資」は決して「悪」ではありません。
やり方次第では、「お金が増える良い方法」なのです。

皆さんがなぜ「投資は怖いもの。損するもの。」というイメージがあるのか?

それは、投資は損するリスクも必ずあるからです。

そして、その一部の人の「大損した話」を聞いて、「怖いというイメージ」を植え付けられているに過ぎません。

そんな一部の人の話だけで、せっかくのお金が増えるチャンスを逃さないで下さい。

「損するリスクが少ないもの」に投資をすればいいのですから。

損するリスクが少ない投資が、「インデックス投資」です。

ゼニー簿も今まで株に投資したり、FXに投資したりと色々やってきました。

でも、ほとんど損しています。(爆

なぜ株投資やFX投資で損してしまうのか?

株やFXで損する理由は、「未来のことは分からないから」

いや、もちろん増やそうと思って株を買ってるんですよ。

ゼニー簿も過去一攫千金を夢見て買ってたんです。

でも、結局損してる。(爆

そう!株は下がることもあるんです。

その会社の業績が良くて人気があれば、株は上がっていきます。

でも、投資した会社の業績なんて実際のところは分からないし、東芝のように悪くても隠すような会社もある。

その会社の経営者でないと本当の実態なんて分からないんですよ。

個別株投資は、リクスが高くて損する可能性が大きいのです。

未来が分かるものに投資すれば、勝てる!

インデックス投資というのは、未来が分かります。

未来がわかればリスクが少ないので、勝てる可能性が大きいですよね。

そんな投資法なのです。

未来が分かる「インデックス投資」とは?

インデックス投資とは何か

インデックス投資

インデックス=指数のこと

インデックス投資とは、株式市場全体の平均(指数)に投資すること

インデックス投資はなぜ未来が分かるのか

インデックス投資はなぜ未来が分かるといい切れるのか?

それは世界経済は進化して、成長していくから。

下記のグラフを見てもらえば分かるように、長期的に見れば世界経済は絶対に成長していくのです。
第1-1-1-2図 主要国の名目GDPの推移

実際に中国を例に出すと、20年前の中国は街中では普通に馬が走ってたんですよ。(苦笑
車なんてタクシーぐらいで個人所有はほどんどなかったのです。
でも、今は車のナンバーの奇数偶数で走れる車を規制するぐらい車がたくさん増えています。
すごい成長ですよね。
車で言えば、自動運転の車なんて20年前には考えられませんでした。
でも、今は普通に自動ブレーキや誤発進システムが開発されて、そんな車に乗ってる人もたくさんいます。

こんな風に世界は確実に進歩し、成長していきます。

だから、世界の経済市場全体に投資すれば、20年後30年後は確実に経済成長する(株が上がっている)ので絶対に負けないということです。

経済成長がなくなって、原始時代に戻るなんて考えられませんよね。(笑

下記はアメリカのNYダウ(赤色)の30年チャートです。

赤色の線を見てもらえば分かるように、 30年でかなり上がっていますよね。
NYダウチャート

インデックス投資は長期的には勝てる確率が非常に高い。

色々投資をやりつくして損した人や、投資に疲れた人が行き着く先にインデックス投資を選ぶことが多い。

ゼニー簿もその代表です。(笑

他にもあるよ!お金が増える以外のインデックス投資の良さ

インデックス投資

リスクが少なく、お金が増やせる方法がインデックス投資なのですが、お金を増やせること以外にメリットがあります。

ほったらかしでいい

20年から30年単位の長期的スパンでほったらかしておいて下さい。

何も考えなくても世界は成長していきます。

そう!ゼニー簿が離婚してボロボロになろうが、世界は成長していくのです。(爆

投資について勉強する必要がない

特に勉強は必要ありません。

あなたが何もしなくても、ゼニー簿がバカでも世界中にいる頭のいい人によって、世界経済は成長していきます。(笑

低額から投資できる

ETFや投資信託など低額でインデックス投資できる商品が増えています。
お金持ちではなくても手軽にできます。

かかるコスト、手数料が少ない

インデックス投資の商品には、ノーロード(販売手数料無料)、信託報酬が低いものがたくさん出ています。

すなわち、低コストで購入と保有ができるようになっています。

手数料が少ない分、一般の人も勝てる確率が高いんです。(手数料が高いと、手数料負けしてしまいますからね。)

インデックス投資家はナゼ低コスト投資信託を追い求めるのか?3つの手数料が生む大きなお金

インデックス投資のデメリットは?

もちろん良いところだけではありません。インデックス投資にもデメリットがあります。

時期によっては損することもある

未来が分かるので負けないといいましたが、リーマンショックなど、たまーーに世界全体の市場が落ち込むこともあります。

そういうときは、もう何年か待ってみましょう。(笑

大きく儲かることはない

世界の成長は短期間で見れば緩やかです。

数年で倍になることはありません。

でも、長期的にみれば、確実に銀行に預けるよりは増える確率が高いのです。

暇すぎる

自分で考えることを必要としないインデックス投資はハッキリ言って暇です。

もともと株好き、投資好きの人は暇すぎて寂しさを覚えます。

ゼニー簿は暇すぎて、「個別株に手を出したくなる病」が時々再発してしまいます。(笑

初心者におススメのインデックス投信

インデックス投資

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス (年率0.11826%以内)

世界のすべての市場に投資できるインデックス投資信託です。

その中でも、最低の信託報酬で運用できる投資信託。

そして、このeMAXIS Slimシリーズ投資信託のすごいのは、「信託報酬を常に業界で最安にする」とうたっているところです。

これから他の投資信託の信託報酬が下がっても、それに追随して信託報酬を下げてるというのです。

いつでも「業界で一番安い信託報酬」を保証してくれているということ。

ゼニー簿も毎月この投信を購入しています。

インデックス投資におすすめの証券会社

インデックス投資

マネックス証券

マネックス証券」は、主要な低コストインデックス投信は取り扱っている証券会社です。

投資信託を毎月100円と少額から積立が可能!

ゼニー簿のお勧めのインデックス投信「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」も購入できます。

IPOも平等抽選なので、IPO投資でも活用しています。

マネックス証券」は、未成年口座でもIPO抽選参加可能なのも嬉しい!

ゼニー簿は、子供口座合わせて3口座も持ってるぞ!(笑

SBI証券

SBI証券」は、取扱投資信託の数では圧倒的な証券会社です。

主要な低コストインデックス投信はすべて取り扱っており、投資信託も毎月100円から積み立てられるので、初心者にもおススメ。

もちろん、お勧めのインデックス投信「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」も購入できます。

 

楽天証券

楽天証券」も主要な低コストインデックス投信は取り扱っている証券会社です。

投資信託を毎月100円から積み立て可能で、楽天スーパーポイントで投資信託が買えるのがスゴイ!

「投資」というと心理的なハードルが高い人は、まずお買い物で貯まったポイントで投資を初めてみるのをおすすめします。

楽天ポイントで投資信託を購入する方法と投資が怖い人におすすめ「楽天ポイント投資」

最後に注意!こんなに勧めてなんなんだけど、投資は自己責任です。

簡単にお金が増える方法として、こんなにもオススメしておいてなんですが、投資は自己責任です。

ゼニー簿では責任をもてません。(爆

これを読んで「インデックス投資」に興味を持たれたら、ゼニー簿もインデックス投資に目覚めたきっかけになった水瀬さんの本で少し勉強してから、怖がらずに是非インデックス投資家になってください。

created by Rinker
¥1,620 (2018/08/16 08:44:50時点 Amazon調べ-詳細)









-ゼニー簿のお金の増やし方, 投資
-, , ,

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.