海外旅行

子連れバンコク旅行 7泊8日 165,588円なり

投稿日:02/08/2017 更新日:

今年の夏は、バンコクに7泊8日で行ってきました。

タイには何度も行ったことはありますが、今回は約15年ぶりぐらいの訪タイです。

街全体の雰囲気はそんなに変わっていませんでしたが、物価の面ではちょっとため息がでるぐらい上がっていますね。

今回は子連れバンコク旅行にかかったお金の話です。

バンコクまでの移動費 83,740円(3人)

今回は初めてシンガポールのLCC「scoot」を利用しました。

SCOOTは子供料金がないので、一人往復27,913円とちょっと高めです。

27,913円☓3人=83,740円になりました。

直行便であることを考えると安いのですが、scootの一番安いクラスは受託手荷物は料金がかかるため、機内持ち込み荷物(一人10kgまで)に収める必要があります。

うちは元々最低限の荷物だけなので、3人で16kgぐらいの重さには収まったのですが、機内持込制限に引っかかってしまいました。

液体は100cc以上を超える容器のものを機内に持ち込めないのは知ってたのですが、歯磨き粉や洗顔フォームまでダメだとは・・・。没収されてしまいました。(涙

なのに、現地で購入した同じ歯磨き粉や洗顔フォーム、日焼け止めは帰りの便では咎められませんでした。日本は厳しいですね。。。。

歯磨き粉等の洗面用具、日焼け止め等は没収されるぐらいなら、現地購入したほうが安上がりです。

SCOOTを利用する際には、気をつけましょう。

ホテル代(7泊分) 36,848円

予算は35,000円だったのですが、子供のリクエストによりプール付きのホテルを探すと少し高くなってしまいました。

外部のプールに行くことも考えたのですが、やっぱり子連れがゆったり過ごすことを考えるとプール付きのホテルのいいですよね。

子どもは観光より結局プールのほうが喜びますからね。。。悲しいことに。(苦笑

最終的にはほぼ毎日プールで遊び倒しているので、元は取れたはずです。

ゼニー簿がバンコクで泊まったホテルはagodaで予約しました↓↓↓

 

こんな感じで、プールもゆったりです。他の人とそんなにブッキングすることなく、ゆったりと利用できました。

プールの脇(この写真でいうと右側)にコインランドリー(1回40バーツ)もあるので、2日分の着替えしか持っていかない我が家は大助かりです。

やはり手洗いは面倒ですから・・・。(バルコニーに洗濯機がついているお部屋もあるみたいです。)

それに、低料金のマッサージ(300バーツ/1hr)の施設もあり、ホテル内でいろいろと済んでしまうのは子持ちにはありがたいデス。

また、ここはホテルというより滞在型アパートという括りになっているので、キッチンもあり。

今回の7月のタイは雨季で夕方から雨が降ることが多くて雨が強い日には持ち帰ったものを部屋で食べることもあったので、お皿やコップなども揃ったキッチン付きのホテルは助かりました。

 

それに、「BTS バンチャック駅」から歩いて5分ぐらいなのも嬉しい。

バンコクは渋滞がひどいのでタクシーよりBTSを利用したほうが移動が効率的です。(料金交渉、行き先交渉の必要もありませんしね。)

Viva-Garden-Serviced-Residence-agoda

その点でも、このゼニー簿がバンコクで泊まったホテルはとっても優秀でした。かなりおすすめです。

バンコクに行く予定がある方は、是非利用してみてください。(人気のあるホテルのようなので早めに押さえるべし)

滞在費 45,000円

なんとか3万円以内に・・・なんて考えていたのですが、バンコクの物価もかなり上がっており、子連れ3人旅行にはちょっとむずかしい課題でした。

「3万円じゃ収まらん!」と分かった時点で、マッサージに行きまくる私・・・。(爆

たまにはマッサージ三昧もいいですよね。そうですよ。いいんです。

だって旅行は節約のためではなく、リフレッシュのため。ゼニー簿の唯一の趣味ですから。

 

いつもならお土産もほぼ買わない(物欲がわかない)のですが、バンコクはナッツ類が安いので自分のために大量購入してしまいました。

旅行中はずっとボリボリ。しばらく自宅でもボリボリ感を楽しめそうです。

お土産さえなければ、4万円には収まったと思います。(笑

バンコク子連れ旅行総額 165,588円

飛行機 83,740円
ホテル代 36,848円
滞在費(お土産含) 45,000円
——————————————–
合計 165,588円

なんとか予定内の17万以内に収まりました。(ほっ

バンコクは110cm以上は、「大人料金」を取られるので交通費や入場料などのほとんどは「大人3人分の料金」を支払いました。。

子どもと言えども、しっかり大人料金を取られるため、バンコクは結構割高になってしまう要因です。

そんなことを考えると子連れ旅行には、中国が財布に優しいと思います。

子連れ上海旅行 GW5日間親子3名16万円なり
子連れ海南島旅行 親子3名7泊8日12.5万円なり

飛行機も11歳以下は子供料金設定がありますからね。

お決まりの象さん乗りなどには行きませんでしたが、子連れバンコク観光記事も書くのでお楽しみに!

-海外旅行
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

海南島

子連れ海南島旅行 親子3名7泊8日12.5万円なり

行ってきました!海南島!! いやー、想像以上にハワイでした。 海が本当に綺麗!! たぶん本物のハワイもこんな感じなんでしょう。(←海がね 色々と海南島情報を書いていくつもりですが、今回は旅の報告として …

春秋航空体操時間

節約旅行の味方!春秋航空レポート

シルバーウィークは、春秋航空にて上海旅行に行ってきました。 この5日間の大型連休を3人でホテル代を入れて10万円で済んだのですから 節約旅行の強い味方であることに違いありません。 今回初めて乗った春秋 …

スネークファームの楽しみ方(子連れバンコク観光)

バンコクにある「スネークファーム」に行ってきました。 象には他の国で何度か乗ったことがあるので、今回は子どもたちが興味津々のタイの「スネークファーム」に行ってきました。 目次1 スネークファームの行き …

上海観光バス

上海観光なら、上海版「はとバス」に乗ろう!

最終日に時間があったので、上海観光をしてきました。 といっても、主要な場所はもう何度か行ってるので、上司のお供です。 とりあえず、オーソドックスな上海観光として私の頭のなかでは下記を予定しておりました …

SCOOTは航空機の座席指定しなくても、結果的に横並びでした

アメリカの航空会社のサービスの悪さがよく報道されていますね。 お金を払って座席指定しても、座席が保証されないこともあるという記事を見ました。 航空機の座席指定、有料でも保証されない訳 でも、今回利用し …

スポンサーリンク

記事検索

にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

最近1ヶ月の人気記事