確定拠出年金

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)と個人年金保険はどっちが得ですか?

投稿日:05/09/2017 更新日:

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)と個人年金保険はどっちが得ですか?たまに知恵袋などをのぞいてみると、
「個人型確定拠出年金」と「個人年金」はどちらに加入するほうが得ですか?

という質問が結構あります。

どちらも同じく名前に「年金」が入っているせいで、
同じように感じるのかもしれませんね。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)が圧倒的にお得です!

結論から先にいいますと、比べるのもどうかと思うレベルで
個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)が「お得」です。

なぜなら、個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)は
積立額(拠出金)全額が税金から控除されます。

しかし、個人年金は控除額に限度があるからです。

個人年金の所得税控除額は、最高で4万円

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)と個人年金保険はどっちが得ですか?

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の場合、
「積立額の全額が控除対象」になるのに対して、
個人年金ではどんなに積立額が多くても
最高で4万円の控除にしかなりません。

もし、2万円を毎月積み立てたとすると、1年間で24万円の積立額になります。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)なら、24万円が控除対象

個人年金なら、4万円のみが控除対象

控除額の差は、16万円になります。

ちなみに個人年金が年額8万円以下なら、所得税控除額は以下のとおりです。

所得税の年金保険控除額
年間の支払保険料等控除額
20,000円以下支払保険料等の全額
20,000円超 40,000円以下支払保険料等×1/2+10,000円
40,000円超 80,000円以下支払保険料等×1/4+20,000円
80,000円超一律40,000円

個人年金の控除額って、イデコと比べると本当にしょう

個人年金の住民税控除額は、最高で2.8万円

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)と個人年金保険はどっちが得ですか?個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の場合、「
積立額の全額が控除対象」になるのに対して、
個人年金ではどんなに積立額が多くても最高で2.8万円の控除にしかなりません。

もし、2万円を毎月積み立てたとすると、1年間で24万円の積立額になります。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)なら、24万円が控除対象

個人年金なら、2.8万円のみが控除対象

控除額の差は、21.2万円になります。

ちなみに、個人年金が年額5.6万円以下なら住民税控除額は以下のとおりです。

住民税の生命保険控除額
年間の支払保険料等控除額
12,000円まで支払保険料等の全額
212,000円を超え32,000円まで支払保険料等×1/2+6,000円
2,000円を超え56,000円まで支払保険料等×1/4+14,000円
56,000円を超える場合一律28,000円

個人年金の控除額って少ないことがわかりますよね。

年金を考えるなら、まず個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)に加入を!

「個人年金」と「個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)」がどちらが得なのかは、明白です。

しかし、この「どちらが得なのか?」を疑問に思う人は、
すでに個人年金に加入していたり、
ライフプランナーや保険屋さんに「個人年金に入ったほうがお得ですよ」と
言われているからでしょう。

すでに個人年金に加入している場合

資金に余裕があるなら「個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)」との
併用をおすすめします。

余裕が無い場合は解約も視野に入れて、解約したらどれぐらい損になるのか、
あとどれ位続ければ損ではなくなるのか、
(保険の条件によってマチマチですが)
その辺を計算して、「個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)」に乗り換えることもありだと思います。

個人年金と迷っている場合

迷う必要などありません。ライフプランナーや保険屋がなんと言おうと、「個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)」が得です。

しかし、個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の場合は加入できるまで、かなりの時間を要します。

最短でも2ヶ月・・・(長!)というところでしょうか。

迷う時間がもったいないので、とりあえず資料請求しておきましょう。

↓↓↓

ideco-sbi

ゼニー簿もここで絶賛運用してます。

下記の記事も参考にしてください。

年利15%!?老後のお金を貯めるなら確定拠出年金(iDeCo)がいい理由とおすすめ証券会社

確定拠出年金iDeco(イデコ)を利用する前に確認してほしいこと(目的別おすすめ資金運用制度)

主婦も個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)に入ったほうがいいのか

-確定拠出年金
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

主婦も個人型確定拠出年金に入ったほうがいいのか

主婦も個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)に入ったほうがいいのか

2017年1月から個人型確定型拠出年金の制度が新しくなり 主婦も利用できるようになりました。 「せっかくの制度なんだから、私も利用した方がいいのかしら?」とお悩みのあなたに 主婦も個人型確定型拠出年金 …

ニッセイ個人型確定拠出年金iDecoのおすすめ商品と注意点

ニッセイ個人型確定拠出年金iDecoのおすすめ商品と注意点

ニッセイの個人型確定拠出年金iDecoで運用する「投資初心者」の方へ おすすめ商品と注意点をお話します。 目次1 20代・30代なら、「インデックス型先進国株」投資信託2 50代におすすめ「インデック …

iDeCoポートフォリオ診断

マネックス証券の個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)はポートフォリオ診断がおすすめ

マネックス証券でも、個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の運用が可能になりました。 もちろん、マネックス証券も SBI証券、楽天証券と同じく「運営管理手数料無料」です。 今回は、マネックス証券の個人 …

個人型確定拠出年金(iDeCo)で証券会社を選ぶポイント

30年で250万の差!個人型確定拠出年金(iDeCo)で証券会社を選ぶポイント

個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)で運用する時にお金を上手く増やせるかどうかは証券会社選びにかかっています。 なぜなら個人型確定拠出年金口座をつくる証券会社によって、口座管理料が違い、選ぶことの …

sbi証券個人型確定拠出年金

SBI証券の個人型確定拠出年金(iDeCo)口座が使いやすくて初心者におすすめ!スイッチングも簡単

ほぼ2年間、個人型確定拠出年金(iDeCo)口座を確認していなかったゼニー簿です。 「老後まで引き出せない」ってだけで ゼニー簿の興味を失わさせる個人型確定拠出年金(iDeCo)って 本当インデックス …