個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)と個人年金の併用するべきですか? - 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




iDeco(イデコ)

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)と個人年金の併用するべきですか?

更新日:

確定拠出年金iDeco(イデコ)

「個人年金」はすでに入っている。

でも、「個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)のほうが得」だと聞いた。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)と個人年金は併用すべきなのか?

その答えはズバリ!

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)は今すぐ併用すべき制度です!

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)は個人年金よりお得な制度

ゼニは大切でっせ個人年金よりも、個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)が「お得」です。

なぜなら、節税額が違うからです。

  • 個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)は、積立額が「全額」控除
  • 個人年金は、最大で4万円の控除

そうなんです!個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)は積立てた金額が全部控除される。

節税効果が大きいんです!

どれぐらい節税額に差があるのか、税金の控除額を「所得税」と「住民税」に分けて説明します。

【所得税控除額】
イデコは全額! 個人年金は上限8万円

所得税の控除額を個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)と個人年金で比べてみましょう。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)と個人年金保険はどっちが得ですか?

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の場合、「積立額の全額が控除対象」になります。

しかし、個人年金ではどんなに積立額が多くても最高で4万円の控除にしかなりません。

もし、同じように2万円を毎月積立ると、1年間で24万円の積立額になります。

  • 個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)なら、24万円全額が控除対象
  • 個人年金なら、4万円のみが控除対象

24万ー4万円=20万円

控除額の差は、20万円になります。

ちなみに個人年金が年額8万円以下なら、所得税控除額は以下のとおりです。

所得税の年金保険控除額
年間の支払保険料等 控除額
20,000円以下 支払保険料等の全額
20,000円超 40,000円以下 支払保険料等×1/2+10,000円
40,000円超 80,000円以下 支払保険料等×1/4+20,000円
80,000円超 一律40,000円

イデコって、本当にお得でしょう?

【住民税控除額】
イデコは全額!! 個人年金は上限2.8万円

次は、住民税の控除額を個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)と個人年金で比べてみます。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)と個人年金保険はどっちが得ですか?

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の場合、「積立額の全額が控除対象」になります。

しかし、個人年金では最高で2.8万円の控除にしかなりません。

もし、同じように2万円を毎月積立ると、1年間で24万円の積立額になります。

  • 個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)なら、全額24万円が控除対象
  • 個人年金なら、2.8万円のみが控除対象

24万円ー2.8万円=21.2万円

控除額の差は、21.2万円になります。

ちなみに、個人年金が年額5.6万円以下なら住民税控除額は以下のとおりです。

住民税の生命保険控除額
年間の支払保険料等 控除額
12,000円まで 支払保険料等の全額
212,000円を超え32,000円まで 支払保険料等×1/2+6,000円
2,000円を超え56,000円まで 支払保険料等×1/4+14,000円
56,000円を超える場合 一律28,000円

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)が、すごくお得な年金制度だと分かりますよね。

ゼニー簿から言わせれば、「なんで先にiDeco(イデコ)やらなかったの!?」というレベルです。

個人年金と確定拠出年金iDeco(イデコ)は併用しよう!!

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)のほうが個人年金よりお得な制度なのは事実。

すでに個人年金に入っていても、併用すべき制度なのです。

経済的に余裕があるなら、すぐに個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)に加入しましょう。

併用したい人におすすめ1位:マネックス証券

マネックス証券」は、加入手数料、口座管理手数料も無条件で誰でも無料(0円)の証券会社の1つです。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)は、個人年金より圧倒的にお得な制度。

そのお得な年金制度よりも「先に個人年金に加入」したアナタは、投資も初心者だとお見受けします。

銀行や証券会社に行けば、比較せずにiDeco(イデコ)口座を作ってしまう可能性が高いです。

そんなあなたには、口座管理費が無料で日本で一番信託報酬の安い投資信託がある証券会社「マネックス証券」をおすすめします。

他にもロボアドバイザーが優れているなど、投資初心者が安心して運用できます。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)やるなら、マネックス証券がおすすめな5つの理由

人気のひふみ投信も「マネックス証券」なら購入可能。

併用したい人におすすめ2位:SBI証券

SBI証券」も加入手数料、口座管理手数料も無条件で誰でも無料(0円)の証券会社の1つです。

残念ながら最安の投資信託はありませんが、幅広くいろいろな投資信託を揃えて商品数ではダントツです。

ゼニー簿もSBI証券で運用中。

併用したい人におすすめ3位:楽天証券

楽天証券」も管理手数料はに無条件で無料の証券会社の1つです。

同じく低コストのインデックス投資信託を扱っているおり、ヴァンガード社の投資信託が購入できます。











-iDeco(イデコ)
-,

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.