シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




iDeco(イデコ)

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)口座管理費無料の金融機関6社の比較

投稿日:

つみたてnisaチェック個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の金融機関は、全部で83社あります。

しかし、毎月の口座管理費が「条件無しで無料」な金融機関は、たった6社しかありません。

全体のたった7%しか、低コストで個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)を運用できない!んです。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の金融機関選びを間違えると、60歳で手元に残る老後資金に減ってしまうことも!

今回は口座管理費が「無料」な金融機関6社を比較しました。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)に毎月かかるコストは?

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)は所得税が節税できて、儲かった利益にも税金がかからないという「二重にお得な節税制度」です。

年利15%!?老後資金が有利に貯まる確定拠出年金(iDeCo)がいい理由

しかし、デメリットの一つとして毎月コストがかかるのです。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)運用で毎月かかるコストは3つあります。

  • 金融機関の口座管理費 0円~450円
  • 国民年金基金の管理費 103円
  • 事務委託先金融機関の管理費 64円

「国民年金基金の管理費 103円」と「事務委託先金融機関の管理費 64円」の合計167円は、すべての人に平等にかかるコストです。

しかし、金融機関の口座管理費は0円(無料)のところもあれば、450円も(!)取るところもあります。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)で運用するのに、口座管理費「有料」の金融機関を選べば、毎月コストの分だけお金が減っていきます

必ず口座管理費「条件無しで無料」の金融機関を選ぶ必要があります。

口座管理費「無料」の金融機関は6社のみ

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の金融機関は、全部で83社あります。

しかし、口座管理費「条件無しで無料」の金融機関は、83社中6社のみです。

全体の7%!!(少なっ!

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の口座を開くなら、最低限この6社の中から選ぶようにしましょう。

口座管理費「条件無しで無料」金融機関6社の比較

口座管理費「条件無しで無料」の金融機関6社を比較してみました。

おすすめ度 金融機関 投信数 低コストの先進国インデックス投信
商品数合計 インデックス
投信数
商品名 信託報酬
★★★ マネックス証券 23 14 eMAXIS Slim先進国株式インデックス
(7/25に0.109%に引下げ予定)
0.12%
★★★ SBI証券 64 40 DCニッセイ外国株式インデックス
(8/21に0.109%に引下げ予定)
0.19%
★★ 楽天証券 31 12 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
(楽天・バンガード・ファンド(全世界株式))
0.13%
★★ 松井証券 12 10 eMAXIS Slim先進国株式インデックス
(7/25に0.109%に引下げ予定)
0.12%
イオン銀行 24 14  たわらノーロード先進国株式 0.22%
大和証券 16 6 DCダイワ外国株式インデックス 0.27%

商品数の多さで選ぶなら「SBI証券」

商品数の多さではダントツで「SBI証券」に軍配が上がります。

商品数は64と2番目の商品数を扱う「楽天証券」の倍以上です。

また、その60%以上がインデックス投信です。

たくさんの中から、選びたい人には一番でおすすめです。

初心者には商品が厳選されている「マネックス証券」か「松井証券」

商品数が多くても、やはりおすすめできるのは「日本一低コストで運用できるインデックス投信」です。

初心者には迷う必要のないぐらい厳選された商品だけを揃えているほうが、親切とも言えます。

そういう意味で「松井証券」は商品数は12と少ないですが、83%がインデックス商品です。

迷う必要がないですよね。(苦笑

また「マネックス証券」も同じく商品数が少なく23ですが、60%をインデックス商品で占められています。

また、「マネックス証券」「松井証券」は、eMAXIS Slim先進国株式インデックスを取り扱っているので、安心してゼニー簿もおすすめできるのです。

eMAXIS Slim」シリーズは、どんな時も「業界で最安値の信託報酬を保証する」と宣言している投資信託です。

これからも「信託報酬が一番安い」投資信託だと保証してくれるのですから安心して長期保有できますよね。

良い投資信託を揃えているという意味でも、「マネックス証券」「松井証券」はおすすめできます。

銀行で唯一!口座管理費無料の「イオン銀行」

銀行で、条件無しで口座管理費無料なのは「イオン銀行」だけです。

証券会社ではなく、銀行で個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)口座を持ちたい人には一番のおすすめです。

大和証券は注意が必要です

老舗証券会社の「大和証券」も口座管理費無料なのですが、注意が必要です。

商品数が少なく、商品の50%以上がアクティブ投資信託というラインナップです。

投資初心者が窓口で手数料の高いアクティブ投信を勧められる可能性もあり、あまりお薦めはできません。

大和証券 個人型確定拠出年金iDecoのおすすめ商品と注意点

iDeco(イデコ)口座で本当にオススメできるのは4社のみ

口座管理費「条件無しで無料」の金融機関は上記で紹介した6社です。

しかし、その中でも本当にオススメできるのは低コストのインデックス商品を取り揃えて、商品ラインナップも初心者に親切な4社のみです。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)での運用は60歳までです。

金融機関とは、長い長いお付き合いになります。

「毎月の口座管理費目当て」の金融機関や、「手数料取る気満々の商品ラインナップ」の証券会社は、お付き合いするメリットがありません。

とういうか、デメリットになりかねません。

口先だけでなく、本当の意味で投資家を大切にする金融機関を見極めたいものですね。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の口座開設をどこにするか?は、あなたの見る目を問われているのかもしれません。気をつけて。









-iDeco(イデコ)
-,

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2018 All Rights Reserved.