経済を信じろ!20代 30代の個人型確定拠出年金iDecoの配分は「100%株式」で勝負! | 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部

シングルマザーの投資・節約・お金を貯めて増やすブログ

投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部




iDeco(イデコ)

経済を信じろ!20代 30代の個人型確定拠出年金iDecoの配分は「100%株式」で勝負!

更新日:

20代・30代の個人型確定拠出年金加入メリットとおすすめポートフォリオ

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)は「年金」です。

当然、20代 30代のiDeco(イデコ)運用期間は30年以上と長くなります。

だからこそ、積極的にリスクを取った投資ができます。

20代 30代には、「インデックス投資信託100%」という配分(ポートフォリオ)をおすすめします。

20代 30代のiDecoのメリット:強制的な長期投資

20代イデコメリット個人型確定拠出年金の最大のデメリットは「途中で解約できない」ということです。

でも、裏を返せば「嫌でも投資し続けられる」という大きなメリットになるのです。

20代、30代なら「30年以上は嫌でも投資し続ける」ということになります。

そう!強制的にです。

え?これのどこがメリットかって?

投資経験者には分かると思いますが、投資を続けることは意外と難しいことなんですよ。

「株価が下がれば怖くて売りたくなる」が、続けるしかない

株式投資をやると分かることですが、株価が下がり続けると「もっと下がるんじゃないか」と怖くて売りたくなるものです。

いわゆる狼狽売りと言われるものですね。

人間ですから「これ以上損が大きくなったらどうしよう」と不安になってくるのです。

その不安に打ち勝ち、投資をコツコツ続けていくことが「投資に勝つコツ」でもあるのですが、素人にはなかなか難しいんです。

ゼニー簿も1度大損したときに投資を続けることが怖くなり、数年投資から離れた時期がありました。(20代でした。涙)

あの時、怖がらず続けていれば、今頃もっと資産は増えていたでしょう。

その後、素人が投資で勝つには「インデックス投資信託をコツコツ買い続けることだ」ということが分かって投資の世界に戻ってきました。

それでも、「あの時つづけていれば」と後悔しています。

そう。大半の人は株価が下がって損をした時点で投資をやめてしまいます。

それぐらい続けることは難しいことなんです。

でも、個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)は途中で解約できない!

この制度を使えば、強制的に、しかも長期的に投資を続けられるということです。

投資経験者としては、凄いメリットだと実感しています。

株価上昇でも売りたくなる!

逆に株価が上昇して利益が大幅に利益が出ている場合も「売りたい」衝動が出てくるのです。

「今売らないと、利益が減ってしまうかも」と思ってしまうんですよね。

人間って本当バカだとは思うのですが、実際に投資をやってみると本当にこんなふうに思っちゃうんです。

でも、30年後、40年後にはもっと上がると信じて、売らずにコツコツ投資を続けることこそが大切なんです。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)なら、「途中で現金化」ということ事態ができません。

投資を続けるしかなく、強制的に運用を続けられるのです。

20代 30代の確定拠出年金iDecoのメリット:途中解約不可!

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)は、途中解約できません。

運用を60歳になるまで続けるしかないのです。

これからの30~40年の間には、大幅な株価下落が必ずやってくることでしょう。

そんな株価下落時に大幅に損してしまえば、通常の精神力なら怖くて投資が続けられなくなります。

特に初心者は怖くなってそのまま損したまま売ってしまい、怖くてもう投資続けることができなるのが大半です。

でも、投資で勝つ人はそんな時でも「売らずに毎月投資を続けられる人」なのです。

なぜなら、長期的に見れば、かならず経済は成長するものだから。

いつかは株価も戻ります。

「途中解約不可」が大きなメリットになるのが20代、30代

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)なら、あなたが株価が下がって落ち込もうが、怖くなろうが関係ありません。

勝手に毎月投資を続けてくれます。強制的に30年以上も。(笑

投資経験の浅い20代、30代にとって、初心者のデメリットを打ち消してくれる投資ツールなのです。

20代 30代の確定拠出年金iDecoのメリット:長期的な節税

個人型確定拠出年金iDecoは、「所得税を払っている人」には大きな節税効果が得られます。

投資の利益がなくても、この「節税効果」だけで15%の利益が得られる本当にありがたい制度です。

年利15%!?老後のお金を貯めるなら確定拠出年金がいい理由

20代、30代の働き始めたばかりの人は、これから所得税と住民税を払う期間も長い!

それに、これから結婚して子供ができれば、節税の恩恵が更に受けられます。

保育料や、高校無償化は税金の額で決められているから↓

子育て世代は、個人型確定拠出年金の節税で得しよう!

個人型確定拠出年金iDecoに加入していれば、長期的に節税できるどころか、得も多い。

ゼニー簿も20代のときから加入していれば・・・・と本当に思います。

(お前の20代の時にイデコはなかったやろっ!というツッコミは不要です。)

20代 30代のポートフォリオ(配分)は「100%インデックス投資信託」

20代 30代でこれから個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)始めるなら、「強制的な投資」というメリットを大いに活かしてほしい。

20代 30代のおすすめの配分(ポートフォリオ)は、「インデックス株式投資信託」100%です。

簡単なのに知られていないお金の増やし方(インデックス投資とは)

「元本保証型商品」や「債券」への投資は不要。

先進国株のインデックス投資信託100%でOK!

日本株にも投資したいのであれば組み込んでも良いし自由です。

でも、迷うのであれば「先進国株のインデックス投資信託」100%にしていれば間違いありません。

30~40年後には、大きな実を結んでくれるでしょう。

元本保証商品は債権に30年投資しても無駄!

せっかく強制的に投資できる個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)だが、口座管理費や信託報酬などのコストは30年以上になるとバカにならない

口座管理費等のコストに利益を食いつぶされる可能性が高い「元本保証商品」や「債権」への投資を30年以上続けても、損するだけ。

20代 30代は経済の成長を信じて、「インデックス投資」100%で勝負してほしいです。

ずっと投資を続けている40代としてのアドバイスでもあり、後悔でもあります。

個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)の「元本保証商品」は必ず元本割れするという事実

20代、30代におすすめの証券会社と商品

20代 30代は投資期間が長いので、毎月数百円のコストでも大きな損失になります。

必ずコストが最小に収まる証券会社で、最安コストの「インデックス投信」の購入をして下さい。

最安コストの投信は「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」です。

この投資信託が買える個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)口座は下記2社ですよ!

どこの証券会社でも買えるわけではありませんから、注意して下さい。

20代 30代におすすめ1位:マネックス証券

マネックス証券は一番低コストでiDecoを運用できる証券会社です。

業界で一番信託報酬の安いの「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」が購入できます。

そして、投資初心者が投資を始めるためのハードルを下げるサービスが充実しているんです。

ここでなら60歳まで安心して運用できるでしょう。

マネックス証券のiDeco(イデコ)が初心者に優しすぎる5つの理由

マネックス証券はで個人型確定拠出年金iDeco(イデコ)口座を開設したら、以下の投資信託を購入しましょう!

【20代30代 おすすめの配分ポートフォリオ】

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 100%

20代 30代におすすめ2位:SBI証券

SBI証券(セレクトプラン)も加入手数料、口座管理手数料も無条件で誰でも無料(0円)の証券会社の1つです。

おなじく業界で一番信託報酬の安いの「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」が購入できます。

【20代30代 おすすめの配分ポートフォリオ】

eMAXIS Slim 先進国株式インデックス 100%









-iDeco(イデコ)
-,

Copyright© 投資・節約の鬼!ゼニー簿のマネーセンス倶楽部 , 2019 All Rights Reserved.